Swift転職なら=>【LevTech】
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大

頭痛が減ったので共有です!

rebuild.fmを応援しています!

HOME > CoreTextでTextViewの一文字の向きを変える

CoreTextでTextViewの一文字の向きを変える(解決前)

TextViewの文字を縦書きにしたいなぁと考えている時にCoreTextとNSMutableAttributedStringの二つのどちらかなら実装できそう。CoreTextを利用してトライして無理ならAttributedStringをトライしてみます。

サンプル画像

参考:is it possible to rotate the character using NSAttributedString
参考:How to manipulate individual character of UITextView in ios?
参考:CoreTextを調べてみた
参考:Core Text
参考:Change font of individual words in UITextView in Interface Builder
参考:NSAffineTransformのメモ

やってみた

やれませんでした、、、、


- (void)drawRect:(NSRect)rect
{
    NSAttributedString * myString = [[NSAttributedString alloc] initWithPath:mypath documentAttributes:NULL];
    NSAffineTransform* xform = [NSAffineTransform transform];
    [myString drawAtPoint:NSMakePoint(10,10)];
    [xform rotateByDegrees:-90.0];
    [xform concat];
    [myString drawAtPoint:NSMakePoint(-150,0)];
    [xform invert];
    [xform concat];
    [myString drawAtPoint:NSMakePoint(15,15)];
    [myString release];
}

UITextViewを継承したdrawRectの上のコードをSwiftに書き換えたかったのですがNSAffineTransformの宣言でエラー。 あれ、、、use of undefined type 'NSAffineTransform'。DocumentもあるのでSwiftだけできないわけではないはずなので、 調査。。。


import UIKit
import Foundation

public class myTextView: UITextView {
    
    required public init(coder aDecoder: NSCoder) {
        super.init(coder: aDecoder)
    }
    
    override init(frame: CGRect, textContainer: NSTextContainer?) {
        super.init(frame: frame, textContainer: textContainer);
    }
    
    public override func drawRect(rect: CGRect) {
        var transform :NSAffineTransform;
    }
}

サンプル画像

参考:Maxxxro/Maxxxro/DemoView.swift
参考:Foundation Framework Reference NSAffineTransform Class Reference

URL先をみていると、import foundationすれば使える感じなんだけど、、、

まとめ

現状できていないので、継続して進めてまいります!

次の記事はこちらです!(まだ正しい解決ではないですが、、、)

↓こんな記事もありますよ!

NSURLConnectionでHTTPやFTPアクセス

今回はiPhoneとサーバ間でHTTPやFTPプロトコル通信を行うNSURLConnectionの説明

SQLiteを使いたい。ラッパーを検証してみる。(#2)

前回の記事でSQLiteのラッパのRMDB, SWiftData,SQLite.swiftの検証をトライしまいたが、時間の問題で頓挫してしまいましたので続きです。 。ある程度準備が完了しましたので、それぞれのサンプルを動かしてみてみようと思います。InsertとSelectとインストール感を比較してみます。

WatchKitでタイマーアプリを作成する。

簡単なアプリを作成しながらAppleWatchを学んでいきます。前回の記事で大まかな動きは理解できましたので、 つぎはAppleWatchとアプリとの連携をタイマー機能を利用して検証していきます
このエントリーをはてなブックマークに追加
右側のFacebookのLikeをクリック頂けると記事更新の際に通知されますので宜しければご利用下さい!