Swift転職なら=>【LevTech】
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大

頭痛が減ったので共有です!

rebuild.fmを応援しています!

HOME > NSURL

NSURL

ローカル画像や外部ネットワークを介してのデータにアクセスする際に利用するクラスです。

NSURLのクラス階層

NSObject

NSURL

参考Appleサイト(英語): Foundation Framework Reference NSURL Class Reference

NSURL例文


//URLからNSURLを生成する方法
let url = NSURL(string: "http://swift-salaryman.com/files/ossan1.jpg");

//ローカルファイルからNSURLを生成する方法(以下はプロジェクトに組み込んでいるhoge.htmlを読み込んだいます)
let url = NSURL(fileURLWithPath: NSBundle.mainBundle().pathForResource("hoge", ofType: "html"))

おまけ(2015/1/13)

パラメータ一覧です


        println("absoluteString : %", url.absoluteString);
        println("absoluteURL : %", url.absoluteURL);
        println("baseURL : %", url.baseURL);
        println("fragment : %", url.fragment);
        println("host : %", url.host);
        println("lastPathComponent : %", url.lastPathComponent);
        println("parameterString : %", url.parameterString);
        println("password : %", url.password);
        println("path : %", url.path);
        println("pathComponents : %", url.pathComponents);
        println("pathExtension : %", url.pathExtension);
        println("port : %", url.port);
        println("query : %", url.query);
        println("relativePath : %", url.relativePath);
        println("relativeString : %", url.relativeString);
        println("resourceSpecifier : %", url.resourceSpecifier);
        println("scheme : %", url.scheme);
        println("standardizedURL : %", url.standardizedURL);
        println("user : %", url.user);
        
        結果:
        (absoluteString : %, Optional("http://swift-salaryman.com/"))
        (absoluteURL : %, Optional(http://swift-salaryman.com/))
        (baseURL : %, nil)
        (fragment : %, nil)
        (host : %, Optional("swift-salaryman.com"))
        (lastPathComponent : %, Optional("/"))
        (parameterString : %, nil)
        (password : %, nil)
        (path : %, Optional("/"))
        (pathComponents : %, Optional([/]))
        (pathExtension : %, Optional(""))
        (port : %, nil)
        (query : %, nil)
        (relativePath : %, Optional("/"))
        (relativeString : %, Optional("http://swift-salaryman.com/"))
        (resourceSpecifier : %, Optional("//swift-salaryman.com/"))
        (scheme : %, Optional("http"))
        (standardizedURL : %, Optional(http://swift-salaryman.com/))
        (user : %, nil)
                

↓こんな記事もありますよ!

GはGoogle他のアルファベットを勝手に妄想してみる

さて昨日はGoogleが衝撃的な発表でAlphabetという親会社をつくって、Googleはアルファベットの中のGがGoogleとの 位置づけで今後展開していくとの事。ネーミングもですが、今後の期待を大きく感じる、またわかりやすく好印象だったのか株価も 大きく上がったとのことでした。さて、その他残りのアルファベットはどんな風になるのかなぁと勝手に歩きながら妄想してみました。

WatchKitでウォッチに簡単なラベルを表示してみる

前回の記事ではWatchKitのサンプルの画面キャプチャを紹介しましたので、今回は実際にプロジェクトの作成から簡単なラベルを表示する、 簡単な最初の第一歩までを説明します。AppleWatchの細かい説明は後にしてひとまず動作させてみます。

AppleWatchをNSFileCoordinatorとKeychainでデータ交換

前回の記事(ナターシャさんのサンプルデモを元に解説)の続きです。今記事はNSUserDefaultではなく、 NSFileCoordinatorとKeychain sharingを利用しての解説です。ナターシャさんのサンプルに関して前記事をご参照ください。
このエントリーをはてなブックマークに追加
右側のFacebookのLikeをクリック頂けると記事更新の際に通知されますので宜しければご利用下さい!