Swift転職なら=>【LevTech】
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大

頭痛が減ったので共有です!

rebuild.fmを応援しています!

HOME > UILabel

UILabel

uilabelサンプル画像

UILabelクラスは文字表示を管理するクラスです。画面に文字を表示させたい時に使用します。

UILabelのクラス階層

NSObject

UIResponder

UIView

UILabel

参考Appleサイト(英語): UIKit Framework Reference UILabel Class Reference

UILabel例文

以下それぞれ説明していきます。


シンプルな記載

uilabel画像サンプル


//ラベル例文
var label = UILabel(frame: CGRectMake(0, 0, 100, 20));
label.text = "中年サラリーマンです!";
self.view.addSubview(label);


色味や文字サイズをつける

uilabel画像サンプル


//ラベル例文(+α)
var label = UILabel(frame: CGRectMake(0, 0, 100, 20));
label.center = CGPointMake(160, 284);//表示位置
label.textAlignment = NSTextAlignment.Center//整列
label.font = UIFont.systemFontOfSize(12);//文字サイズ
label.textColor = UIColor.blueColor();////文字色
label.backgroundColor = UIColor.yellowColor();////背景色
label.text = "中年サラリーマンですって!";
self.view.addSubview(label);


sizeFitを使うことで文字が...と省略されずに可変に表示される方法です。

uilabel画像サンプル


//横幅自動補正
var label = UILabel(frame: CGRectMake(0, 0, 100, 0));
label.text = "中年サラリーマンです!";
label.sizeToFit();
self.view.addSubview(label);


numberofLinesを0にしてからsizeToFitするとCGRectで作成した枠の中に複数行で表示されます

uilabel画像サンプル


//横幅自動補正(複数行)
var label = UILabel(frame: CGRectMake(0, 0, 180, 100));
label.text = "中年サラリーマンです!中年サラリーマンですって!中年サラリーマンなんです!しつこいですね、、、中年サラリーマンです。中年サラリーマンですよ、、、";
label.numberOfLines = 0;
label.sizeToFit();
self.view.addSubview(label);

中央表示。センターに文字を表示します。

uilabel画像サンプル


        var label1 = UILabel(frame: CGRectMake(0, 0, 320, 20));
        label1.text = "中年サラリーマンです!";
        self.view.addSubview(label1);
        label1.backgroundColor = UIColor.yellowColor();
        label1.textAlignment = NSTextAlignment.Center//センター揃え
        self.view.addSubview(label1);

カスタマイズ

背景が四角や丸のUILabelの作り方


四角の作り方、は単純に縦横を同じ数値にするだけです

uilabel画像サンプル


        let width = self.view.frame.maxX, height = self.view.frame.maxY
        var label1 = UILabel(frame: CGRectMake(width/2 - 40, height/2, 80, 80));
        label1.text = "中年";
        label1.backgroundColor = UIColor.yellowColor();
        label1.textAlignment = NSTextAlignment.Center
        self.view.addSubview(label1);
        

丸の作るには二行追加します。

uilabel画像サンプル


        let width = self.view.frame.maxX, height = self.view.frame.maxY
        var label1 = UILabel(frame: CGRectMake(width/2-40, height/2, 80, 80));
        label1.text = "中年";
        label1.backgroundColor = UIColor.grayColor();
        label1.textAlignment = NSTextAlignment.Center
        label1.layer.masksToBounds = true
        label1.layer.cornerRadius = 40.0
        self.view.addSubview(label1);
        


フォントサイズを変更します

uilabel画像サンプル

uilabel画像サンプル


    var label = UILabel(frame: CGRectMake(0, 0, 300, 20));
    label.text = "中年サラリーマンです!";
    label.font = UIFont.systemFontOfSize(20)
    self.view.addSubview(label);
  

フォントサイズをフォントを指定して変更します

uilabel画像サンプル


    var label = UILabel(frame: CGRectMake(0, 0, 300, 20));
    label.text = "中年サラリーマンです!";
    label.font = UIFont(name: "HiraKakuProN-W3", size: 24)
    self.view.addSubview(label);
  

フォント一覧を確認したい場合はこちらの過去記事からどうぞ!(UIFontで一覧を表示してPhotoアルバムに保存する)



フォントに影をつける。

uilabel画像サンプル影無い時

uilabel画像サンプル影ある時


        var label = UILabel(frame: CGRectMake(50, 100, 100, 0));
        label.textColor = UIColor.blueColor();////文字色
         label.shadowColor = UIColor.grayColor();
        label.text = "中年サラリーマンです!";
        label.sizeToFit();
        self.view.addSubview(label);
  

↓こんな記事もありますよ!

CoreTextでTextViewの一文字の向きを変える(#2)

さて、サンプルそのままだと面白くないので、本日6月から開始する自転車規制強化 にのっかったサンプル<自転車の転だけ横に曲げる>にしてみます。(14歳以上が対象。自転車のイヤホン装着や片手走行、 酔っ払い運転、歩道運転、片手スマホ、、、、今まで誰もがやり通してきたことが「逮捕や補導の対象」となるようです。赤切符もきられる ようになるとのことで、自転車に酔っ払ってのって自動車の免停なんかになりかね無いので注意です)

UIScrollViewでパラパラ画像切り替え

画像のパラパラ切り替えフォトギャラリーを作成できます。大きな画像の一部分だけを切り抜きしてマスク表示するクラスです。

WWDC2015で面白い発表があるのかワクワクしてみる。

OS9の発表だったり、 iPadでアプリを分割して複数表示できたり、Apple Payがカナダに対応したり(それはどうでもいいですかね、、、)、 盛りだくさん。Appleファンには たまらない色んな新情報が色々でてきていますのでその中で私がきになる情報をフォーカスして少し調査してみます。 Swift関連もあるようですので共有してまいります。
このエントリーをはてなブックマークに追加
右側のFacebookのLikeをクリック頂けると記事更新の際に通知されますので宜しければご利用下さい!