Swift転職なら=>【LevTech】
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大

頭痛が減ったので共有です!

rebuild.fmを応援しています!

HOME > Swift第一人者のNatashaさんブログまとめ

Swift第一人者のNatashaさんブログまとめ

ナターシャさんブログが更新されました!と毎週更新していたのですが、色々溜まってきているので、 今後は追記してまとめ記事にしていくようにいたします。少しずつ追加して4半期毎程度に記事を分ける等していけたらと思います。

ナターシャさんの ブログからはSwiftの将来性やSwift3.0に向けてのロードマップの話し合い等最先端の話が多いので追っかけてまいります。Google翻訳の 日本語版もつけておきます!私が気になった箇所をピックアップして載せていきますので、その他の情報もブログには多く記載されていますので 興味のあるかたはリンクからクリックをどうぞ!

サンプル画像


2016年4月5日[Swift Thoughts]

ナターシャさんがワルシャワで公演をして、その際にサーバサイドのSwift処理の話で話題になったようです。 まだまだ開発成長段階のようではありますが切磋琢磨しあっているようです!サーバ管理者が利用される日ももしかすると近い????

参考:Swift Thought (原文:英語)
参考:Swift Thought(日本語)

2016年3月28日 [Swift Thoughts]

Swift2.2がリリース!(XCode7.3も同じく)した記事が記載されていました。先日のvarや++以外の話ですが、 どうやらselecterの書き方がまだVer2.2でもイタイタしい、、、とのことです。(前回のswift2.2のvar等の記事はこちらから)

参考:Swift Thoughts
参考:サンプル画像Swift Thoughts(日本語翻訳版)

以下が現状。


button.addTarget(self, action: #selector(ViewController.buttonTapped(_:)), forControlEvents: .TouchUpInside)

↓上の構文が、、以下になって欲しいとの希望の声が上がっているようでした。


button.addTarget(self, action: .buttonTapped, forControlEvents: .TouchUpInside)

こんなにスッキリしました。

↓こんな記事もありますよ!

Array

SwiftではArrayとNSArray両方利用することができます。記事を統合しました。

関数引数の参照渡し Inout

Swiftで参照だけを渡す(呼び出し元の変数の値を変更する)にはどうしたらよいのかな〜と調査していると、関数引数に参照渡しする方法でindexinoutという言葉があることを知りました。紹介いたします

UIActivityIndicatorView

iOSでローディングをする簡単な方法は標準のインディケータを表示する方法です。画面中央でぐるぐる回ります。
このエントリーをはてなブックマークに追加
右側のFacebookのLikeをクリック頂けると記事更新の際に通知されますので宜しければご利用下さい!