Swift転職なら=>【LevTech】
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大

頭痛が減ったので共有です!

rebuild.fmを応援しています!

HOME > 正規表現はいつまでたっても慣れない

正規表現はいつまでたっても慣れない

一度理解したと思っても利用頻度が低いので忘れることが多い正規表現。昨日もふとした内容に迷ってハマってしまいました。今後の為にも正規表現が必要になった場合このページに追記していけたらと思います。

サンプル画像

参考:サルにもわかる正規表現入門
参考:swiftで正規表現使って抽出と置換をする
参考:正規表現による文字列の抽出(Swift)

やってみた


カッコ《》で囲まれた文字列を削除する(空白と置換する)


        let pattern = "《.*?》"
        let content = "私《わたし》はSwift《スウィフト》サラリーマンです"
        let replace = ""
        var replaceString:String! = content.stringByReplacingOccurrencesOfString(pattern, withString: replace, options: NSStringCompareOptions.RegularExpressionSearch, range: nil)
        println("\(replaceString)");
        
        

以下出力です


        私はSwiftサラリーマンです
        


カッコ《》で囲まれたか|の文字列を削除する(空白と置換する)


        let pattern = "(《.*?》||)"
        let content = "|私《わたし》は|Swift《スウィフト》サラリーマンです"
        let replace = ""
        var replaceString:String! = content.stringByReplacingOccurrencesOfString(pattern, withString: replace, options: NSStringCompareOptions.RegularExpressionSearch, range: nil)
        println("\(replaceString)");
        
        

以下出力です


        私はSwiftサラリーマンです
        

patternで()と|のどちらかであれば, replaceの空白と置換する。

まとめ

次ハマった時につかえますように、、、、。また迷ったら増やしてまいります。

↓こんな記事もありますよ!

GはGoogle他のアルファベットを勝手に妄想してみる

さて昨日はGoogleが衝撃的な発表でAlphabetという親会社をつくって、Googleはアルファベットの中のGがGoogleとの 位置づけで今後展開していくとの事。ネーミングもですが、今後の期待を大きく感じる、またわかりやすく好印象だったのか株価も 大きく上がったとのことでした。さて、その他残りのアルファベットはどんな風になるのかなぁと勝手に歩きながら妄想してみました。

Webブラウザをチラ見するWebabit

WebabitはWebブラウザをチラ見する為のアプリです。Notification CenterのToday Widegetでブラウザチェックしたり、 AppleWatchから確認したりできる、なんともいえない「ふーん」なアプリです

Backslashを忘れない

ショートカットキーで(\)を入力するには「optionキーを押しながら、¥キーを押す」で可能なのですが、 なにかと、あれ、、、なんだったっけ?と忘れる事が多かったので、バックスラッシュ拡大表示。
このエントリーをはてなブックマークに追加
右側のFacebookのLikeをクリック頂けると記事更新の際に通知されますので宜しければご利用下さい!