Swift転職なら=>【LevTech】
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大

頭痛が減ったので共有です!

rebuild.fmを応援しています!

HOME > NSData

NSData

基礎のデータ保有オブジェクトです。NSDataは静的なデータ保存、NSMutableDataは動的なデータを保有して、アプリケーション内のバイナリデータ保有に利用されます。知らない間に頻繁に利用しているクラスです。

NSURLのクラス階層

NSObject

NSData
・IOBluetoothSDPUUID
・NSMutableData

参考Appleサイト(英語): Foundation Framework Reference NSData Class Reference

NSDATA例文


//DictionaryからNSDataを生成する例
 var hogeDic: Dictionary = [:]
 hogeDic["swift"] = "salaryman";
 println(hogeDic);
 
 var hogeData:NSData = NSKeyedArchiver.archivedDataWithRootObject(hogeDic);
 println(hogeData);

 //おまけ:NSDataからNSDictionaryに変換する方法
 var hogeDicFromData: Dictionary = NSKeyedUnarchiver.unarchiveObjectWithData(hogeData) as Dictionary;
 println(hogeDicFromData);

 //ネットワークファイルからNSDataを生成する例
 let url = NSURL.URLWithString("http://swift-salaryman.com/files/image/page_top.gif");
 var err: NSError?;
 var imageData :NSData = NSData(contentsOfURL: url!,options: NSDataReadingOptions.DataReadingMappedIfSafe, error: &err);
 println(imageData);

↓こんな記事もありますよ!

SqliteのDBファイル保存+レビュー却下

2回既にレビューを通過していたアプリが、バイナリレビューで却下されてしまいました。理由は、2.23 Details On launch and content download, your app stores 26.48MB on the user's iCloud, which does not comply with the iOS Data Storage となっていてiCouldに保存される量にしては多いから管理してください、といった旨の内容でした。別に却下理由に難癖つけるつもりではないのですが、最初のレビュー時にいってほしい。。。

UISlider

横バーをぐりぐり移動させて値変更させるコントロールです。

UIStepper

さて今回は基本のコンポーネントの一つStepper(メモリを少しずつ+とーで上下させるコントロール)を説明します。 単純なコントロールですのが、初期設定で、+と-が表示される優れものです。ただ、単調な為に記事にするのが面白くないので、 何度も申し訳ありませんが「ヒゲ」にフォーカスして、ヒゲを剃るStepper(ヒゲの量を調整する)を作成して説明してみます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
右側のFacebookのLikeをクリック頂けると記事更新の際に通知されますので宜しければご利用下さい!