Swift転職なら=>【LevTech】
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大

頭痛が減ったので共有です!

rebuild.fmを応援しています!

HOME > NSNotificationCenter

NSNotificationCenterでコード間のイベントやりとり

サンプル画像

AppDelegateのイベント(アプリがアクティブ)になるタイミングでViewControllerに通知する為にはどうすればいいのか?と 調査しているとこのクラスにたどり着きました。delegateを利用せずにイベントの通知をViewController間で簡単に実装できるので 使いやすいです!

NSNotificationCenterのクラス階層


NSObject

NSNotificationCenter


参考:Foundation Framework Reference NSNotificationCenter Class Reference
参考:SwiftでNSNotificationCenterを使う
参考:[iOS8] Swiftでアプリがバックグラウンド・フォアグラウンドになった時の処理(NSNotificationCenter)
参考:Swiftでいい感じにNSNotificationCenter#addObserverForNameを使う
参考:Swift で NSNotification の userInfo を扱う

やってみた

起動中のアプリがアクティブに切り替わった際に呼ばれるAppDelegateのイベントをサブビューのViewControllerで受け取る方法を記載してみます。



AppDelegate.swift(イベント登録側)


import UIKit

@UIApplicationMain
class AppDelegate: UIResponder, UIApplicationDelegate {
    
    var window: UIWindow?
    
    func application(application: UIApplication, didFinishLaunchingWithOptions launchOptions: [NSObject: AnyObject]?) -> Bool {
        return true
    }
    //アプリがアクティブになった時によばれる関数
    func applicationWillEnterForeground(application: UIApplication) {
        NSNotificationCenter.defaultCenter().postNotificationName("applicationWillEnterForeground", object: nil)
    }
    
    ...
}


ViewController.swft (イベント受け取り側)


import UIKit
import WebKit

class ViewController: UIViewController,WKNavigationDelegate,UITableViewDelegate, UITableViewDataSource {
  
    override func viewDidLoad() {
        super.viewDidLoad()
        NSNotificationCenter.defaultCenter().addObserver(self, selector: "viewWillEnterForeground:", name: "applicationWillEnterForeground", object: nil)
    }
    func viewWillEnterForeground(notification: NSNotification?){
        println("呼ばれました!");
    }


イベントリスナーを削除する場合

removeObeserverを利用して削除します。


NSNotificationCenter.defaultCenter().removeObserver(self)

カスタマイズ


① Notificatin通知にデータをくっつけて送る。ー> userInfoを利用する。



AppDelegate.swift(イベント登録側)

postNotificationNameにuserInfoパラメータを追加します。


import UIKit

@UIApplicationMain
class AppDelegate: UIResponder, UIApplicationDelegate {
    
    var window: UIWindow?
    
    func application(application: UIApplication, didFinishLaunchingWithOptions launchOptions: [NSObject: AnyObject]?) -> Bool {
        return true
    }
    //postNotificationNameでuserInfoを追加
    func applicationWillEnterForeground(application: UIApplication) {
        NSNotificationCenter.defaultCenter().postNotificationName("applicationWillEnterForeground", object: nil, userInfo: ["testNumber": 123]);)
    }
    
    ...
}


ViewController.swft (イベント受け取り側)

受け取り側でアンラップして取得します。


import UIKit
import WebKit

class ViewController: UIViewController,WKNavigationDelegate,UITableViewDelegate, UITableViewDataSource {
  
    override func viewDidLoad() {
        super.viewDidLoad()
        NSNotificationCenter.defaultCenter().addObserver(self, selector: "viewWillEnterForeground:", name: "applicationWillEnterForeground", object: nil)
    }
    func viewWillEnterForeground(notification: NSNotification?){
        if let userInfo = notification?.userInfo {
            let value = userInfo["testNumber"]! as Int
            println(value) // 123
        }
        println("呼ばれました!");
    }

まとめ

なによりもDelegateせずにイベントのやりとりができるので便利です!AppDelegate.swiftの存在はコード本体とは別の場所に あって馴染みずらい感覚が私にはあるのですが、このクラスでもっと親近感わきそうだと思いました、、、

↓こんな記事もありますよ!

SQLiteを使いたい。ラッパーを検証してみる。

SQLiteを使いたい。Objective-Cの時はMagical RecordでCoreDataを利用して問題なく使えたのですが、 今回はSQLite+Swiftでトライしてみたいと思います。ざっと調査すると、SwiftでSQLiteを使うのは、FMDB, SwiftData, SQLite.swiftが あるみたいです。この三つのラッパーから好みのものを選んでみるのが目標です。

UITableViewCellをプログラムで動的に作成する

UITableViewをStoryboardで作成する方法は結構ありますが、プログラムだけで作成するサンプルが少なかったので共有します。

AppleWatchをNSFileCoordinatorとKeychainでデータ交換

前回の記事(ナターシャさんのサンプルデモを元に解説)の続きです。今記事はNSUserDefaultではなく、 NSFileCoordinatorとKeychain sharingを利用しての解説です。ナターシャさんのサンプルに関して前記事をご参照ください。
このエントリーをはてなブックマークに追加
右側のFacebookのLikeをクリック頂けると記事更新の際に通知されますので宜しければご利用下さい!