Swift転職なら=>【LevTech】
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大

頭痛が減ったので共有です!

rebuild.fmを応援しています!

HOME > Playground

Playground

Playgroundの存在をしったのはCookpadのモバイルファースト室の三浦さんの記事をツイートから知りました。ありがとうございますorz この機能、、、便利です。知っておくべきだったなぁと思える機能です。 デバッグを簡単にしてくれるサポート。Playground=遊び場、ほんとに遊ぶ感覚で出力を確認していけるそんな便利機能を説明していきます。


機能としては、playgroundファイル上でテストスクリプトを記述すると、コンパイルしなくても自動でその結果が右側に表示されます。その結果は変数であったり描画であったり、ループの関数であったり様々です!

参考:Swiftで遊んでますか?みなさんはplayground使っていますか?(Cookpad)
参考:グラフもレンダリングもイケる!Playgroudが超絶便利!
参考:Playgroundで実行可能なドキュメントを作成する

Playgroundはどんなものか、百聞は一見にしかず、まず見てみましょう!

ライブコーディングですので、動画で見た方がおそらくわかりやすいです。2:30あたりから見るとわかり易いです

使い方

使い方は簡単でファイル作成時に「Playground」を選択するだけです。既存のプロジェクトがあってもファイルを追加するだけです。


こんな感じでファイルが追加されます。


あとは右側にコーディングしてテストするだけです。

やってみる

どうせなのでswiftサラリーマンの絵でも書いてみます。

結果朝活の時間内では、まったく思っているものが作れませんでした、、、丸がかけなかったです。この丸の書き方もまた方法を記載しておきます。 以下、Playgorundのソースを貼り付けておきます。


// Playground - noun: a place where people can play

import UIKit
import Foundation

let size = CGSize(width: 200, height: 200)
let view:UIView = UIView(frame: CGRect(origin: CGPointZero, size: size))
view.backgroundColor = UIColor(white: 0.9, alpha: 1.0)
UIGraphicsBeginImageContextWithOptions(size, false, 0)

// 顔を描画
let rect = CGRectMake(20, 20, 150, 150)
let roundCorner = UIRectCorner.TopLeft | UIRectCorner.BottomRight
let roundSize = CGSizeMake(6.0, 6.0)
let path = UIBezierPath(roundedRect: rect, byRoundingCorners: roundCorner, cornerRadii: roundSize)
UIColor(red: 0.8, green: 0.5, blue: 0.1, alpha: 1.0).setFill()
path.fill()

// 線を描画する(口)
let path2 = UIBezierPath()
path2.moveToPoint(CGPointMake(50, 100));
path2.addLineToPoint(CGPointMake(150, 100))
UIColor.blackColor().setStroke()
path2.stroke()

//線を描画する(目)
let path3 = UIBezierPath()
path3.moveToPoint(CGPointMake(50, 50));
path3.addLineToPoint(CGPointMake(70, 50))
UIColor.blackColor().setStroke()
path3.stroke()

// 線を描画する(目)
let path4 = UIBezierPath()
path4.moveToPoint(CGPointMake(100, 50));
path4.addLineToPoint(CGPointMake(140, 50))
UIColor.blackColor().setStroke()
path4.stroke()

//上記の描画をViewにセット
view.layer.contents = UIGraphicsGetImageFromCurrentImageContext().CGImage
UIGraphicsEndImageContext()

//プレビュー
let preview = view;

以下、コピペ用の簡易版


import UIKit
import Foundation

let size = CGSize(width: 200, height: 200)
let view:UIView = UIView(frame: CGRect(origin: CGPointZero, size: size))
view.backgroundColor = UIColor(white: 0.9, alpha: 1.0)

//プレビュー
let preview = view;

追記: 丸の書き方がわかりましたので「描画(丸、三角、四角、線)」に追加しております。

↓こんな記事もありますよ!

新しくなったLawsonの無料WiFiを試してみた

ネットでローソン無料Wifiを調べていたのですがネットを接続するにはアプリが必要との誤情報が多かった(今まではアプリが必要だった)ですが、2015年の6月からはアプリの必要ありません。 Wifiで接続して登録すればPCからでも利用できました。手順を記載してまいります。

Rebuildfm(Poadcast)の技術話+オタ話が超絶に面白い、、、、、

去年の暮れ頃から聞いているPodcastを紹介します。IT企業の友人から「RebuldFM」が面白いよ〜と、私が Swiftサラリーマンを始めたことでSwiftの話をしてたら「知ってる知ってる」との話になって、どこで聞いたの? 「Rebuldfm」ってPodcastがあるんだよ、と。

UIScrollViewでパラパラ画像切り替え

画像のパラパラ切り替えフォトギャラリーを作成できます。大きな画像の一部分だけを切り抜きしてマスク表示するクラスです。
このエントリーをはてなブックマークに追加
右側のFacebookのLikeをクリック頂けると記事更新の際に通知されますので宜しければご利用下さい!