Swift転職なら=>【LevTech】
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大

頭痛が減ったので共有です!

rebuild.fmを応援しています!

HOME > 文字列から数字、数字か文字列への変換

文字列から数字、数字から文字列への変換

文字列から数字、数字から文字列へは意外に頻繁にやりますのでメモ。

参考:Get number value from string in swift
参考:Convert Int to String in Swift

文字列 ー> 数字


Stringクラスに含まれるtoIntメンバ関数を利用する


var stringNumber:String = "1234"
var numberFromString = stringNumber.toInt()
println(numberFromString)//Optional(1234)を出力

上記のtoIntですが、Optional型になりますので注意です。つまり以下のようになります。


var stringNumber:String = "1234"
var numberFromString:Int! = stringNumber.toInt()//IntをOptional型に
println(numberFromString)//Optional(1234)を出力

Optional型にしたくない場合は、toIntの後ろにびっくりマークをつけてUnwrapしてください


var stringNumber:String = "1234"
var numberFromString = stringNumber.toInt()!//アンラップ
println(numberFromString)//1234を出力

数字以外を入れると、、、、


var stringNumber:String = "swift-salaryman"
var swiftSalarymanFromString = stringNumber.toInt()
println(swiftSalarymanFromString)//nilを出力

nilになります。このパターンがあるのでOptional型に変換されるのでしょうか。ToInt()の後ろにびっくりマークがあればコンパイルエラーになります。

数字 ー> 文字列


以下のようにキャストすることで簡単にできてしまいます。


let x : Int = 123
var str = String(x)

またはprintlnする様な方法もあります。


let x : Int = 123
var str = "\(x)"

文字列が数字かどうかを判断する方法

数字かどうかを判断するにはtoIntがnilになるかどうかで判断できます


        let test = "123";
        if(test.toInt() != nil) {
                  println("---> 数字だった!\(test)");
        }
                    

toIntですので少数点(12.3)だったり文字が含まれている数字(12a等)もnilになります

↓こんな記事もありますよ!

Backslashを忘れない

ショートカットキーで(\)を入力するには「optionキーを押しながら、¥キーを押す」で可能なのですが、 なにかと、あれ、、、なんだったっけ?と忘れる事が多かったので、バックスラッシュ拡大表示。

UIButton

基本的なボタンを動的にコーディングだけで作成する説明をしています。

willsetとdidsetでプロパティを監視。意味あるのか???

クラスのプロパティにはWillsetとdidsetという監視用の関数があると聞いたのですが、用途は分かるにしても メリットとしてはどういうものなのかなと、うーん、と考えていました。調べていると海外のサイトでは同じように疑問にもつ質問があがっていました。 getとsetで同じことができるのでは?との私と同じスタンスです。解決されていましたので、順に説明していきます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
右側のFacebookのLikeをクリック頂けると記事更新の際に通知されますので宜しければご利用下さい!