Swift転職なら=>【LevTech】
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大

頭痛が減ったので共有です!

rebuild.fmを応援しています!

HOME > UIDevice

UIDevice

UIDeviceクラスを利用して端末の名称、バージョン、ID、縦向き横向きオリエンテーション、バッテリー残量情報等を収集することができます。

UIDeviceのクラス階層

NSObject

UIDevice


参考:UIKit Framework Reference UIDevice Class Reference

それぞれのパラメータ

以下SwiftでアクセスできるUIDeviceのプロパティや関数です。

【SwiftのUIDevice説明テーブル】
名称 説明
currentDevice() UIDeviceのクラスにアクセスする関数です。現在接続されているデバイスのUIDeviceクラスを保持します。
multitaskingSupported マルチタスクをサポートしているデバイスかどうかを判断してBooleanで返します。iOS4以降。(読み込み専用) (例)
UIDevice.currentDevice().multitaskingSupported; // true
name 端末の名前を取得します。設定ー>一般に表示されている名称です。
(例)
UIDevice.currentDevice().name; // iPhone Simulator
systemName 端末のシステム名称を取得します。
(例)
UIDevice.currentDevice().systemName; // iPhone OS
systemVersion 端末のシステム名称を取得します。
(例)
UIDevice.currentDevice().systemVersion; // "8.1"
model 端末のモデル名称を取得します。iPhone, IPad, Simulator等が表示されます。
(例)
UIDevice.currentDevice().systemVersion; // iPhone Simulator
localizedModel 端末のモデル名称を取得します(ローカライズされたモデル)。
(例)
UIDevice.currentDevice().localizedModel; // iPhone Simulator
userInterfaceIdiom 端末のインターフェイスをEnumで取得します。PhoneかPadかの判断に利用します。
(例)
UIDevice.currentDevice().localizedModel; // Enum

UIUserInterfaceIdiom.Pad = 1
UIUserInterfaceIdiom.Phone = 0
identifierForVendor 端末のベンダーIDを取得します。同じアプリ開発者からのアプリグループに属している場合は同じIDがかえります。 こちらは端末ごとにユニークな数値ではありません。ユニークな数値を取得したい場合はASIdentifierManagerをご参照ください。
(例)UIDevice.currentDevice().identifierForVendor; //598F9B00-91DC-4B5C-9464-7971F01F8270
参考: The Developer’s Guide to Unique Identifiers
orientation 端末の向きを取得します。
(例)UIDevice.currentDevice().orientation; //Enum
UIDeviceOrientation.FaceDown = 6;//画面が下
UIDeviceOrientation.FaceUp = 5;//画面が上
UIDeviceOrientation.LandscapeRight = 4;//横向き水平右
UIDeviceOrientation.LandscapeLeft = 3;//横向き水平左
UIDeviceOrientation.PortraitUpsideDown = 2;//横向き上下逆
UIDeviceOrientation.Portrait = 1; //横向き
UIDeviceOrientation.Unknown = 0; //不明
batteryLevel バッテリーの残量を0.0~1.0の数値で取得できます。
(例)
UIDevice.currentDevice().batteryLevel; // -1.0(Disable状態)
batteryMonitoringEnabled 端末のバッテリー表示が可能かどうか。アプリがバッテリーの状態を管理したい場合(増減を知りたい場合)はこのプロパティをONにします。ONにすると バッテリー残量の確認、またバッテリーが減った際のNotificationイベントを受け取ることができます。
(例)
UIDevice.currentDevice().batteryMonitoringEnabled; // false
UIDeviceBatteryState 端末のバッテリー状態を取得することができます
(例)
UIDevice.currentDevice().UIDeviceBatteryState; // Enum

UIDeviceBatteryState.Unknown = 0;//不明
UIDeviceBatteryState.Unplugged = 1;//接続されていない
UIDeviceBatteryState.Charging = 2;//充電中
UIDeviceBatteryState.Full= 3;//フル充電
proximityMonitoringEnabled 近接センサのONOFFを切り替えます。デフォルトはOFF。 近接センサとは、電話をする際に体の一部(顔や耳)が画面に触れて誤動作を起こさないように、顔が近づいたら画面をブラックアウトし操作できないようにするためのセンサです
(例)
UIDevice.currentDevice().proximityMonitoringEnabled; // false
proximityState 近接センサの状態。顔近づいている状態ではTrue,離れている場合はFalseが返ります。
(例)
UIDevice.currentDevice().proximityState; // false
playInputClick() インプットのクリックを発生させる関数です。UIInputViewAudioFeedback をViewクラスに実装してenableInputClicksWhenVisibleをTrueにする必要があります。 タップサウンドを模倣させたりできるようです(Making tapped sound with UIInputViewAudioFeedback protocol)
(例)
UIDevice.currentDevice().playInputClick();

↓こんな記事もありますよ!

Webブラウザをチラ見するWebabit

WebabitはWebブラウザをチラ見する為のアプリです。Notification CenterのToday Widegetでブラウザチェックしたり、 AppleWatchから確認したりできる、なんともいえない「ふーん」なアプリです

新しくなったLawsonの無料WiFiを試してみた

ネットでローソン無料Wifiを調べていたのですがネットを接続するにはアプリが必要との誤情報が多かった(今まではアプリが必要だった)ですが、2015年の6月からはアプリの必要ありません。 Wifiで接続して登録すればPCからでも利用できました。手順を記載してまいります。

SwiftでZipファイルの解凍や圧縮する方法

SwiftでZipの解凍・圧縮処理の解説です。標準ライブラリにZip2があるやら3rdパーティのSSArchiveのObjective-Cのライブラリを Swiftにブリッジして利用するのが良い等の記載がありましたので調査してみます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
右側のFacebookのLikeをクリック頂けると記事更新の際に通知されますので宜しければご利用下さい!