Swift転職なら=>【LevTech】
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大

頭痛が減ったので共有です!

rebuild.fmを応援しています!

HOME > compilation warning: no rule to process file for architecture i386

no rule to process file for architecture i386の対応

Build Phaseのコンパイルに不要なものを含めてしまった時に発生する不備の対応です

参考:compilation warning: no rule to process file for architecture i386

解決方法

Build PhasesのCompileソースに不要なものが含まれている場合に発生していたので削除して解決。 やりたかったのはSQLITEのファイルを追加したかったのですが、それはBuild PhaseのCopy Bundle resourceに 含めることで対応しました。

↓こんな記事もありますよ!

NSNotificationCenterでコード間のイベントやりとり

AppDelegateのイベント(アプリがアクティブ)になるタイミングでViewControllerに通知する為にはどうすればいいのか?と 調査しているとこのクラスにたどり着きました。delegateを利用せずにイベントの通知をViewController間で簡単に実装できるので 使いやすいです!

メモリの動きとポインタ

Swiftとポインターはあまり縁がないのかなと思っていたのですが、開発を進めていると 時々このUnsafePointerの名前を見ることがあります。本日はこのPointerが何を表しているかを調査してみます。

AppleWatchのアプリ登録が開始されました、開発部分を少し翻訳

ItunesconnectにもAppleWatchのアイコン やスクリーンショットが登録できる画面が追加されています。あと24日、登録予定している人は審査を考えても後10日程度ではないでしょうか。 スタートダッシュに追いつくには今が頑張りどころなのかもしれません!
このエントリーをはてなブックマークに追加
右側のFacebookのLikeをクリック頂けると記事更新の際に通知されますので宜しければご利用下さい!