Swift転職なら=>【LevTech】
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大

頭痛が減ったので共有です!

rebuild.fmを応援しています!

HOME > NSURL

NSURL

ローカル画像や外部ネットワークを介してのデータにアクセスする際に利用するクラスです。

NSURLのクラス階層

NSObject

NSURL

参考Appleサイト(英語): Foundation Framework Reference NSURL Class Reference

NSURL例文


//URLからNSURLを生成する方法
let url = NSURL(string: "http://swift-salaryman.com/files/ossan1.jpg");

//ローカルファイルからNSURLを生成する方法(以下はプロジェクトに組み込んでいるhoge.htmlを読み込んだいます)
let url = NSURL(fileURLWithPath: NSBundle.mainBundle().pathForResource("hoge", ofType: "html"))

おまけ(2015/1/13)

パラメータ一覧です


        println("absoluteString : %", url.absoluteString);
        println("absoluteURL : %", url.absoluteURL);
        println("baseURL : %", url.baseURL);
        println("fragment : %", url.fragment);
        println("host : %", url.host);
        println("lastPathComponent : %", url.lastPathComponent);
        println("parameterString : %", url.parameterString);
        println("password : %", url.password);
        println("path : %", url.path);
        println("pathComponents : %", url.pathComponents);
        println("pathExtension : %", url.pathExtension);
        println("port : %", url.port);
        println("query : %", url.query);
        println("relativePath : %", url.relativePath);
        println("relativeString : %", url.relativeString);
        println("resourceSpecifier : %", url.resourceSpecifier);
        println("scheme : %", url.scheme);
        println("standardizedURL : %", url.standardizedURL);
        println("user : %", url.user);
        
        結果:
        (absoluteString : %, Optional("http://swift-salaryman.com/"))
        (absoluteURL : %, Optional(http://swift-salaryman.com/))
        (baseURL : %, nil)
        (fragment : %, nil)
        (host : %, Optional("swift-salaryman.com"))
        (lastPathComponent : %, Optional("/"))
        (parameterString : %, nil)
        (password : %, nil)
        (path : %, Optional("/"))
        (pathComponents : %, Optional([/]))
        (pathExtension : %, Optional(""))
        (port : %, nil)
        (query : %, nil)
        (relativePath : %, Optional("/"))
        (relativeString : %, Optional("http://swift-salaryman.com/"))
        (resourceSpecifier : %, Optional("//swift-salaryman.com/"))
        (scheme : %, Optional("http"))
        (standardizedURL : %, Optional(http://swift-salaryman.com/))
        (user : %, nil)
                

↓こんな記事もありますよ!

Pintoを1年利用してほんとにプログラマーの背筋がピンとなった(P!nto)

猫背どうにかならないかな、、、、。プログラマーとしての職業上日中8割9割は画面と押し問答している私は、 熱中すればするほど画面に食い入り知らず知らずに前のめりの姿勢に。姿勢が悪い、、、、分かってるんだけど、やめられない。

Rebuildfm(Poadcast)の技術話+オタ話が超絶に面白い、、、、、

去年の暮れ頃から聞いているPodcastを紹介します。IT企業の友人から「RebuldFM」が面白いよ〜と、私が Swiftサラリーマンを始めたことでSwiftの話をしてたら「知ってる知ってる」との話になって、どこで聞いたの? 「Rebuldfm」ってPodcastがあるんだよ、と。

AppleWatchでNotificationを受け取る。バイブでブルブル通知する。

どうやら現状はAppleWatchのバイブレーションパターンをカスタマイズできないようなのですが、Notificationを受け取る際に ブルブルする状態のようです。つきましては、NotificationをApp側で設定、AppleWatch側で受け取ってブルブルするサンプルを記載していきます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
右側のFacebookのLikeをクリック頂けると記事更新の際に通知されますので宜しければご利用下さい!