Swift転職なら=>【LevTech】
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大

頭痛が減ったので共有です!

rebuild.fmを応援しています!

HOME > Type of expression is ambiguous without more context

Type of expression is ambiguous without more context

Swift2.0になって今まで発生していなかったエラーが出てきています。NSAttributedStringの扱いでハマった箇所があったので共有です。

サンプル画像

参考:Swift 2.0: Type of Expression is ambiguous without more context?
参考:http://samekard.blogspot.jp/2014/09/swifterror.html?m=1
参考:When to use takeUnretainedValue() or takeRetainedValue() to retrieve Unmanaged Objects in Swift?
参考:trying to use takeUnretainedValue() in swift 2
参考:NSAttributedString and Swift 2.0

やってみた

このエラーですが、ambiguous=不確か な状態ですので、型宣言を明確にしてあげると解決します。


NSAttributedString(string: string,attributes: [kCTRubyAnnotationAttributeName: annotation])


NSAttributedString( string: string,attributes: [String(kCTRubyAnnotationAttributeName): annotation])

kCTRubyAnnotationAttributeNameを明記的にStringと宣言しないとコンパイルしてくれない。Swift1.2ではしてくれた、、、

サンプル画像

まとめ

Swiftのバージョン変わるごとの毎回のエラー修正大変

↓こんな記事もありますよ!

Array

SwiftではArrayとNSArray両方利用することができます。記事を統合しました。

Facebook SDKを試してみる(ログイン)

さて、前回記事でSDKをダウンロードした状態ですので、プロジェクトに追加してみましょう。 SDKがインストールされたDirectoryへ移動します。必要なSDKはFBSDKCoreKit.fraweworkなので、何個かその他frameworkはありますが、 それだけをプロジェクトにドラッグしてみましょう。

AppleWatchのアプリ登録が開始されました、開発部分を少し翻訳

ItunesconnectにもAppleWatchのアイコン やスクリーンショットが登録できる画面が追加されています。あと24日、登録予定している人は審査を考えても後10日程度ではないでしょうか。 スタートダッシュに追いつくには今が頑張りどころなのかもしれません!
このエントリーをはてなブックマークに追加
右側のFacebookのLikeをクリック頂けると記事更新の際に通知されますので宜しければご利用下さい!