Swift転職なら=>【LevTech】
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大

頭痛が減ったので共有です!

rebuild.fmを応援しています!

HOME > UITableViewCellをプログラムで動的に作成する

UITableViewCellをプログラムで動的に作成する

サンプル画像

UITableViewをStoryboardで作成する方法は結構ありますが、プログラムだけで作成するサンプルが少なかったので共有します。

UITableViewCellのクラス階層


NSObject

UIResponder

UIView

UITableViewCell

参考:UIKit Framework Reference UITableViewCell Class Reference
参考:custom UITableCellView programmatically using swift
参考:Creating a UITableViewCell programmatically in Swift

やってみた

init処理を二つ(overrideとrequired)追加する必要があるのでハマりました。

まずUITableViewCellの独自クラスを作成します。


import UIKit


class CustomTableViewCell: UITableViewCell
{
    var titleLabel = UILabel();
    var contentLabel = UILabel();
    
    override init(style: UITableViewCellStyle, reuseIdentifier: String!)
    {
        //First Call Super
        super.init(style: style, reuseIdentifier: reuseIdentifier)
        
        titleLabel = UILabel(frame: CGRectMake(10, 2, 300, 15));
        titleLabel.text = "";
        titleLabel.font = UIFont.systemFontOfSize(12)
        self.addSubview(titleLabel);
        
        contentLabel = UILabel(frame: CGRectMake(10, 20, 300, 15));
        contentLabel.text = "";
        contentLabel.font = UIFont.systemFontOfSize(22)
        self.addSubview(contentLabel);
    }
    
    required init(coder aDecoder: NSCoder)
    {
        super.init(coder: aDecoder)
    }
}

こんな感じです。その次にTableViewのDelegate部分と宣言部分の2箇所を微調整。


  func tableView(tableView: UITableView, cellForRowAtIndexPath indexPath: NSIndexPath) -> UITableViewCell {
        //var cell:UITableViewCell = tableView.dequeueReusableCellWithIdentifier("cell") as UITableViewCell
        let cell = tableView.dequeueReusableCellWithIdentifier("customCell", forIndexPath: indexPath) as CustomTableViewCell

        cell.titleLabel.text = self.items[indexPath.row]
        cell.contentLabel.text = "ホゲホゲ";
        cell.accessoryType = UITableViewCellAccessoryType.DisclosureIndicator
        return cell
    }
  

DelegateのcellForRowAtIndexPathと...


 //tableView.registerClass(UITableViewCell.self, forCellReuseIdentifier: "cell")
tableView.registerClass(CustomTableViewCell.self, forCellReuseIdentifier: "customCell")

UITableView宣言時のregisterClass...

これで動的に作成したカスタムクラスをStoryboard無しで追加できます。

カスタマイズ

特になし

まとめ

一度作ってしまえば簡単なのですが、、、、結構ハマってしまいましのたでソースが助けになれば嬉しいです。UITableViewの記事はこちらからどうぞ!

↓こんな記事もありますよ!

関数引数の参照渡し Inout

Swiftで参照だけを渡す(呼び出し元の変数の値を変更する)にはどうしたらよいのかな〜と調査していると、関数引数に参照渡しする方法でindexinoutという言葉があることを知りました。紹介いたします

NSURLSessionでバックグラウンドで通信処理

NSURLConnectionの進化版のような立ち位置に私は感じております。アプリがバックグラウンドになっても通信処理を続けてくれる優れものです。 以前まではどうやら音声や位置情報だけに限られていましたが、このクラスによって大きなデータをユーザに気持ちよくDLしてもらうことも可能にです。

新しくなったLawsonの無料WiFiを試してみた

ネットでローソン無料Wifiを調べていたのですがネットを接続するにはアプリが必要との誤情報が多かった(今まではアプリが必要だった)ですが、2015年の6月からはアプリの必要ありません。 Wifiで接続して登録すればPCからでも利用できました。手順を記載してまいります。
このエントリーをはてなブックマークに追加
右側のFacebookのLikeをクリック頂けると記事更新の際に通知されますので宜しければご利用下さい!