Swift転職なら=>【LevTech】
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大

頭痛が減ったので共有です!

rebuild.fmを応援しています!

HOME > NSNumber

NSNumber

NSNumberクラス。Objective-Cでは多用しましたが、SwiftではIntをよく使います

NSNumberのクラス階層

NSObject

NSValue

NSNumber

参考Appleサイト(英語): Foundation Framework Reference NSNumber Class Reference

NSNumber例文


//NSNumber生成
var hoge :NSNumber = NSNumber();
hoge = 1234567890;

コンソール表示:
hoge    __NSCFNumber *  Int64(1234567890)   0xb000000499602d23

var hoge :NSNumber = NSNumber();
hoge = 0.1234567890;

コンソール表示:
hoge    __NSCFNumber *  Double(0.123457)    0x00007fa733c35120

私の環境ではNSNumberを宣言して整数を入力すると、Int64としてデータが保存されていました。
小数点をいれるとDoubleとしてデータが保存されていました。NSFCNumberクラスがNSNumberの実体?なのでしょうか。

↓こんな記事もありますよ!

Webブラウザをチラ見するWebabit

WebabitはWebブラウザをチラ見する為のアプリです。Notification CenterのToday Widegetでブラウザチェックしたり、 AppleWatchから確認したりできる、なんともいえない「ふーん」なアプリです

UITabBarItem

タブバーを利用した時にアイコンがデフォルトのものだけでは物足りなかったのでフリー素材でよさそうなサイトがあったので共有です。 500個も魅力的でオーソドックスで使いやすいアイコン盛りたくさん。

URLエンコードとデコード

サーバとデータのやりとりをしているとURLエンコードしないと文字化けしちゃったりと問題がでる場合があります。 phpのurlencodeやurldecodeと連携させる場合等、Swift側でどうやってエンコードすれば良いかの方法を記載しております
このエントリーをはてなブックマークに追加
右側のFacebookのLikeをクリック頂けると記事更新の際に通知されますので宜しければご利用下さい!