Swift転職なら=>【LevTech】
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大

頭痛が減ったので共有です!

rebuild.fmを応援しています!

HOME > deinit

deinit

Objective-Cのdeallocと同じタイミングで実行される、クラスインスタンス解放時に呼ばれる関数です。Swiftにはdeallocがないので注意です。イベント監視の解除等、IO処理の閉じる処理等はこの関数内で実施してください。

参考:How to call deinit in Swift [duplicate]
参考:dealloc/deinit called early when using objc_setAssociatedObject in swift
参考:SwiftでのNSNotificationCenterの片付けはdeinitで
参考:dealloc in Swift

使い方

deinitを追記して利用します


class ViewController: UIViewController {

    override func viewDidLoad() {
        super.viewDidLoad()
        // Do any additional setup after loading the view, typically from a nib.
    }

    override func didReceiveMemoryWarning() {
        super.didReceiveMemoryWarning()
        // Dispose of any resources that can be recreated.
    }
    //以下のように追記
    deinit{
        //ここで解放処理
    }

}

この中で解放解除したい処理を記載してください

↓こんな記事もありますよ!

NSURLSessionでバックグラウンドで通信処理

NSURLConnectionの進化版のような立ち位置に私は感じております。アプリがバックグラウンドになっても通信処理を続けてくれる優れものです。 以前まではどうやら音声や位置情報だけに限られていましたが、このクラスによって大きなデータをユーザに気持ちよくDLしてもらうことも可能にです。

Typealiasをどうやって活用するのか

Typealiasって言葉、なんだややこしく見て見ないふりをしていましたが、 先日別の記事を書いた際にTypealiasの記述がありましたので、あらためて確認してみようと思います。まずaliasですが、 Macでショートカットを作成した時に記載される「エイリアス」です。ショートカットのようなものですので、 Typeのショートカット的な感覚で調査進めてまいります。

UIToolBar

画面の端っこに追加できるツールバーコントロール。アプリにピリッとアクセントを付けます。機能を追加したい時に便利です
このエントリーをはてなブックマークに追加
右側のFacebookのLikeをクリック頂けると記事更新の際に通知されますので宜しければご利用下さい!