Swift転職なら=>【LevTech】
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大

頭痛が減ったので共有です!

rebuild.fmを応援しています!

HOME > NSURL

NSURL

ローカル画像や外部ネットワークを介してのデータにアクセスする際に利用するクラスです。

NSURLのクラス階層

NSObject

NSURL

参考Appleサイト(英語): Foundation Framework Reference NSURL Class Reference

NSURL例文


//URLからNSURLを生成する方法
let url = NSURL(string: "http://swift-salaryman.com/files/ossan1.jpg");

//ローカルファイルからNSURLを生成する方法(以下はプロジェクトに組み込んでいるhoge.htmlを読み込んだいます)
let url = NSURL(fileURLWithPath: NSBundle.mainBundle().pathForResource("hoge", ofType: "html"))

おまけ(2015/1/13)

パラメータ一覧です


        println("absoluteString : %", url.absoluteString);
        println("absoluteURL : %", url.absoluteURL);
        println("baseURL : %", url.baseURL);
        println("fragment : %", url.fragment);
        println("host : %", url.host);
        println("lastPathComponent : %", url.lastPathComponent);
        println("parameterString : %", url.parameterString);
        println("password : %", url.password);
        println("path : %", url.path);
        println("pathComponents : %", url.pathComponents);
        println("pathExtension : %", url.pathExtension);
        println("port : %", url.port);
        println("query : %", url.query);
        println("relativePath : %", url.relativePath);
        println("relativeString : %", url.relativeString);
        println("resourceSpecifier : %", url.resourceSpecifier);
        println("scheme : %", url.scheme);
        println("standardizedURL : %", url.standardizedURL);
        println("user : %", url.user);
        
        結果:
        (absoluteString : %, Optional("http://swift-salaryman.com/"))
        (absoluteURL : %, Optional(http://swift-salaryman.com/))
        (baseURL : %, nil)
        (fragment : %, nil)
        (host : %, Optional("swift-salaryman.com"))
        (lastPathComponent : %, Optional("/"))
        (parameterString : %, nil)
        (password : %, nil)
        (path : %, Optional("/"))
        (pathComponents : %, Optional([/]))
        (pathExtension : %, Optional(""))
        (port : %, nil)
        (query : %, nil)
        (relativePath : %, Optional("/"))
        (relativeString : %, Optional("http://swift-salaryman.com/"))
        (resourceSpecifier : %, Optional("//swift-salaryman.com/"))
        (scheme : %, Optional("http"))
        (standardizedURL : %, Optional(http://swift-salaryman.com/))
        (user : %, nil)
                

↓こんな記事もありますよ!

Array

SwiftではArrayとNSArray両方利用することができます。記事を統合しました。

NSFileManagerでAPP保存領域のデータ操作

ファイルやディレクトリ作成はなんとなく面倒くさいイメージがありましたが、この記事で少し自分の中で壁が低くなった気がします。 よろしければご利用くださいませ。

WatchKitでタイマーアプリを作成する。

簡単なアプリを作成しながらAppleWatchを学んでいきます。前回の記事で大まかな動きは理解できましたので、 つぎはAppleWatchとアプリとの連携をタイマー機能を利用して検証していきます
このエントリーをはてなブックマークに追加
右側のFacebookのLikeをクリック頂けると記事更新の際に通知されますので宜しければご利用下さい!