Swift転職なら=>【LevTech】
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大

頭痛が減ったので共有です!

rebuild.fmを応援しています!

HOME > UIApplication

UIApplication

サンプル画像

そこここに見られるUIApplicationですが様々なことを実行することが可能。

UIApplicationのクラス階層

NSObject

UIResponder

UIApplication


参考:UIKit Framework Reference UIApplication Class Reference
参考:SwiftでAppDelegateを使った画面間のデータ受け渡し
参考:SwiftのNotificationでHello, Worldして、アクションを3つ作ってみた
参考:How to use openURL for a phone call with swift

UIApplicationでできる便利な事を何点かやってみた

UIApplicationができることは数多くありますので、以下3つをピックアップ。


① Notificationの登録。ローカルやリモート通知等のプッシュ処理を登録します


例えば以下のようにローカル通知をUIApplicationをつかって登録しています。(過去記事:UILocalNotificationから引用: 詳しくはこちらからどうぞ)


        var notification = UILocalNotification()
        notification.fireDate = NSDate(timeIntervalSinceNow: 5);
        notification.timeZone = NSTimeZone.defaultTimeZone()
        notification.alertBody = "swift-saralymanからの通知だよ"
        notification.alertAction = "OK"
        notification.soundName = UILocalNotificationDefaultSoundName
        UIApplication.sharedApplication().scheduleLocalNotification(notification);
        

リモート通知に関してはこちらからご確認ください。ー> 過去記事: RemotoNotifications


② 画面間でデータの受け渡しを行えます。簡単!


準備はAppDelegate.swiftの中のAppDelegateクラス内で変数を宣言します。


class AppDelegate: UIResponder, UIApplicationDelegate {
    var whoareyou:String?
}


これだけで外部からアクセスして取得&変更できます!


    var appDelegate:AppDelegate = UIApplication.sharedApplication().delegate as AppDelegate
    appDelegate.whoareyou = "I am Swift-Salaryman!"
    

③ SafariでURLを開く。地味によくつかうのではないでしょうか。電話もかけれます!


        //SafariでURLを開く場合
        UIApplication.sharedApplication().openURL(NSURL(string:"http://swift-salaryman.com"))

        //電話をかける場合
        UIApplication.sharedApplication().openURL(NSURL(string: "tel://09012345678"))
        

openURLはAppExtension(TodayやAction等)では利用できませんので注意してください。

その他もメソッドやプロパティ等多数盛りだくさんです

あまりにも多いので今回は省略です。後日追記してまいります。
参考:UIKit Framework Reference UIApplication Class Reference

↓こんな記事もありますよ!

Facebook SDKを試してみる#3(再調査)

SDKのインストーラが起動しても結局frameworkをドラッグドロップしなちゃ追加できない、面倒臭い、と発言してしまったのですが、 どうやらSDKをインストーラにてインストールした場合(SDK4.1)は、importするだけでどうやらSDKが追加できるとかなんとか。

NSThreadでスレッド処理を行う

タイマー処理と同様に利用できるスレッドの処理です。NSTimerではヒゲがのびたサンプルでしたので眉毛の濃くなるサンプルにしてみます。ただ、どうやらThread処理は 推奨されておらず、dispatch_queueを使用するべきのようです。

SwiftでZipファイルの解凍や圧縮する方法

SwiftでZipの解凍・圧縮処理の解説です。標準ライブラリにZip2があるやら3rdパーティのSSArchiveのObjective-Cのライブラリを Swiftにブリッジして利用するのが良い等の記載がありましたので調査してみます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
右側のFacebookのLikeをクリック頂けると記事更新の際に通知されますので宜しければご利用下さい!