【新サービス告知】いつでもどこでもイベントを開催できる。スマホのWebカメラを利用したVRイベントスペースサービス(Meetatcube.com)
Swift転職なら=>【LevTech】
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大

頭痛が減ったので共有です!

rebuild.fmを応援しています!

HOME > スクリーンキャプチャ取得

スクリーンキャプチャ取得

端末に表示されているスクリーンキャプチャを取得します。
参考:How to take Full screen Screenshot in swift?

サンプル構文


//キャプチャ取得.変数screenshotにUIImageが保存されます
let layer = UIApplication.sharedApplication().keyWindow.layer
let scale = UIScreen.mainScreen().scale
UIGraphicsBeginImageContextWithOptions(layer.frame.size, false, scale);
    
layer.renderInContext(UIGraphicsGetCurrentContext())
let screenshot = UIGraphicsGetImageFromCurrentImageContext()
UIGraphicsEndImageContext();
    
//キャプチャ画像をフォトアルバムへ保存
UIImageWriteToSavedPhotosAlbum(screenshot, nil, nil, nil);

ScreenCaptureUtil例文

ScreenCaptureUtil.swiftをダウンロードする。(ご自由にご利用ください)

import UIKit

struct ScreenCaptureUtil {
    static func take()->UIImage{
        
        let layer = UIApplication.sharedApplication().keyWindow.layer
        let scale = UIScreen.mainScreen().scale
        UIGraphicsBeginImageContextWithOptions(layer.frame.size, false, scale);
        
        layer.renderInContext(UIGraphicsGetCurrentContext())
        let screenshot = UIGraphicsGetImageFromCurrentImageContext()
        UIGraphicsEndImageContext();
        
        return screenshot;
        
    }
}

//利用方法
let screenshot = ScreenCaptureUtil.take();
UIImageWriteToSavedPhotosAlbum(screenshot, nil, nil, nil);

追記(2014/12/18) XCode6.1にバージョンアップするとエラーが、、、

UIWindowやLayerをアンラップしないとダメでした。仕様がどんどん調整されてるようです、流石Apple。。。。


        let layer = UIApplication.sharedApplication().keyWindow?.layer;
        
        let scale = UIScreen.mainScreen().scale;
        UIGraphicsBeginImageContextWithOptions(layer!.frame.size, false, scale);
        
        layer!.renderInContext(UIGraphicsGetCurrentContext())
        let screenshot = UIGraphicsGetImageFromCurrentImageContext()
        UIGraphicsEndImageContext();
        
        UIImageWriteToSavedPhotosAlbum(screenshot, nil, nil, nil);
       

UIViewの画像を抜き出す場合

次のページに記載しておりますので、よろしければご参照ください!UIViewからUIImageを出力

↓こんな記事もありますよ!

外部ブラウザでURLを開く

アプリから外部ブラウザ(Safari)でURLを開く方法を記載します。内部的に利用する場合はWebViewを利用します。

WatchKitでAppleWatch開発

AppleのティムクックCEOがAppleWatchの発売が2015年4月と発表しましたね!あと2ヶ月ですので、本日からWatchKitを重点的に記事を記載していってアプリを 同時に開発してけたらと思います。

WatchKitでタイマーアプリを作成する。

簡単なアプリを作成しながらAppleWatchを学んでいきます。前回の記事で大まかな動きは理解できましたので、 つぎはAppleWatchとアプリとの連携をタイマー機能を利用して検証していきます
このエントリーをはてなブックマークに追加
右側のFacebookのLikeをクリック頂けると記事更新の際に通知されますので宜しければご利用下さい!