Swift転職なら=>【LevTech】
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大

頭痛が減ったので共有です!

rebuild.fmを応援しています!

HOME > 'UIWindow?' does not have a member named 'Layer'の対応の対応の対応

'UIWindow?' does not have a member named 'Layer'の対応の対応

以下不備にハマったのでメモ。サンプルソースをコピーしているとよく発生するのでメモ。Appleの仕様変更で元来の型からオプショナル型に変わった場合等に必要と思われます。 ほぼ同じ投稿をerror002.phpで自分でアップしているので全く成長していないようでした。orz。覚えずらい、、、、


//この行でUIWindow?にはLayerが無いとのエラー。ちなみにkeyWindowがUIWindow。
let layer = UIApplication.sharedApplication().keyWindow.layer

以下のようにラップしてあげると解決します。UIWindowはSDK最新版ではオプショナル型なのに、sharedApplication()のkeyWindowは以前のまま通常のクラス表記だった場合に発生しているようです。 なので、こういったエラーがでたらまず「?』をつけて様子をみましょう、、、


let layer = UIApplication.sharedApplication().keyWindow?.layer

いつまでこれに悩まされるのか、、、

↓こんな記事もありますよ!

LawsonのWifiが6月1日からPCでも利用可能?+Wifi通信状態確認

店員さんに 聞くと「いままではアプリ経由でスマホだけだったんですが、パソコンでもいけるみたいですね〜」とあまり興味がない感じで 答えをいただいたのですが、僕の中ではショッキング。嬉しさで内心ソワソワしておりました。

UIImage

中年サラリーマンが画像をローカルやURLやあんな所からアクセスして表示するサンプルを説明しております。

UIStepper

さて今回は基本のコンポーネントの一つStepper(メモリを少しずつ+とーで上下させるコントロール)を説明します。 単純なコントロールですのが、初期設定で、+と-が表示される優れものです。ただ、単調な為に記事にするのが面白くないので、 何度も申し訳ありませんが「ヒゲ」にフォーカスして、ヒゲを剃るStepper(ヒゲの量を調整する)を作成して説明してみます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
右側のFacebookのLikeをクリック頂けると記事更新の際に通知されますので宜しければご利用下さい!