Swift転職なら=>【LevTech】
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大

頭痛が減ったので共有です!

rebuild.fmを応援しています!

HOME > NSNotificationCenter

NSNotificationCenterでコード間のイベントやりとり

サンプル画像

AppDelegateのイベント(アプリがアクティブ)になるタイミングでViewControllerに通知する為にはどうすればいいのか?と 調査しているとこのクラスにたどり着きました。delegateを利用せずにイベントの通知をViewController間で簡単に実装できるので 使いやすいです!

NSNotificationCenterのクラス階層


NSObject

NSNotificationCenter


参考:Foundation Framework Reference NSNotificationCenter Class Reference
参考:SwiftでNSNotificationCenterを使う
参考:[iOS8] Swiftでアプリがバックグラウンド・フォアグラウンドになった時の処理(NSNotificationCenter)
参考:Swiftでいい感じにNSNotificationCenter#addObserverForNameを使う
参考:Swift で NSNotification の userInfo を扱う

やってみた

起動中のアプリがアクティブに切り替わった際に呼ばれるAppDelegateのイベントをサブビューのViewControllerで受け取る方法を記載してみます。



AppDelegate.swift(イベント登録側)


import UIKit

@UIApplicationMain
class AppDelegate: UIResponder, UIApplicationDelegate {
    
    var window: UIWindow?
    
    func application(application: UIApplication, didFinishLaunchingWithOptions launchOptions: [NSObject: AnyObject]?) -> Bool {
        return true
    }
    //アプリがアクティブになった時によばれる関数
    func applicationWillEnterForeground(application: UIApplication) {
        NSNotificationCenter.defaultCenter().postNotificationName("applicationWillEnterForeground", object: nil)
    }
    
    ...
}


ViewController.swft (イベント受け取り側)


import UIKit
import WebKit

class ViewController: UIViewController,WKNavigationDelegate,UITableViewDelegate, UITableViewDataSource {
  
    override func viewDidLoad() {
        super.viewDidLoad()
        NSNotificationCenter.defaultCenter().addObserver(self, selector: "viewWillEnterForeground:", name: "applicationWillEnterForeground", object: nil)
    }
    func viewWillEnterForeground(notification: NSNotification?){
        println("呼ばれました!");
    }


イベントリスナーを削除する場合

removeObeserverを利用して削除します。


NSNotificationCenter.defaultCenter().removeObserver(self)

カスタマイズ


① Notificatin通知にデータをくっつけて送る。ー> userInfoを利用する。



AppDelegate.swift(イベント登録側)

postNotificationNameにuserInfoパラメータを追加します。


import UIKit

@UIApplicationMain
class AppDelegate: UIResponder, UIApplicationDelegate {
    
    var window: UIWindow?
    
    func application(application: UIApplication, didFinishLaunchingWithOptions launchOptions: [NSObject: AnyObject]?) -> Bool {
        return true
    }
    //postNotificationNameでuserInfoを追加
    func applicationWillEnterForeground(application: UIApplication) {
        NSNotificationCenter.defaultCenter().postNotificationName("applicationWillEnterForeground", object: nil, userInfo: ["testNumber": 123]);)
    }
    
    ...
}


ViewController.swft (イベント受け取り側)

受け取り側でアンラップして取得します。


import UIKit
import WebKit

class ViewController: UIViewController,WKNavigationDelegate,UITableViewDelegate, UITableViewDataSource {
  
    override func viewDidLoad() {
        super.viewDidLoad()
        NSNotificationCenter.defaultCenter().addObserver(self, selector: "viewWillEnterForeground:", name: "applicationWillEnterForeground", object: nil)
    }
    func viewWillEnterForeground(notification: NSNotification?){
        if let userInfo = notification?.userInfo {
            let value = userInfo["testNumber"]! as Int
            println(value) // 123
        }
        println("呼ばれました!");
    }

まとめ

なによりもDelegateせずにイベントのやりとりができるので便利です!AppDelegate.swiftの存在はコード本体とは別の場所に あって馴染みずらい感覚が私にはあるのですが、このクラスでもっと親近感わきそうだと思いました、、、

↓こんな記事もありますよ!

CoreTextでTextViewの一文字の向きを変える(#2)

さて、サンプルそのままだと面白くないので、本日6月から開始する自転車規制強化 にのっかったサンプル<自転車の転だけ横に曲げる>にしてみます。(14歳以上が対象。自転車のイヤホン装着や片手走行、 酔っ払い運転、歩道運転、片手スマホ、、、、今まで誰もがやり通してきたことが「逮捕や補導の対象」となるようです。赤切符もきられる ようになるとのことで、自転車に酔っ払ってのって自動車の免停なんかになりかね無いので注意です)

NSThreadでスレッド処理を行う

タイマー処理と同様に利用できるスレッドの処理です。NSTimerではヒゲがのびたサンプルでしたので眉毛の濃くなるサンプルにしてみます。ただ、どうやらThread処理は 推奨されておらず、dispatch_queueを使用するべきのようです。

アップルWatchから親アプリケーションへデータ送信

前回の記事では実機上で親アプリケーションからAppleWatchにイベントを送るのができなかった。 Notificationでできるはずなのですが、動作してくれなかった、、、、、。今回はいったん逆の時計から親アプリへのデータ送信の方法サンプルサイト をQiita様の中の記事でみつけましたので検証してみます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
右側のFacebookのLikeをクリック頂けると記事更新の際に通知されますので宜しければご利用下さい!