Swift転職なら=>【LevTech】
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大

頭痛が減ったので共有です!

rebuild.fmを応援しています!

HOME > UIActivityIndicatorView

UIActivityIndicatorView

iOSでローディングをする簡単な方法は標準のインディケータを表示する方法です。画面中央でぐるぐる回ります。

サンプル画像

参考:024 UIActivityIndicatorの表示
参考:UIActivityIndicatorView - アクティビティインディケーター

やってみた

簡単なクラスを作成してみました。これをLoadingProxy.swiftとしてプロジェクトに保存してください。 (上記のサンプルと同じで角丸の視覚でグレー背景で半透明(0.8)のサンプルです。)


import UIKit

struct LoadingProxy{
    
    static var myActivityIndicator: UIActivityIndicatorView!
    
    static func set(v:UIViewController){
        self.myActivityIndicator = UIActivityIndicatorView()
        self.myActivityIndicator.frame = CGRectMake(0, 0, 50, 50)
        self.myActivityIndicator.center = v.view.center
        self.myActivityIndicator.hidesWhenStopped = false
        self.myActivityIndicator.activityIndicatorViewStyle = UIActivityIndicatorViewStyle.White
        self.myActivityIndicator.backgroundColor = UIColor.grayColor();
        self.myActivityIndicator.layer.masksToBounds = true
        self.myActivityIndicator.layer.cornerRadius = 5.0;
        self.myActivityIndicator.layer.opacity = 0.8;
        v.view.addSubview(self.myActivityIndicator);
        
        self.off();
    }
    static func on(){
        myActivityIndicator.startAnimating();
        myActivityIndicator.hidden = false;
    }
    static func off(){
        myActivityIndicator.stopAnimating();
        myActivityIndicator.hidden = true;
        
    }
    
}

こちらを追加した状態で、ViewControllerに以下を追加します。


import UIKit

class ViewController: UIViewController {
    
    override func viewDidLoad() {
        super.viewDidLoad()
        
        LoadingProxy.set(self); //表示する親をセット
        LoadingProxy.on();//ローディング表示。非表示にする場合はoff
    }
    
    override func didReceiveMemoryWarning() {
        super.didReceiveMemoryWarning()
    }
}

まとめ

手をこったローディングにこだわらないのならこれでも十分活用できそうです。

↓こんな記事もありますよ!

アプリを常にActiveにForegroundにした状態で写真を撮影できるか

写真は音をたてないと撮影できなかったり不便なことが多いのでできるのかよくわかりませんので検証

WatchKitでウォッチに簡単なラベルを表示してみる

前回の記事ではWatchKitのサンプルの画面キャプチャを紹介しましたので、今回は実際にプロジェクトの作成から簡単なラベルを表示する、 簡単な最初の第一歩までを説明します。AppleWatchの細かい説明は後にしてひとまず動作させてみます。

AppleWatchとiPhone連携をナターシャさんのデモを参考に調査

先日Swiftサラリーマンに関してTwitterでつぶやいてくださっていたまっちょさん に教えていただいたAppleWatchアプリ作成に関する海外のWatchKitのナターシャさんの記事(Architecting Your App for the Apple Watch)を教えていただきました、 動画やプレゼンもあり英語でしたがサンプルコードも付いていて分かりやすかったです!
このエントリーをはてなブックマークに追加
右側のFacebookのLikeをクリック頂けると記事更新の際に通知されますので宜しければご利用下さい!