Swift転職なら=>【LevTech】
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大

頭痛が減ったので共有です!

rebuild.fmを応援しています!

HOME > UIDatePicker

UIDatePicker

UIDataPickerは日付けを選択するクラスです。

UILabelのクラス階層

NSObject

UIResponder

UIView

UICotrol

UIDatePicker

参考Appleサイト(英語): UIKit Framework Reference UIDatePicker Class Reference
参考Appleサイト(英語): UIDatePicker Using Swift iOS

UIDatePicker例文


//データビュー作成
let dp:UIDatePicker = UIDatePicker();
dp.datePickerMode = UIDatePickerMode.Time;//ここを変えればタイマーカウント等も作成できます。
dp.addTarget(self, action: "updateDatePickerLabel", forControlEvents: .ValueChanged);
self.view.addSubview(dp);
UIDatePickerMode.Date
UIDatePickerMode.DateAndTime
UIDatePickerMode.Time
UIDatePickerMode.CountDownTimer
全体表示

        
//クラス宣言、関数読み込み一式のサンプルです

class ViewController: UIViewController {
    
    let dp:UIDatePicker = UIDatePicker();
    
    lazy var dateFormatter: NSDateFormatter = {
        let dateFormatter = NSDateFormatter()
        
        dateFormatter.dateStyle = .MediumStyle
        dateFormatter.timeStyle = .ShortStyle
        
        return dateFormatter
        }()
    
    override func viewDidLoad() {
        super.viewDidLoad()
        self.dp.datePickerMode = UIDatePickerMode.Time;
        self.dp.addTarget(self, action: "updateDatePickerLabel", forControlEvents: .ValueChanged);
        self.view.addSubview(self.dp);
    }
    func updateDatePickerLabel(){
        let datestr = dateFormatter.stringFromDate(self.dp.date);
        println(datestr);//Oct 23, 2014, 7:58 PMな風に出力されます。
    }
    override func didReceiveMemoryWarning() {
        super.didReceiveMemoryWarning()
    }

}

↓こんな記事もありますよ!

カスタムクラスを作成時いつも忘れる。継承クラス作成時のメモ

カスタムクラスを作成する時いつもUIViewを継承する際のrequired Initの箇所でハマってしまうので覚書です。

UIButton

基本的なボタンを動的にコーディングだけで作成する説明をしています。

UIStepper

さて今回は基本のコンポーネントの一つStepper(メモリを少しずつ+とーで上下させるコントロール)を説明します。 単純なコントロールですのが、初期設定で、+と-が表示される優れものです。ただ、単調な為に記事にするのが面白くないので、 何度も申し訳ありませんが「ヒゲ」にフォーカスして、ヒゲを剃るStepper(ヒゲの量を調整する)を作成して説明してみます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
右側のFacebookのLikeをクリック頂けると記事更新の際に通知されますので宜しければご利用下さい!