Swift転職なら=>【LevTech】
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大

頭痛が減ったので共有です!

rebuild.fmを応援しています!

HOME > スクリーンキャプチャ取得

スクリーンキャプチャ取得

端末に表示されているスクリーンキャプチャを取得します。
参考:How to take Full screen Screenshot in swift?

サンプル構文


//キャプチャ取得.変数screenshotにUIImageが保存されます
let layer = UIApplication.sharedApplication().keyWindow.layer
let scale = UIScreen.mainScreen().scale
UIGraphicsBeginImageContextWithOptions(layer.frame.size, false, scale);
    
layer.renderInContext(UIGraphicsGetCurrentContext())
let screenshot = UIGraphicsGetImageFromCurrentImageContext()
UIGraphicsEndImageContext();
    
//キャプチャ画像をフォトアルバムへ保存
UIImageWriteToSavedPhotosAlbum(screenshot, nil, nil, nil);

ScreenCaptureUtil例文

ScreenCaptureUtil.swiftをダウンロードする。(ご自由にご利用ください)

import UIKit

struct ScreenCaptureUtil {
    static func take()->UIImage{
        
        let layer = UIApplication.sharedApplication().keyWindow.layer
        let scale = UIScreen.mainScreen().scale
        UIGraphicsBeginImageContextWithOptions(layer.frame.size, false, scale);
        
        layer.renderInContext(UIGraphicsGetCurrentContext())
        let screenshot = UIGraphicsGetImageFromCurrentImageContext()
        UIGraphicsEndImageContext();
        
        return screenshot;
        
    }
}

//利用方法
let screenshot = ScreenCaptureUtil.take();
UIImageWriteToSavedPhotosAlbum(screenshot, nil, nil, nil);

追記(2014/12/18) XCode6.1にバージョンアップするとエラーが、、、

UIWindowやLayerをアンラップしないとダメでした。仕様がどんどん調整されてるようです、流石Apple。。。。


        let layer = UIApplication.sharedApplication().keyWindow?.layer;
        
        let scale = UIScreen.mainScreen().scale;
        UIGraphicsBeginImageContextWithOptions(layer!.frame.size, false, scale);
        
        layer!.renderInContext(UIGraphicsGetCurrentContext())
        let screenshot = UIGraphicsGetImageFromCurrentImageContext()
        UIGraphicsEndImageContext();
        
        UIImageWriteToSavedPhotosAlbum(screenshot, nil, nil, nil);
       

UIViewの画像を抜き出す場合

次のページに記載しておりますので、よろしければご参照ください!UIViewからUIImageを出力

↓こんな記事もありますよ!

デバッグ時とリリース時に処理を変更する#ifdef DEBUG のやり方

DEBUG時だけ特定の動作をさせて、リリース時に排除したい、そんな時に利用する方法です。Swiftでは標準ではDEBUGとリリースの判断がつかないので、 コンパイル時に設定する必要があります

UIStepper

さて今回は基本のコンポーネントの一つStepper(メモリを少しずつ+とーで上下させるコントロール)を説明します。 単純なコントロールですのが、初期設定で、+と-が表示される優れものです。ただ、単調な為に記事にするのが面白くないので、 何度も申し訳ありませんが「ヒゲ」にフォーカスして、ヒゲを剃るStepper(ヒゲの量を調整する)を作成して説明してみます。

UITabBarController

スマホ画面下にタブが出てきて画面を切り替えできるUITabBarViewControllerクラスです。UITabBarItemの記事を追加しましたがUITabbarの記事がなかったので追加しました。(※目のチカチカにご注意ください。)
このエントリーをはてなブックマークに追加
右側のFacebookのLikeをクリック頂けると記事更新の際に通知されますので宜しければご利用下さい!