Swift転職なら=>【LevTech】
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大

頭痛が減ったので共有です!

rebuild.fmを応援しています!

HOME > NSData

NSData

基礎のデータ保有オブジェクトです。NSDataは静的なデータ保存、NSMutableDataは動的なデータを保有して、アプリケーション内のバイナリデータ保有に利用されます。知らない間に頻繁に利用しているクラスです。

NSURLのクラス階層

NSObject

NSData
・IOBluetoothSDPUUID
・NSMutableData

参考Appleサイト(英語): Foundation Framework Reference NSData Class Reference

NSDATA例文


//DictionaryからNSDataを生成する例
 var hogeDic: Dictionary = [:]
 hogeDic["swift"] = "salaryman";
 println(hogeDic);
 
 var hogeData:NSData = NSKeyedArchiver.archivedDataWithRootObject(hogeDic);
 println(hogeData);

 //おまけ:NSDataからNSDictionaryに変換する方法
 var hogeDicFromData: Dictionary = NSKeyedUnarchiver.unarchiveObjectWithData(hogeData) as Dictionary;
 println(hogeDicFromData);

 //ネットワークファイルからNSDataを生成する例
 let url = NSURL.URLWithString("http://swift-salaryman.com/files/image/page_top.gif");
 var err: NSError?;
 var imageData :NSData = NSData(contentsOfURL: url!,options: NSDataReadingOptions.DataReadingMappedIfSafe, error: &err);
 println(imageData);

↓こんな記事もありますよ!

Pre特殊文字難民

記事を書いている時によくつまずくことがあります。preでコードを表示する際に、 カッコを使うと文章が消えてしまったり、ドルマークの変数が表示できなかったり。その度に検索して探しているのでサイトの中に入れてしまいます。 以前のバックスラッシュもそうですが、こういった特殊文字難民対策のページにしておきます。

UIPageControlでペラペラめくるチュートリアル画面を作成する

UIPageControllでiOSアプリ初回起動時にのみ表示される, ペラペラめくるチュートリアル機能の説明です。プロジェクト作成時にPage-Basedを選ぶと作成することはできるのですが、既存のアプリに追加するには気がので、 既に作成したアプリに初回一回だけ表示するチュートリアルを解説します

UITabBarItem

タブバーを利用した時にアイコンがデフォルトのものだけでは物足りなかったのでフリー素材でよさそうなサイトがあったので共有です。 500個も魅力的でオーソドックスで使いやすいアイコン盛りたくさん。
このエントリーをはてなブックマークに追加
右側のFacebookのLikeをクリック頂けると記事更新の際に通知されますので宜しければご利用下さい!