Swift転職なら=>【LevTech】
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大

頭痛が減ったので共有です!

rebuild.fmを応援しています!

HOME > UIColorを16進から取得

UIColorを16進から取得

UIColorを標準の方法で作成するとRGBを1.0 = 255として計算する必要がありますので面倒くさいです。 使わなかったらこんな感じ。

swift-salaryman.head.backgroundColor = UIColor(red: 0.5, green: 128/255.0, blue: 0.5, alpha: 1.0);

これだとPhotoshop等で「#34fg45」なんてカラーコードを利用しようと計算する必要がでてしまい面倒くさいです。 ということでカラーコードをそのまま16進数で利用できる方法を調べてみました。

参考:Color Codes(色をRGBの%でリストしているサイトです)

UIColorFromRGB

こちらにドンピシャな関数がありました。
参考:How to use UIColorFromRGB value in Swift


//UIntに16進で数値をいれるとUIColorが戻る関数
func UIColorFromRGB(rgbValue: UInt) -> UIColor {
    return UIColor(
        red: CGFloat((rgbValue & 0xFF0000) >> 16) / 255.0,
        green: CGFloat((rgbValue & 0x00FF00) >> 8) / 255.0,
        blue: CGFloat(rgbValue & 0x0000FF) / 255.0,
        alpha: CGFloat(1.0)
    )
}
//こんな感じで利用します。
view.backgroundColor = UIColorFromRGB(0x123456)

UIColorUtil.swift例文

UIColorUtil.swiftをダウンロードする。(ご自由にご利用ください)

上記を参考にしてswiftのユーティリティを作成しました。


import UIKit

struct UIColorUtil {
    static func rgb(rgbValue: UInt) -> UIColor {
    return UIColor(
        red: CGFloat((rgbValue & 0xFF0000) >> 16) / 255.0,
        green: CGFloat((rgbValue & 0x00FF00) >> 8) / 255.0,
        blue: CGFloat(rgbValue & 0x0000FF) / 255.0,
        alpha: CGFloat(1.0)
    )
}
}

//利用方法
let mycolor = UIColorUtil.rgb(0x123456);

Extentionにしていつでも利用できるようにする(追記:20141208)

上記はUtilityにして利用している状態ですが、これをUIColorのextensionとして事前にセットしておけば、いつでも今後利用できるようにもなります。
参考:How to use UIColorFromRGB value in Swift


参考:SwiftでHexColor(#34495eみたいなやつ)


//UIColorのextensionとして登録しておく
extension UIColor {
    class func hex (var hexStr : NSString, var alpha : CGFloat) -> UIColor {
        hexStr = hexStr.stringByReplacingOccurrencesOfString("#", withString: "")
        let scanner = NSScanner(string: hexStr)
        var color: UInt32 = 0
        if scanner.scanHexInt(&color) {
            let r = CGFloat((color & 0xFF0000) >> 16) / 255.0
            let g = CGFloat((color & 0x00FF00) >> 8) / 255.0
            let b = CGFloat(color & 0x0000FF) / 255.0
            return UIColor(red:r,green:g,blue:b,alpha:alpha)
        } else {
            print("invalid hex string")
            return UIColor.whiteColor();
        }
    }
}
//以下のような形で実行します。
UIColor.hex("45fb4b", alpha: 0.8)

extensionの登録方法は簡単で、swiftのファイルの中に上記のようなコードを貼り付けてプロジェクトに入れておくだけです。例えば、extentions.swiftというファイルを作成して それをプロジェクトの中に含めておくだけでUIColorに対して登録されたことになります。

画像からUIColorを取り出す (追記:2015/1/15)

ピクセル色探し

画像からピクセルの色情報取得 - ピクセルから色をゲット方法はこちらから!

↓こんな記事もありますよ!

関数引数の参照渡し Inout

Swiftで参照だけを渡す(呼び出し元の変数の値を変更する)にはどうしたらよいのかな〜と調査していると、関数引数に参照渡しする方法でindexinoutという言葉があることを知りました。紹介いたします

WatchKitでウォッチに簡単なラベルを表示してみる

前回の記事ではWatchKitのサンプルの画面キャプチャを紹介しましたので、今回は実際にプロジェクトの作成から簡単なラベルを表示する、 簡単な最初の第一歩までを説明します。AppleWatchの細かい説明は後にしてひとまず動作させてみます。

WatchKitでタイマーアプリを作成する。

簡単なアプリを作成しながらAppleWatchを学んでいきます。前回の記事で大まかな動きは理解できましたので、 つぎはAppleWatchとアプリとの連携をタイマー機能を利用して検証していきます
このエントリーをはてなブックマークに追加
右側のFacebookのLikeをクリック頂けると記事更新の際に通知されますので宜しければご利用下さい!