Swift転職なら=>【LevTech】
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大

頭痛が減ったので共有です!

rebuild.fmを応援しています!

HOME > NSData

NSData

基礎のデータ保有オブジェクトです。NSDataは静的なデータ保存、NSMutableDataは動的なデータを保有して、アプリケーション内のバイナリデータ保有に利用されます。知らない間に頻繁に利用しているクラスです。

NSURLのクラス階層

NSObject

NSData
・IOBluetoothSDPUUID
・NSMutableData

参考Appleサイト(英語): Foundation Framework Reference NSData Class Reference

NSDATA例文


//DictionaryからNSDataを生成する例
 var hogeDic: Dictionary = [:]
 hogeDic["swift"] = "salaryman";
 println(hogeDic);
 
 var hogeData:NSData = NSKeyedArchiver.archivedDataWithRootObject(hogeDic);
 println(hogeData);

 //おまけ:NSDataからNSDictionaryに変換する方法
 var hogeDicFromData: Dictionary = NSKeyedUnarchiver.unarchiveObjectWithData(hogeData) as Dictionary;
 println(hogeDicFromData);

 //ネットワークファイルからNSDataを生成する例
 let url = NSURL.URLWithString("http://swift-salaryman.com/files/image/page_top.gif");
 var err: NSError?;
 var imageData :NSData = NSData(contentsOfURL: url!,options: NSDataReadingOptions.DataReadingMappedIfSafe, error: &err);
 println(imageData);

↓こんな記事もありますよ!

大阪都構想の橋下さんの鼻に誠意をもって顔認識処理で画鋲を刺す

先日大阪都構想でニュースがざわついておりましたが、 そこで自分が思っていたこと、なぜ鼻ピンしたのかを顔認識サンプルと誠意を込めて書き記してまいります。(※選挙ポスターに画鋲を刺す事や、そもそも「他人様」の画像を変更することがタブーな事を理解しつつの投稿です。問題がないかの問い合わせメールを送る予定です。画像はWikipediaからの引用です)

UIWebView

アプリの中にWebビューを作成して外部ネットワークやローカルのhtmlやcssやjsファイルと連携する方法の説明です。

WatchKitでAppleWatch開発

AppleのティムクックCEOがAppleWatchの発売が2015年4月と発表しましたね!あと2ヶ月ですので、本日からWatchKitを重点的に記事を記載していってアプリを 同時に開発してけたらと思います。
このエントリーをはてなブックマークに追加
右側のFacebookのLikeをクリック頂けると記事更新の際に通知されますので宜しければご利用下さい!