Swift転職なら=>【LevTech】
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大

頭痛が減ったので共有です!

rebuild.fmを応援しています!

HOME > NSNumber

NSNumber

NSNumberクラス。Objective-Cでは多用しましたが、SwiftではIntをよく使います

NSNumberのクラス階層

NSObject

NSValue

NSNumber

参考Appleサイト(英語): Foundation Framework Reference NSNumber Class Reference

NSNumber例文


//NSNumber生成
var hoge :NSNumber = NSNumber();
hoge = 1234567890;

コンソール表示:
hoge    __NSCFNumber *  Int64(1234567890)   0xb000000499602d23

var hoge :NSNumber = NSNumber();
hoge = 0.1234567890;

コンソール表示:
hoge    __NSCFNumber *  Double(0.123457)    0x00007fa733c35120

私の環境ではNSNumberを宣言して整数を入力すると、Int64としてデータが保存されていました。
小数点をいれるとDoubleとしてデータが保存されていました。NSFCNumberクラスがNSNumberの実体?なのでしょうか。

↓こんな記事もありますよ!

大阪都構想の橋下さんの鼻に誠意をもって顔認識処理で画鋲を刺す

先日大阪都構想でニュースがざわついておりましたが、 そこで自分が思っていたこと、なぜ鼻ピンしたのかを顔認識サンプルと誠意を込めて書き記してまいります。(※選挙ポスターに画鋲を刺す事や、そもそも「他人様」の画像を変更することがタブーな事を理解しつつの投稿です。問題がないかの問い合わせメールを送る予定です。画像はWikipediaからの引用です)

NSThreadでスレッド処理を行う

タイマー処理と同様に利用できるスレッドの処理です。NSTimerではヒゲがのびたサンプルでしたので眉毛の濃くなるサンプルにしてみます。ただ、どうやらThread処理は 推奨されておらず、dispatch_queueを使用するべきのようです。

WatchKitでウォッチに簡単なラベルを表示してみる

前回の記事ではWatchKitのサンプルの画面キャプチャを紹介しましたので、今回は実際にプロジェクトの作成から簡単なラベルを表示する、 簡単な最初の第一歩までを説明します。AppleWatchの細かい説明は後にしてひとまず動作させてみます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
右側のFacebookのLikeをクリック頂けると記事更新の際に通知されますので宜しければご利用下さい!