Swift転職なら=>【LevTech】
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大

頭痛が減ったので共有です!

rebuild.fmを応援しています!

HOME > ゼロ埋め

数字の開いた桁をゼロで埋めて桁数を合わせる。123を00123にするゼロ埋め。

数字を含む文字列の桁数を揃えるためにゼロ埋めをする必要がありましたので調査

サンプル画像

参考:[iOS8] Swiftで数字の桁数をゼロ埋めする方法
参考:http://tech.eversense.co.jp/174
参考:Leading zeros for Int in Swift

やってみた


let hoge1 = NSString(format: "%04d", 1)    // => 0001
let hoge2 = NSString(format: "%04d", 12)   // => 0012
let hoge3 = NSString(format: "%04d", 123)  // => 0123
let hoge4 = NSString(format: "%04d", 1234) // => 1234
let hoge5 = NSString(format: "%0.4f", 0.123)  // => 0.1230
let hoge6 = NSString(format: "%09.4f" , 12.34)     // => 0012.3400

NSStringを駆使すれば実施できそうです。引数のformat部分を上記の様に微調整すればゼロで埋めることができます!

サンプル画像

先頭の9は表示桁数(小数点含む)で後ろの4は小数点以下になります。最後のfやdは整数だったり小数点が含まれる場合に それぞれ変更して利用する必要があります。上記であれば整数の場合はd、小数点を含む数の場合はfが 利用されます。

まとめ

プログラミングしていると時々この桁数を合わせる必要が出てくる時があります。そんな時にぜひ思い出していただければ感謝です!

↓こんな記事もありますよ!

Pre特殊文字難民

記事を書いている時によくつまずくことがあります。preでコードを表示する際に、 カッコを使うと文章が消えてしまったり、ドルマークの変数が表示できなかったり。その度に検索して探しているのでサイトの中に入れてしまいます。 以前のバックスラッシュもそうですが、こういった特殊文字難民対策のページにしておきます。

SQLiteを使いたい。ラッパーを検証してみる。(#2)

前回の記事でSQLiteのラッパのRMDB, SWiftData,SQLite.swiftの検証をトライしまいたが、時間の問題で頓挫してしまいましたので続きです。 。ある程度準備が完了しましたので、それぞれのサンプルを動かしてみてみようと思います。InsertとSelectとインストール感を比較してみます。

UIFontのフォント一覧をWebViewで表示させてそれをキャプチャ保存する

文字フォントがわかっても実際の文字がわかりませんので、 WebViewに出力させて、その結果を端末のPhotoアルバムに保存させる処理をつくってみました
このエントリーをはてなブックマークに追加
右側のFacebookのLikeをクリック頂けると記事更新の際に通知されますので宜しければご利用下さい!