Swift転職なら=>【LevTech】
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大

頭痛が減ったので共有です!

rebuild.fmを応援しています!

HOME > 'UIWindow?' does not have a member named 'Layer'の対応の対応の対応

'UIWindow?' does not have a member named 'Layer'の対応の対応

以下不備にハマったのでメモ。サンプルソースをコピーしているとよく発生するのでメモ。Appleの仕様変更で元来の型からオプショナル型に変わった場合等に必要と思われます。 ほぼ同じ投稿をerror002.phpで自分でアップしているので全く成長していないようでした。orz。覚えずらい、、、、


//この行でUIWindow?にはLayerが無いとのエラー。ちなみにkeyWindowがUIWindow。
let layer = UIApplication.sharedApplication().keyWindow.layer

以下のようにラップしてあげると解決します。UIWindowはSDK最新版ではオプショナル型なのに、sharedApplication()のkeyWindowは以前のまま通常のクラス表記だった場合に発生しているようです。 なので、こういったエラーがでたらまず「?』をつけて様子をみましょう、、、


let layer = UIApplication.sharedApplication().keyWindow?.layer

いつまでこれに悩まされるのか、、、

↓こんな記事もありますよ!

Backslashを忘れない

ショートカットキーで(\)を入力するには「optionキーを押しながら、¥キーを押す」で可能なのですが、 なにかと、あれ、、、なんだったっけ?と忘れる事が多かったので、バックスラッシュ拡大表示。

CoreTextでTextViewの一文字の向きを変える(#2)

さて、サンプルそのままだと面白くないので、本日6月から開始する自転車規制強化 にのっかったサンプル<自転車の転だけ横に曲げる>にしてみます。(14歳以上が対象。自転車のイヤホン装着や片手走行、 酔っ払い運転、歩道運転、片手スマホ、、、、今まで誰もがやり通してきたことが「逮捕や補導の対象」となるようです。赤切符もきられる ようになるとのことで、自転車に酔っ払ってのって自動車の免停なんかになりかね無いので注意です)

AppleWatchをNSFileCoordinatorとKeychainでデータ交換

前回の記事(ナターシャさんのサンプルデモを元に解説)の続きです。今記事はNSUserDefaultではなく、 NSFileCoordinatorとKeychain sharingを利用しての解説です。ナターシャさんのサンプルに関して前記事をご参照ください。
このエントリーをはてなブックマークに追加
右側のFacebookのLikeをクリック頂けると記事更新の際に通知されますので宜しければご利用下さい!