Swift転職なら=>【LevTech】
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大

頭痛が減ったので共有です!

rebuild.fmを応援しています!

HOME > NSData

NSData

基礎のデータ保有オブジェクトです。NSDataは静的なデータ保存、NSMutableDataは動的なデータを保有して、アプリケーション内のバイナリデータ保有に利用されます。知らない間に頻繁に利用しているクラスです。

NSURLのクラス階層

NSObject

NSData
・IOBluetoothSDPUUID
・NSMutableData

参考Appleサイト(英語): Foundation Framework Reference NSData Class Reference

NSDATA例文


//DictionaryからNSDataを生成する例
 var hogeDic: Dictionary = [:]
 hogeDic["swift"] = "salaryman";
 println(hogeDic);
 
 var hogeData:NSData = NSKeyedArchiver.archivedDataWithRootObject(hogeDic);
 println(hogeData);

 //おまけ:NSDataからNSDictionaryに変換する方法
 var hogeDicFromData: Dictionary = NSKeyedUnarchiver.unarchiveObjectWithData(hogeData) as Dictionary;
 println(hogeDicFromData);

 //ネットワークファイルからNSDataを生成する例
 let url = NSURL.URLWithString("http://swift-salaryman.com/files/image/page_top.gif");
 var err: NSError?;
 var imageData :NSData = NSData(contentsOfURL: url!,options: NSDataReadingOptions.DataReadingMappedIfSafe, error: &err);
 println(imageData);

↓こんな記事もありますよ!

アップルWatchから親アプリケーションへデータ送信

前回の記事では実機上で親アプリケーションからAppleWatchにイベントを送るのができなかった。 Notificationでできるはずなのですが、動作してくれなかった、、、、、。今回はいったん逆の時計から親アプリへのデータ送信の方法サンプルサイト をQiita様の中の記事でみつけましたので検証してみます。

AppleWatchのアプリ登録が開始されました、開発部分を少し翻訳

ItunesconnectにもAppleWatchのアイコン やスクリーンショットが登録できる画面が追加されています。あと24日、登録予定している人は審査を考えても後10日程度ではないでしょうか。 スタートダッシュに追いつくには今が頑張りどころなのかもしれません!

WWDC2015で面白い発表があるのかワクワクしてみる。

OS9の発表だったり、 iPadでアプリを分割して複数表示できたり、Apple Payがカナダに対応したり(それはどうでもいいですかね、、、)、 盛りだくさん。Appleファンには たまらない色んな新情報が色々でてきていますのでその中で私がきになる情報をフォーカスして少し調査してみます。 Swift関連もあるようですので共有してまいります。
このエントリーをはてなブックマークに追加
右側のFacebookのLikeをクリック頂けると記事更新の際に通知されますので宜しければご利用下さい!