Swift転職なら=>【LevTech】
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大

頭痛が減ったので共有です!

rebuild.fmを応援しています!

HOME > UIDatePicker

UIDatePicker

UIDataPickerは日付けを選択するクラスです。

UILabelのクラス階層

NSObject

UIResponder

UIView

UICotrol

UIDatePicker

参考Appleサイト(英語): UIKit Framework Reference UIDatePicker Class Reference
参考Appleサイト(英語): UIDatePicker Using Swift iOS

UIDatePicker例文


//データビュー作成
let dp:UIDatePicker = UIDatePicker();
dp.datePickerMode = UIDatePickerMode.Time;//ここを変えればタイマーカウント等も作成できます。
dp.addTarget(self, action: "updateDatePickerLabel", forControlEvents: .ValueChanged);
self.view.addSubview(dp);
UIDatePickerMode.Date
UIDatePickerMode.DateAndTime
UIDatePickerMode.Time
UIDatePickerMode.CountDownTimer
全体表示

        
//クラス宣言、関数読み込み一式のサンプルです

class ViewController: UIViewController {
    
    let dp:UIDatePicker = UIDatePicker();
    
    lazy var dateFormatter: NSDateFormatter = {
        let dateFormatter = NSDateFormatter()
        
        dateFormatter.dateStyle = .MediumStyle
        dateFormatter.timeStyle = .ShortStyle
        
        return dateFormatter
        }()
    
    override func viewDidLoad() {
        super.viewDidLoad()
        self.dp.datePickerMode = UIDatePickerMode.Time;
        self.dp.addTarget(self, action: "updateDatePickerLabel", forControlEvents: .ValueChanged);
        self.view.addSubview(self.dp);
    }
    func updateDatePickerLabel(){
        let datestr = dateFormatter.stringFromDate(self.dp.date);
        println(datestr);//Oct 23, 2014, 7:58 PMな風に出力されます。
    }
    override func didReceiveMemoryWarning() {
        super.didReceiveMemoryWarning()
    }

}

↓こんな記事もありますよ!

大阪都構想の橋下さんの鼻に誠意をもって顔認識処理で画鋲を刺す

先日大阪都構想でニュースがざわついておりましたが、 そこで自分が思っていたこと、なぜ鼻ピンしたのかを顔認識サンプルと誠意を込めて書き記してまいります。(※選挙ポスターに画鋲を刺す事や、そもそも「他人様」の画像を変更することがタブーな事を理解しつつの投稿です。問題がないかの問い合わせメールを送る予定です。画像はWikipediaからの引用です)

関数引数の参照渡し Inout

Swiftで参照だけを渡す(呼び出し元の変数の値を変更する)にはどうしたらよいのかな〜と調査していると、関数引数に参照渡しする方法でindexinoutという言葉があることを知りました。紹介いたします

UIFontのフォント一覧をWebViewで表示させてそれをキャプチャ保存する

文字フォントがわかっても実際の文字がわかりませんので、 WebViewに出力させて、その結果を端末のPhotoアルバムに保存させる処理をつくってみました
このエントリーをはてなブックマークに追加
右側のFacebookのLikeをクリック頂けると記事更新の際に通知されますので宜しければご利用下さい!