Swift転職なら=>【LevTech】
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大

頭痛が減ったので共有です!

rebuild.fmを応援しています!

HOME > スクリーンキャプチャ取得

スクリーンキャプチャ取得

端末に表示されているスクリーンキャプチャを取得します。
参考:How to take Full screen Screenshot in swift?

サンプル構文


//キャプチャ取得.変数screenshotにUIImageが保存されます
let layer = UIApplication.sharedApplication().keyWindow.layer
let scale = UIScreen.mainScreen().scale
UIGraphicsBeginImageContextWithOptions(layer.frame.size, false, scale);
    
layer.renderInContext(UIGraphicsGetCurrentContext())
let screenshot = UIGraphicsGetImageFromCurrentImageContext()
UIGraphicsEndImageContext();
    
//キャプチャ画像をフォトアルバムへ保存
UIImageWriteToSavedPhotosAlbum(screenshot, nil, nil, nil);

ScreenCaptureUtil例文

ScreenCaptureUtil.swiftをダウンロードする。(ご自由にご利用ください)

import UIKit

struct ScreenCaptureUtil {
    static func take()->UIImage{
        
        let layer = UIApplication.sharedApplication().keyWindow.layer
        let scale = UIScreen.mainScreen().scale
        UIGraphicsBeginImageContextWithOptions(layer.frame.size, false, scale);
        
        layer.renderInContext(UIGraphicsGetCurrentContext())
        let screenshot = UIGraphicsGetImageFromCurrentImageContext()
        UIGraphicsEndImageContext();
        
        return screenshot;
        
    }
}

//利用方法
let screenshot = ScreenCaptureUtil.take();
UIImageWriteToSavedPhotosAlbum(screenshot, nil, nil, nil);

追記(2014/12/18) XCode6.1にバージョンアップするとエラーが、、、

UIWindowやLayerをアンラップしないとダメでした。仕様がどんどん調整されてるようです、流石Apple。。。。


        let layer = UIApplication.sharedApplication().keyWindow?.layer;
        
        let scale = UIScreen.mainScreen().scale;
        UIGraphicsBeginImageContextWithOptions(layer!.frame.size, false, scale);
        
        layer!.renderInContext(UIGraphicsGetCurrentContext())
        let screenshot = UIGraphicsGetImageFromCurrentImageContext()
        UIGraphicsEndImageContext();
        
        UIImageWriteToSavedPhotosAlbum(screenshot, nil, nil, nil);
       

UIViewの画像を抜き出す場合

次のページに記載しておりますので、よろしければご参照ください!UIViewからUIImageを出力

↓こんな記事もありますよ!

GはGoogle他のアルファベットを勝手に妄想してみる

さて昨日はGoogleが衝撃的な発表でAlphabetという親会社をつくって、Googleはアルファベットの中のGがGoogleとの 位置づけで今後展開していくとの事。ネーミングもですが、今後の期待を大きく感じる、またわかりやすく好印象だったのか株価も 大きく上がったとのことでした。さて、その他残りのアルファベットはどんな風になるのかなぁと勝手に歩きながら妄想してみました。

Array

SwiftではArrayとNSArray両方利用することができます。記事を統合しました。

UITextViewでテキストを複数行表示する

UITextFieldは一行表示ですが、UITextFieldは複数行を表示することができます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
右側のFacebookのLikeをクリック頂けると記事更新の際に通知されますので宜しければご利用下さい!