Swift転職なら=>【LevTech】
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大

頭痛が減ったので共有です!

rebuild.fmを応援しています!

HOME > UIView

UIView

UIViewクラスはビューを作成します。その中に画像やラベルを配置することができます。

UIViewのクラス階層

NSObject

UIResponder

UIView

参考Appleサイト(英語): UIKit Framework Reference UIView Class Reference

UIView例文


//View生成
let v:UIView = UIView(frame:CGRectMake(0, 0, 100, 100));
v.backgroundColor = UIColor(red: 1.0, green: 1.0, blue: 0.0, alpha: 1.0);
self.view.addSubview(v);

↓こんな記事もありますよ!

のんでいるくすり: 3.11震災時の体験から開発されたお薬アプリ。無料

今日は薬を便利にかつ守秘的にメモできるアプリのんでいる薬をご紹介します。 実はアプリレビューは初めて。 SwiftサラリーマンのFBページを経由して開発者でもあり薬剤師のBlueRoy(ブルーロワ・インク) Inc. のShige様とお知り合いになる事ができて、是非レビューさせて下さいと私からお願いした経緯で今回レビュー記事に繋がりました。 Shige様、快く了承頂き本当にありがとうございました!

関数引数の参照渡し Inout

Swiftで参照だけを渡す(呼び出し元の変数の値を変更する)にはどうしたらよいのかな〜と調査していると、関数引数に参照渡しする方法でindexinoutという言葉があることを知りました。紹介いたします

WatchKitでウォッチに簡単なラベルを表示してみる

前回の記事ではWatchKitのサンプルの画面キャプチャを紹介しましたので、今回は実際にプロジェクトの作成から簡単なラベルを表示する、 簡単な最初の第一歩までを説明します。AppleWatchの細かい説明は後にしてひとまず動作させてみます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
右側のFacebookのLikeをクリック頂けると記事更新の際に通知されますので宜しければご利用下さい!