Swift転職なら=>【LevTech】
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大

頭痛が減ったので共有です!

rebuild.fmを応援しています!

HOME > 文字列から数字、数字か文字列への変換

文字列から数字、数字から文字列への変換

文字列から数字、数字から文字列へは意外に頻繁にやりますのでメモ。

参考:Get number value from string in swift
参考:Convert Int to String in Swift

文字列 ー> 数字


Stringクラスに含まれるtoIntメンバ関数を利用する


var stringNumber:String = "1234"
var numberFromString = stringNumber.toInt()
println(numberFromString)//Optional(1234)を出力

上記のtoIntですが、Optional型になりますので注意です。つまり以下のようになります。


var stringNumber:String = "1234"
var numberFromString:Int! = stringNumber.toInt()//IntをOptional型に
println(numberFromString)//Optional(1234)を出力

Optional型にしたくない場合は、toIntの後ろにびっくりマークをつけてUnwrapしてください


var stringNumber:String = "1234"
var numberFromString = stringNumber.toInt()!//アンラップ
println(numberFromString)//1234を出力

数字以外を入れると、、、、


var stringNumber:String = "swift-salaryman"
var swiftSalarymanFromString = stringNumber.toInt()
println(swiftSalarymanFromString)//nilを出力

nilになります。このパターンがあるのでOptional型に変換されるのでしょうか。ToInt()の後ろにびっくりマークがあればコンパイルエラーになります。

数字 ー> 文字列


以下のようにキャストすることで簡単にできてしまいます。


let x : Int = 123
var str = String(x)

またはprintlnする様な方法もあります。


let x : Int = 123
var str = "\(x)"

文字列が数字かどうかを判断する方法

数字かどうかを判断するにはtoIntがnilになるかどうかで判断できます


        let test = "123";
        if(test.toInt() != nil) {
                  println("---> 数字だった!\(test)");
        }
                    

toIntですので少数点(12.3)だったり文字が含まれている数字(12a等)もnilになります

↓こんな記事もありますよ!

Facebook SDKを試してみる(調査)

先日ひょんなところからFacebookSDKの事を教えていただき、興味が足裏からフツフツと湧き出てまいりましたので本日調査してみます。

UIPageControlでペラペラめくるチュートリアル画面を作成する

UIPageControllでiOSアプリ初回起動時にのみ表示される, ペラペラめくるチュートリアル機能の説明です。プロジェクト作成時にPage-Basedを選ぶと作成することはできるのですが、既存のアプリに追加するには気がので、 既に作成したアプリに初回一回だけ表示するチュートリアルを解説します

AppleWatchでNotificationを受け取る。バイブでブルブル通知する。

どうやら現状はAppleWatchのバイブレーションパターンをカスタマイズできないようなのですが、Notificationを受け取る際に ブルブルする状態のようです。つきましては、NotificationをApp側で設定、AppleWatch側で受け取ってブルブルするサンプルを記載していきます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
右側のFacebookのLikeをクリック頂けると記事更新の際に通知されますので宜しければご利用下さい!