Swift転職なら=>【LevTech】
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大

頭痛が減ったので共有です!

rebuild.fmを応援しています!

HOME > UINavigationController

UINavigationController


TabBarとUITableViewControllerを利用して一つのUIViewControllerだけをクリックすると右にスライドするUINavigationControlerを 利用したサンプルを記載します。というのも、AppDelegate内でUINavigationをself.windowのrootviewcontrollerにセットする 方法は多々あったのですが、AppDelegate内を利用しないでNavigationを実装する方法がなくハマっていましたのでを以下記載します。

サンプル画像

参考:JavaScriptプログラマがSwift iOSアプリを2週間で作って公開してみた〜その5 UITabBarController & UINavigationController〜
参考:012 UINavigationControllerの表示
参考:How to add an UINavigationController to an existing UIViewController programmatically

やってみた

UITabViewControllerの方法は割愛します。既にMainTabViewController (UITabViewController) と読み込まれるfirstView (UIViewController) とsecondView (UIViewController) が作成されていることが前提です。以下の画像のような状態。

参考:013 UITabBarControllerでタブの表示

サンプル画像

この状態で修正コードを記載します

変更前



import UIKit

class MainTabViewController: UITabBarController {
    
    var firstView: FirstViewController!
    var secondView: SecondViewController!
    
    override func viewDidLoad() {
        super.viewDidLoad()
        
        firstView = FirstViewController()
        secondView = SecondViewController()
        
        firstView.tabBarItem = UITabBarItem(tabBarSystemItem: UITabBarSystemItem.Featured, tag: 1)
        secondView.tabBarItem = UITabBarItem(tabBarSystemItem: UITabBarSystemItem.Bookmarks, tag: 2)
        
        self.setViewControllers([firstView, secondView], animated: false)

    }
}


変更後



import UIKit

class MainTabViewController: UITabBarController {
    
    var firstView: FirstViewController!
    var secondView: SecondViewController!
    
    override func viewDidLoad() {
        super.viewDidLoad()
        
        firstView = FirstViewController()
        secondView = SecondViewController()
        
        firstView.tabBarItem = UITabBarItem(tabBarSystemItem: UITabBarSystemItem.Featured, tag: 1)
        secondView.tabBarItem = UITabBarItem(tabBarSystemItem: UITabBarSystemItem.Bookmarks, tag: 2)
        
        var secondViewNavigationController = UINavigationController(rootViewController: secondView)
        secondView.title = "UINavigationControllerです";
        
        self.setViewControllers([firstView, secondViewNavigationController], animated: false)

    }
}

TabViewController[firstView]と[secondViewを追加したnavigationcontroler]を追加しています。


ナビゲーションの画面上部のバーを消す方法

以下のBarHiddenプロパティを利用して表示を消します


self.navigationController.navigationBarHidden = NO;//Yes = 表示, No = 非表示


ナビゲーションの画面上部のバーの高さを取得する方法

以下のnavigationコントロールのサイズから取得します


let navBarHeight = self.navigationController?.navigationBar.frame.size.height

まとめ

この方法も頻繁に使用していたのですが、いつも忘れていましたので、どなたかの助けになれば幸いです。

↓こんな記事もありますよ!

presentViewControllerで画面遷移下からビョーン

下からビョーンとUIViewControllerを出す方法を記載します。この処理も多用していたのですがこのHPになかったので追記しました。 Navigationと連動させた横へシャーと移動するスライドの関数(pop)とは違うので注意です。

SqliteのDBファイル保存+レビュー却下

2回既にレビューを通過していたアプリが、バイナリレビューで却下されてしまいました。理由は、2.23 Details On launch and content download, your app stores 26.48MB on the user's iCloud, which does not comply with the iOS Data Storage となっていてiCouldに保存される量にしては多いから管理してください、といった旨の内容でした。別に却下理由に難癖つけるつもりではないのですが、最初のレビュー時にいってほしい。。。

WWDC2015で面白い発表があるのかワクワクしてみる。

OS9の発表だったり、 iPadでアプリを分割して複数表示できたり、Apple Payがカナダに対応したり(それはどうでもいいですかね、、、)、 盛りだくさん。Appleファンには たまらない色んな新情報が色々でてきていますのでその中で私がきになる情報をフォーカスして少し調査してみます。 Swift関連もあるようですので共有してまいります。
このエントリーをはてなブックマークに追加
右側のFacebookのLikeをクリック頂けると記事更新の際に通知されますので宜しければご利用下さい!