Swift転職なら=>【LevTech】
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大

頭痛が減ったので共有です!

rebuild.fmを応援しています!

HOME > NSData

NSData

基礎のデータ保有オブジェクトです。NSDataは静的なデータ保存、NSMutableDataは動的なデータを保有して、アプリケーション内のバイナリデータ保有に利用されます。知らない間に頻繁に利用しているクラスです。

NSURLのクラス階層

NSObject

NSData
・IOBluetoothSDPUUID
・NSMutableData

参考Appleサイト(英語): Foundation Framework Reference NSData Class Reference

NSDATA例文


//DictionaryからNSDataを生成する例
 var hogeDic: Dictionary = [:]
 hogeDic["swift"] = "salaryman";
 println(hogeDic);
 
 var hogeData:NSData = NSKeyedArchiver.archivedDataWithRootObject(hogeDic);
 println(hogeData);

 //おまけ:NSDataからNSDictionaryに変換する方法
 var hogeDicFromData: Dictionary = NSKeyedUnarchiver.unarchiveObjectWithData(hogeData) as Dictionary;
 println(hogeDicFromData);

 //ネットワークファイルからNSDataを生成する例
 let url = NSURL.URLWithString("http://swift-salaryman.com/files/image/page_top.gif");
 var err: NSError?;
 var imageData :NSData = NSData(contentsOfURL: url!,options: NSDataReadingOptions.DataReadingMappedIfSafe, error: &err);
 println(imageData);

↓こんな記事もありますよ!

Backslashを忘れない

ショートカットキーで(\)を入力するには「optionキーを押しながら、¥キーを押す」で可能なのですが、 なにかと、あれ、、、なんだったっけ?と忘れる事が多かったので、バックスラッシュ拡大表示。

SwiftでZipファイルの解凍や圧縮する方法

SwiftでZipの解凍・圧縮処理の解説です。標準ライブラリにZip2があるやら3rdパーティのSSArchiveのObjective-Cのライブラリを Swiftにブリッジして利用するのが良い等の記載がありましたので調査してみます。

UITextViewでテキストを複数行表示する

UITextFieldは一行表示ですが、UITextFieldは複数行を表示することができます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
右側のFacebookのLikeをクリック頂けると記事更新の際に通知されますので宜しければご利用下さい!