Swift転職なら=>【LevTech】
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大

頭痛が減ったので共有です!

rebuild.fmを応援しています!

HOME > 文字列から数字、数字か文字列への変換

文字列から数字、数字から文字列への変換

文字列から数字、数字から文字列へは意外に頻繁にやりますのでメモ。

参考:Get number value from string in swift
参考:Convert Int to String in Swift

文字列 ー> 数字


Stringクラスに含まれるtoIntメンバ関数を利用する


var stringNumber:String = "1234"
var numberFromString = stringNumber.toInt()
println(numberFromString)//Optional(1234)を出力

上記のtoIntですが、Optional型になりますので注意です。つまり以下のようになります。


var stringNumber:String = "1234"
var numberFromString:Int! = stringNumber.toInt()//IntをOptional型に
println(numberFromString)//Optional(1234)を出力

Optional型にしたくない場合は、toIntの後ろにびっくりマークをつけてUnwrapしてください


var stringNumber:String = "1234"
var numberFromString = stringNumber.toInt()!//アンラップ
println(numberFromString)//1234を出力

数字以外を入れると、、、、


var stringNumber:String = "swift-salaryman"
var swiftSalarymanFromString = stringNumber.toInt()
println(swiftSalarymanFromString)//nilを出力

nilになります。このパターンがあるのでOptional型に変換されるのでしょうか。ToInt()の後ろにびっくりマークがあればコンパイルエラーになります。

数字 ー> 文字列


以下のようにキャストすることで簡単にできてしまいます。


let x : Int = 123
var str = String(x)

またはprintlnする様な方法もあります。


let x : Int = 123
var str = "\(x)"

文字列が数字かどうかを判断する方法

数字かどうかを判断するにはtoIntがnilになるかどうかで判断できます


        let test = "123";
        if(test.toInt() != nil) {
                  println("---> 数字だった!\(test)");
        }
                    

toIntですので少数点(12.3)だったり文字が含まれている数字(12a等)もnilになります

↓こんな記事もありますよ!

アイコン一括作成サービス紹介

アプリのアイコンを作るのは手間で面倒くさい。と、思いながらPhotoshopで一つ一つサイズを変えて作っていたのですが、 簡単につくれるサービスやっぱりありました。Macのスクリプトだったり、Webサービスだったりと揃っていましたので共有します。

のんでいるくすり: 3.11震災時の体験から開発されたお薬アプリ。無料

今日は薬を便利にかつ守秘的にメモできるアプリのんでいる薬をご紹介します。 実はアプリレビューは初めて。 SwiftサラリーマンのFBページを経由して開発者でもあり薬剤師のBlueRoy(ブルーロワ・インク) Inc. のShige様とお知り合いになる事ができて、是非レビューさせて下さいと私からお願いした経緯で今回レビュー記事に繋がりました。 Shige様、快く了承頂き本当にありがとうございました!

SwiftでZipファイルの解凍や圧縮する方法

SwiftでZipの解凍・圧縮処理の解説です。標準ライブラリにZip2があるやら3rdパーティのSSArchiveのObjective-Cのライブラリを Swiftにブリッジして利用するのが良い等の記載がありましたので調査してみます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
右側のFacebookのLikeをクリック頂けると記事更新の際に通知されますので宜しければご利用下さい!