Swift転職なら=>【LevTech】
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大

頭痛が減ったので共有です!

rebuild.fmを応援しています!

HOME > 文字列から数字、数字か文字列への変換

文字列から数字、数字から文字列への変換

文字列から数字、数字から文字列へは意外に頻繁にやりますのでメモ。

参考:Get number value from string in swift
参考:Convert Int to String in Swift

文字列 ー> 数字


Stringクラスに含まれるtoIntメンバ関数を利用する


var stringNumber:String = "1234"
var numberFromString = stringNumber.toInt()
println(numberFromString)//Optional(1234)を出力

上記のtoIntですが、Optional型になりますので注意です。つまり以下のようになります。


var stringNumber:String = "1234"
var numberFromString:Int! = stringNumber.toInt()//IntをOptional型に
println(numberFromString)//Optional(1234)を出力

Optional型にしたくない場合は、toIntの後ろにびっくりマークをつけてUnwrapしてください


var stringNumber:String = "1234"
var numberFromString = stringNumber.toInt()!//アンラップ
println(numberFromString)//1234を出力

数字以外を入れると、、、、


var stringNumber:String = "swift-salaryman"
var swiftSalarymanFromString = stringNumber.toInt()
println(swiftSalarymanFromString)//nilを出力

nilになります。このパターンがあるのでOptional型に変換されるのでしょうか。ToInt()の後ろにびっくりマークがあればコンパイルエラーになります。

数字 ー> 文字列


以下のようにキャストすることで簡単にできてしまいます。


let x : Int = 123
var str = String(x)

またはprintlnする様な方法もあります。


let x : Int = 123
var str = "\(x)"

文字列が数字かどうかを判断する方法

数字かどうかを判断するにはtoIntがnilになるかどうかで判断できます


        let test = "123";
        if(test.toInt() != nil) {
                  println("---> 数字だった!\(test)");
        }
                    

toIntですので少数点(12.3)だったり文字が含まれている数字(12a等)もnilになります

↓こんな記事もありますよ!

CoreTextでTextViewの一文字の向きを変える(#2)

さて、サンプルそのままだと面白くないので、本日6月から開始する自転車規制強化 にのっかったサンプル<自転車の転だけ横に曲げる>にしてみます。(14歳以上が対象。自転車のイヤホン装着や片手走行、 酔っ払い運転、歩道運転、片手スマホ、、、、今まで誰もがやり通してきたことが「逮捕や補導の対象」となるようです。赤切符もきられる ようになるとのことで、自転車に酔っ払ってのって自動車の免停なんかになりかね無いので注意です)

Facebook SDK のAppEventを検証する

さて、AppEventですが、FacebookのAppを利用したログシステムなのかな。ログをカスタマイズして保存して、 それを解析できる、そんな感じなのかなと思っています。 広告利用の為に、インストールされた数やログの解析によってユーザの動作を確認できるようですので細かく設定できるのではと思います。 まずは上記のようにログを保存する、ログを読み込む、ができるのかを検証してみます

UIToolBar

画面の端っこに追加できるツールバーコントロール。アプリにピリッとアクセントを付けます。機能を追加したい時に便利です
このエントリーをはてなブックマークに追加
右側のFacebookのLikeをクリック頂けると記事更新の際に通知されますので宜しければご利用下さい!