Swift転職なら=>【LevTech】
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大

頭痛が減ったので共有です!

rebuild.fmを応援しています!

HOME > 3Dでゲームを作ってみたい(#3)

3Dでゲームを作ってみたい(#3)

前回の記事より、SceneKitを学びつつ。3Dを作成していきたいと思います。

目標

前回と同じく、以下のような四角がくるくる回る形の作成を検証してみます。 3Dゲームのサンプル画像

SceneKit

前回調査したURL(参考:第2回 Swift勉強会で登壇してきました) を元に調査を進めます。さっそくサンプルコードが置いてありましたのでダウンロードしてコンパイル。あこがれの3Dがぐるぐるマウスと一緒に動いています!

上記サイトにリンクされている以下ページもとても参考になりました。(ExSwift,Quick等のExtentionのスライド説明もありました。)
(参考:第2回 Swift 勉強会@TechBuzz でLTしてきた #swiftjp

ただし、サンプルコードが複雑なので、もっと簡単なサンプルが欲しいので調査継続。。。

.....

以下の英語サイトはSceneKitのチュートリアルのようでしたので、こちらをなぞってコーディングをトライしてみます。
参考:Beginning Scene Kit Tutorial

SceneKitで新しいプロジェクトを作成してコンパイルするだけでいきなりかっこいい飛行機が飛び出てきました!え!そういうものなんでしょうか。


Gameを選択して、、、
3Dゲームのサンプル画像

TechnologyにSceneKitを選択して、、、
3Dゲームのサンプル画像

コンパイルすると、、、
3Dゲームのサンプル画像

画面右下の記号の意味は次のようになっています。
fps: 一秒間フレーム数 / ◆: フレーム毎の描画処理数 / Δ: ポリゴンの数/ •: 頂点の数

さて、上記のサイトにあるGetting Startedセクションの「starter pack」からダウンロードできる「CarbonVisualizer-Starter.zip」に含まれるプロジェクトを利用すればコーディングしつつ学べそうですので、 これをダウンロードします。起動すると何も表示されませんが、チュートリアルには以下のように目標としている四角形を描画させるところまで記載されていますので、ここを目指します!

3Dゲームのサンプル画像

今日もほとんど進められていませんが、少しずつ進めてまいります。


次の3Dの記事はこちらからどうぞ

↓こんな記事もありますよ!

関数引数の参照渡し Inout

Swiftで参照だけを渡す(呼び出し元の変数の値を変更する)にはどうしたらよいのかな〜と調査していると、関数引数に参照渡しする方法でindexinoutという言葉があることを知りました。紹介いたします

アプリから電話をかける

Objective-Cではサンプルがありましたが日本語では無かったので共有です!

UIButton

基本的なボタンを動的にコーディングだけで作成する説明をしています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
右側のFacebookのLikeをクリック頂けると記事更新の際に通知されますので宜しければご利用下さい!