Swift転職なら=>【LevTech】
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大

頭痛が減ったので共有です!

rebuild.fmを応援しています!

HOME > WatchKitでウォッチに簡単なラベルを表示してみる

WatchKitでウォッチに簡単なラベルを表示してみる

サンプル画像


前回の記事ではWatchKitのサンプルの画面キャプチャを紹介しましたので、今回は実際にプロジェクトの作成から簡単なラベルを表示する、 簡単な最初の第一歩までを説明します。AppleWatchの細かい説明は後にしてひとまず動作させてみます。詳細は以下のQiita様の参考サイトが とても分かりやすいのでご参照ください。


参考:Apple Watchのアプリを開発してみた
参考:1分でつくれるAppleWatch対応アプリ & WatchKit 全API解説
参考:WatchKitに関する情報が集まっています

やってみた

簡単なアプリを作成しながら覚えていけたらと思います。まずは普通のアプリを作成する方法と一緒の様です。New Projectとしてプロジェクトを作成してください。

サンプル画像

プロジェクトを追加した後の状態です。

サンプル画像

この状態だとAppleWatchとの連携はありませんので、File->New->Targetを追加します。

サンプル画像

今まで無かったAppleWatchのセクションが出ています!

サンプル画像

追加するとWatchKit ExtensionsWatchKit Appがもれなく付いてくるようです

サンプル画像

中身はこんな感じです。それぞれ一つずつ確認していきます。


WatchKit Extension

サンプル画像

InterfaceController.swift


import WatchKit
import Foundation

class InterfaceController: WKInterfaceController {

    override func awakeWithContext(context: AnyObject?) {
        super.awakeWithContext(context)
    }
    
    override func willActivate() {
        // This method is called when watch view controller is about to be visible to user
        super.willActivate()
    }

    override func didDeactivate() {
        // This method is called when watch view controller is no longer visible
        super.didDeactivate()
    }

}

アップルウォッチがアクティブになった時や非表示の際のイベント処理をするクラスのようです。見たことがないWKInterfaceController が付いています。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


NotificationController.swift


import WatchKit
import Foundation

class NotificationController: WKUserNotificationInterfaceController {

    override init() {
        // Initialize variables here.
        super.init()
        
        // Configure interface objects here.
    }

    override func willActivate() {
        // This method is called when watch view controller is about to be visible to user
        super.willActivate()
    }

    override func didDeactivate() {
        // This method is called when watch view controller is no longer visible
        super.didDeactivate()
    }

    /*
    override func didReceiveLocalNotification(localNotification: UILocalNotification, withCompletion completionHandler: ((WKUserNotificationInterfaceType) -> Void)) {
        // This method is called when a local notification needs to be presented.
        // Implement it if you use a dynamic notification interface.
        // Populate your dynamic notification interface as quickly as possible.
        //
        // After populating your dynamic notification interface call the completion block.
        completionHandler(.Custom)
    }
    */
    
    /*
    override func didReceiveRemoteNotification(remoteNotification: [NSObject : AnyObject], withCompletion completionHandler: ((WKUserNotificationInterfaceType) -> Void)) {
        // This method is called when a remote notification needs to be presented.
        // Implement it if you use a dynamic notification interface.
        // Populate your dynamic notification interface as quickly as possible.
        //
        // After populating your dynamic notification interface call the completion block.
        completionHandler(.Custom)
    }
    */
}

こちらのクラスにもアクティブ時の処理が記載されています。本体アプリとNotificationで連携するのかと思われます

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

PushNotificationPayload.apns

なんだか見慣れないファイルもあります。


{
    "aps": {
        "alert": {
            "body": "Test message",
            "title": "Optional title"
        },
        "category": "myCategory"
    },
    
    "WatchKit Simulator Actions": [
        {
            "title": "First Button",
            "identifier": "firstButtonAction"
        }
    ],
    
    "customKey": "Use this file to define a testing payload for your notifications. The aps dictionary specifies the category, alert text and title. The WatchKit Simulator Actions array can provide info for one or more action buttons in addition to the standard Dismiss button. Any other top level keys are custom payload. If you have multiple such JSON files in your project, you'll be able to select them when choosing to debug the notification interface of your Watch App."
}

何に利用されるのか不明なのですが、イベントを登録するのかな。調査を続けます。


WatchKit App

サンプル画像

Interface.storyboard

サンプル画像

すでに三つも画面が用意されているようです。 Interface Scene, Static Notification Interface Controller SceneNotification Controller Sceneがそれぞれ用意されているようです。ここに関してもまだどうやって動くか 不明ですので、ひとまずコンパイルして動作させてみます。

サンプル画像

当然ですが時間以外何も表示されません

サンプル画像

このStoryboardにLabelをドラッグして配置すればラベルは追加できます

サンプル画像

できました!

まとめ

今朝の目標のラベルをのせるは達成しました!ラベルをドラッグしただけですが、、、、。ただデフォルトでどういったファイルが追加されるのか は勉強になりましたので、WatchKitに興味のある方のお役にたてていれば嬉しいです。次回はイベントをMainアプリと連携する記事を書いてみます。

前の記事はこちらからです!

次の記事はこちらからです!

↓こんな記事もありますよ!

Facebook SDKを試してみる(ログイン)

さて、前回記事でSDKをダウンロードした状態ですので、プロジェクトに追加してみましょう。 SDKがインストールされたDirectoryへ移動します。必要なSDKはFBSDKCoreKit.fraweworkなので、何個かその他frameworkはありますが、 それだけをプロジェクトにドラッグしてみましょう。

メモリの動きとポインタ

Swiftとポインターはあまり縁がないのかなと思っていたのですが、開発を進めていると 時々このUnsafePointerの名前を見ることがあります。本日はこのPointerが何を表しているかを調査してみます。

WatchKitでタイマーアプリを作成する。

簡単なアプリを作成しながらAppleWatchを学んでいきます。前回の記事で大まかな動きは理解できましたので、 つぎはAppleWatchとアプリとの連携をタイマー機能を利用して検証していきます
このエントリーをはてなブックマークに追加
右側のFacebookのLikeをクリック頂けると記事更新の際に通知されますので宜しければご利用下さい!