Swift転職なら=>【LevTech】
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大

頭痛が減ったので共有です!

rebuild.fmを応援しています!

HOME > UIImage

UIImage

uilabelサンプル画像

UIImageクラスは画像を表示します。ローカル画像やネットワーク上のURLからデータを読み込み表示します。

UIImageのクラス階層

NSObject

UIImage

参考Appleサイト(英語): UIKit Framework Reference UIImage Class Reference

UIImageの例文

//ファイル名を指定した場合 let img:UIImage = UIImage(named:"img.png");

// URLを指定したUIImageの生成例
let url = NSURL.URLWithString("http://swift-salaryman.com/files/image/page_top.gif");

//var err: NSError?;
//var imageData = NSData.dataWithContentsOfURL(url,options: NSDataReadingOptions.DataReadingMappedIfSafe, error: &err);

//Swift 2.2以上では以下でOK
let imageData = NSData(contentsOfURL: url!)

var img = UIImage(data:imageData);

//それをselfのUIViewへ追加する場合は、
//UIImageViewに追加してからselfへaddSubviewする
let iv = UIImageView(image:img);
iv.frame = CGRectMake(0, 0, 100, 50);
self.view.addSubview(iv);

(2017-02-05)Swift3.0になってURLからの読み込みは変更されました。

参考:Loading/Downloading image from URL on Swift
参考:iOS9でHTTP通信ができない時の解決法

↓ファイル名指定の場合(プロジェクトにsalaryman.gifを既に追加していて、リソースから読み込む場合)


if let filePath = Bundle.main.path(forResource: "salaryman", ofType: "gif"), let image = UIImage(contentsOfFile: filePath) {
        let iv = UIImageView(image:image);
        iv.contentMode = .scaleAspectFit
        self.view.addSubview(iv);
}


↓URLから読み込む場合


    let url = URL(string: "http://swift-salaryman.com/files/image/page_top.gif")
        let data = try? Data(contentsOf: url!)
        let iv = UIImageView(image:UIImage(data: data!));
        iv.contentMode = .scaleAspectFit
        self.view.addSubview(iv);
		

App Transport Security has blocked a cleartext HTTP (http://) resource load since it is insecure. と表示された場合、info.plistを上記のHTTP通信ができない時の対処法をご参照下さい

以下、以前の履歴まとめ



追記<2014/11/18>:Qiita様の以下ページで上記コードを検証してくださっていたようですが動作しなかったようです。。。。私の環境では現状(XCode6.0)動作しているようですので、 XCodeのバージョンによってまだSwiftが動作したりしなかったりするのかもしれません。参考の為、以下リンクさせていただきます。
参考:[Swift] 指定したURLの画像を表示する。

UIImageのサンプル画像

追記<2014/12/05:XCodeのバージョンを6.1にあげたらQiita様と同じエラーが発生しました。以下のコードなら問題なく動作できました。


    let url = NSURL(string:"http://swift-salaryman.com/files/image/page_top.gif");
    var err: NSError?;
    var imageData = NSData(contentsOfURL:url!,options: NSDataReadingOptions.DataReadingMappedIfSafe, error: &err)!;
    var img = UIImage(data:imageData);
        
    let iv = UIImageView(image:img);
    iv.frame = CGRectMake(0, 0, 100, 50);
    self.view.addSubview(iv);
    

userInteractionEnabledとtouchesBeganでクリックイベントを実装する

UIImageをクリックした時のイベントを取得する方法です,UILabelやUIButtonとは少し方法が違いtouchBeganコマンドとtagを利用して判断します。 Touch対象が一つの場合であればtagを設定する必要もありません。

uiimageサンプル画像

import UIKit

class ViewController: UIViewController {
    
    override func viewDidLoad() {
        super.viewDidLoad()
        
        let url = NSURL(string:"http://swift-salaryman.com/files/image/page_top.gif");
        var err: NSError?;
        var imageData = NSData(contentsOfURL:url!,options: NSDataReadingOptions.DataReadingMappedIfSafe, error: &err)!;
        var img = UIImage(data:imageData);
        let iv = UIImageView(image:img);
        iv.frame = CGRectMake(0, 0, 100, 50);
        
        iv.userInteractionEnabled = true;
        iv.tag = 1;
        
        self.view.addSubview(iv);
        
    }
    
    override func didReceiveMemoryWarning() {
        super.didReceiveMemoryWarning()
    }
    
    override func touchesBegan(touches: Set, withEvent event: UIEvent) {
        let touch = touches.first as! UITouch
        println(touch.view.tag);
    }
}
        

おまけ:画像のパターン配置

以下の様にパターン画像として配置する方法もあります。詳しくはUIColorの記事をご確認くださいませ。 コチラからどうぞ。

UIColorのパターン画像

おまけ2:UIViewContentModeで拡大比率を保ったまま拡大

UIImageViewのUIViewContentModeを利用すると拡大比率を調整することができます。

contentModeを何もセットしない場合(ScaleToFillと同じ)



    override func viewDidLoad() {
        super.viewDidLoad()
        
        let url = NSURL(string:"http://swift-salaryman.com/files/image/page_top.gif");
        var err: NSError?;
        var imageData = NSData(contentsOfURL:url!,options: NSDataReadingOptions.DataReadingMappedIfSafe, error: &err)!;
        var img = UIImage(data:imageData);
        let iv = UIImageView(image:img);
        iv.frame = CGRectMake(0, 0, 320, 500);
        iv.backgroundColor = UIColor.greenColor();
        //iv.contentMode = UIViewContentMode.ScaleToFill;// <- デフォルトでScaleToFillになっている。これつけてもつけなくても一緒。
        
        self.view.addSubview(iv);

    }
    

サンプル画像

伸び縮みでUIImageViewの枠いっぱいに表示されます。画像は欠けませんが、歪みます


UIViewContentMode.ScaleAspectFitをセットした場合

サンプル画像

画像が全て表示される最大の拡大率で表示します。上の図だと画像を拡大していって表示領域の左右に接触するので、その大きさに保持されます。画像は欠けません。歪みません。


UIViewContentMode.ScaleAspectFillをセットした場合

サンプル画像

画像が全て表示される最大の拡大率で表示するのですが、Fitは全て表示されるに対して、Fillは  拡大の方法が違います。画像上側が画面上に接触する最大限まで拡大、画像がかけてもOKな状態で拡大します。歪みません。


UIViewContentMode.Redrawをセットした場合

サンプル画像

デフォルトのScaleToFillと同じですが、Viewサイズが変わった時にsetNeedsDisplay(=再描画)が自動的に呼ばれるようになります。


UIViewContentMode他にも以下のように配置させることもできます。

サンプル画像
UIViewContentMode.TopLeft
サンプル画像
UIViewContentMode.Top
サンプル画像
UIViewContentMode.TopRight
サンプル画像
UIViewContentMode.Left
サンプル画像
UIViewContentMode.Center
サンプル画像
UIViewContentMode.Right
サンプル画像
UIViewContentMode.BottomLeft
サンプル画像
UIViewContentMode.Bottom
サンプル画像
UIViewContentMode.BottomRight

おまけ3:UIImageに存在しないファイルを指定するとOptionalなのにnilになる検証

SwiftでUIImageのimageNamed:でファイルが存在しなかったときに起こる謎 このQiita様のサイトをでUIImageがnilを保有しても落ちない件に関して実際にコードを触ってみました。


        let image = UIImage(named:"my_image");
        var imageView = UIImageView(image: image);
        

と思ったら、、、、(XCode 6.1.1で検証)

UIImage画像

しっかりちゃんとOptional型にしてとのエラー。Swift ( beta7 )での設計方針について 〜 Optionalとの付き合い方 〜 [追記あり] これを読むとどうやらXCode6 beta7以前とその後ではOptional型に切り替わった変数が多く、このUIImageもその一つのようです。


        let image = UIImage(named:"my_image")!;
        var imageView = UIImageView(image: image);
        

これならOKでした。

Sessionを使った画像の読み方(Swift3)

Sessionを利用してURLにアクセスする方法もありますので共有

参考:Swift 3 URLSession.shared() Ambiguous reference to member 'dataTask(with:completionHandler:) error (bug)

 	let request = URLRequest(url: imageURL!)                         
    let task = URLSession.shared.dataTask(with: request as URLRequest) {data,response,error in
        if let e = error {
            print("エラー: \(e)")
        } else {
                print("レスポンスコード: \(res.statusCode)")
                if let imageData = data {
                    let image = UIImage(data: imageData)
                }
            }
        }
    }
    task.resume()//Task開始!

↓こんな記事もありますよ!

Webブラウザをチラ見するWebabit

WebabitはWebブラウザをチラ見する為のアプリです。Notification CenterのToday Widegetでブラウザチェックしたり、 AppleWatchから確認したりできる、なんともいえない「ふーん」なアプリです

NSURLConnectionでHTTPやFTPアクセス

今回はiPhoneとサーバ間でHTTPやFTPプロトコル通信を行うNSURLConnectionの説明

AppleWatchのアプリ登録が開始されました、開発部分を少し翻訳

ItunesconnectにもAppleWatchのアイコン やスクリーンショットが登録できる画面が追加されています。あと24日、登録予定している人は審査を考えても後10日程度ではないでしょうか。 スタートダッシュに追いつくには今が頑張りどころなのかもしれません!
このエントリーをはてなブックマークに追加
右側のFacebookのLikeをクリック頂けると記事更新の際に通知されますので宜しければご利用下さい!