Swift転職なら=>【LevTech】
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大

頭痛が減ったので共有です!

rebuild.fmを応援しています!

HOME > 'UIWindow?' does not have a member named 'Layer'の対応の対応の対応

'UIWindow?' does not have a member named 'Layer'の対応の対応

以下不備にハマったのでメモ。サンプルソースをコピーしているとよく発生するのでメモ。Appleの仕様変更で元来の型からオプショナル型に変わった場合等に必要と思われます。 ほぼ同じ投稿をerror002.phpで自分でアップしているので全く成長していないようでした。orz。覚えずらい、、、、


//この行でUIWindow?にはLayerが無いとのエラー。ちなみにkeyWindowがUIWindow。
let layer = UIApplication.sharedApplication().keyWindow.layer

以下のようにラップしてあげると解決します。UIWindowはSDK最新版ではオプショナル型なのに、sharedApplication()のkeyWindowは以前のまま通常のクラス表記だった場合に発生しているようです。 なので、こういったエラーがでたらまず「?』をつけて様子をみましょう、、、


let layer = UIApplication.sharedApplication().keyWindow?.layer

いつまでこれに悩まされるのか、、、

↓こんな記事もありますよ!

Array

SwiftではArrayとNSArray両方利用することができます。記事を統合しました。

Pre特殊文字難民

記事を書いている時によくつまずくことがあります。preでコードを表示する際に、 カッコを使うと文章が消えてしまったり、ドルマークの変数が表示できなかったり。その度に検索して探しているのでサイトの中に入れてしまいます。 以前のバックスラッシュもそうですが、こういった特殊文字難民対策のページにしておきます。

SwiftData+SqliteのDBファイル保存+Libraryフォルダから読込

さて、私の目標は事前に作成したSqliteのDBファイルをSwiftDataで読み込むことですので、その一連の作業を以下説明してまいります。
このエントリーをはてなブックマークに追加
右側のFacebookのLikeをクリック頂けると記事更新の際に通知されますので宜しければご利用下さい!