Swift転職なら=>【LevTech】
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大

頭痛が減ったので共有です!

rebuild.fmを応援しています!

HOME > 'UIWindow?' does not have a member named 'Layer'の対応の対応の対応

'UIWindow?' does not have a member named 'Layer'の対応の対応

以下不備にハマったのでメモ。サンプルソースをコピーしているとよく発生するのでメモ。Appleの仕様変更で元来の型からオプショナル型に変わった場合等に必要と思われます。 ほぼ同じ投稿をerror002.phpで自分でアップしているので全く成長していないようでした。orz。覚えずらい、、、、


//この行でUIWindow?にはLayerが無いとのエラー。ちなみにkeyWindowがUIWindow。
let layer = UIApplication.sharedApplication().keyWindow.layer

以下のようにラップしてあげると解決します。UIWindowはSDK最新版ではオプショナル型なのに、sharedApplication()のkeyWindowは以前のまま通常のクラス表記だった場合に発生しているようです。 なので、こういったエラーがでたらまず「?』をつけて様子をみましょう、、、


let layer = UIApplication.sharedApplication().keyWindow?.layer

いつまでこれに悩まされるのか、、、

↓こんな記事もありますよ!

大阪都構想の橋下さんの鼻に誠意をもって顔認識処理で画鋲を刺す

先日大阪都構想でニュースがざわついておりましたが、 そこで自分が思っていたこと、なぜ鼻ピンしたのかを顔認識サンプルと誠意を込めて書き記してまいります。(※選挙ポスターに画鋲を刺す事や、そもそも「他人様」の画像を変更することがタブーな事を理解しつつの投稿です。問題がないかの問い合わせメールを送る予定です。画像はWikipediaからの引用です)

UIActivityIndicatorView

iOSでローディングをする簡単な方法は標準のインディケータを表示する方法です。画面中央でぐるぐる回ります。

UIToolBar

画面の端っこに追加できるツールバーコントロール。アプリにピリッとアクセントを付けます。機能を追加したい時に便利です
このエントリーをはてなブックマークに追加
右側のFacebookのLikeをクリック頂けると記事更新の際に通知されますので宜しければご利用下さい!