Swift転職なら=>【LevTech】
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大

頭痛が減ったので共有です!

rebuild.fmを応援しています!

HOME > UIActivityIndicatorView

UIActivityIndicatorView

iOSでローディングをする簡単な方法は標準のインディケータを表示する方法です。画面中央でぐるぐる回ります。

サンプル画像

参考:024 UIActivityIndicatorの表示
参考:UIActivityIndicatorView - アクティビティインディケーター

やってみた

簡単なクラスを作成してみました。これをLoadingProxy.swiftとしてプロジェクトに保存してください。 (上記のサンプルと同じで角丸の視覚でグレー背景で半透明(0.8)のサンプルです。)


import UIKit

struct LoadingProxy{
    
    static var myActivityIndicator: UIActivityIndicatorView!
    
    static func set(v:UIViewController){
        self.myActivityIndicator = UIActivityIndicatorView()
        self.myActivityIndicator.frame = CGRectMake(0, 0, 50, 50)
        self.myActivityIndicator.center = v.view.center
        self.myActivityIndicator.hidesWhenStopped = false
        self.myActivityIndicator.activityIndicatorViewStyle = UIActivityIndicatorViewStyle.White
        self.myActivityIndicator.backgroundColor = UIColor.grayColor();
        self.myActivityIndicator.layer.masksToBounds = true
        self.myActivityIndicator.layer.cornerRadius = 5.0;
        self.myActivityIndicator.layer.opacity = 0.8;
        v.view.addSubview(self.myActivityIndicator);
        
        self.off();
    }
    static func on(){
        myActivityIndicator.startAnimating();
        myActivityIndicator.hidden = false;
    }
    static func off(){
        myActivityIndicator.stopAnimating();
        myActivityIndicator.hidden = true;
        
    }
    
}

こちらを追加した状態で、ViewControllerに以下を追加します。


import UIKit

class ViewController: UIViewController {
    
    override func viewDidLoad() {
        super.viewDidLoad()
        
        LoadingProxy.set(self); //表示する親をセット
        LoadingProxy.on();//ローディング表示。非表示にする場合はoff
    }
    
    override func didReceiveMemoryWarning() {
        super.didReceiveMemoryWarning()
    }
}

まとめ

手をこったローディングにこだわらないのならこれでも十分活用できそうです。

↓こんな記事もありますよ!

UITabBarController

スマホ画面下にタブが出てきて画面を切り替えできるUITabBarViewControllerクラスです。UITabBarItemの記事を追加しましたがUITabbarの記事がなかったので追加しました。(※目のチカチカにご注意ください。)

UITableViewCellをプログラムで動的に作成する

UITableViewをStoryboardで作成する方法は結構ありますが、プログラムだけで作成するサンプルが少なかったので共有します。

AppleWatchをNSFileCoordinatorとKeychainでデータ交換

前回の記事(ナターシャさんのサンプルデモを元に解説)の続きです。今記事はNSUserDefaultではなく、 NSFileCoordinatorとKeychain sharingを利用しての解説です。ナターシャさんのサンプルに関して前記事をご参照ください。
このエントリーをはてなブックマークに追加
右側のFacebookのLikeをクリック頂けると記事更新の際に通知されますので宜しければご利用下さい!