Swift転職なら=>【LevTech】
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大

頭痛が減ったので共有です!

rebuild.fmを応援しています!

HOME > NSNumber

NSNumber

NSNumberクラス。Objective-Cでは多用しましたが、SwiftではIntをよく使います

NSNumberのクラス階層

NSObject

NSValue

NSNumber

参考Appleサイト(英語): Foundation Framework Reference NSNumber Class Reference

NSNumber例文


//NSNumber生成
var hoge :NSNumber = NSNumber();
hoge = 1234567890;

コンソール表示:
hoge    __NSCFNumber *  Int64(1234567890)   0xb000000499602d23

var hoge :NSNumber = NSNumber();
hoge = 0.1234567890;

コンソール表示:
hoge    __NSCFNumber *  Double(0.123457)    0x00007fa733c35120

私の環境ではNSNumberを宣言して整数を入力すると、Int64としてデータが保存されていました。
小数点をいれるとDoubleとしてデータが保存されていました。NSFCNumberクラスがNSNumberの実体?なのでしょうか。

↓こんな記事もありますよ!

CoreTextでTextViewの一文字の向きを変える(#2)

さて、サンプルそのままだと面白くないので、本日6月から開始する自転車規制強化 にのっかったサンプル<自転車の転だけ横に曲げる>にしてみます。(14歳以上が対象。自転車のイヤホン装着や片手走行、 酔っ払い運転、歩道運転、片手スマホ、、、、今まで誰もがやり通してきたことが「逮捕や補導の対象」となるようです。赤切符もきられる ようになるとのことで、自転車に酔っ払ってのって自動車の免停なんかになりかね無いので注意です)

メモリの動きとポインタ

Swiftとポインターはあまり縁がないのかなと思っていたのですが、開発を進めていると 時々このUnsafePointerの名前を見ることがあります。本日はこのPointerが何を表しているかを調査してみます。

AppleWatchのアプリ登録が開始されました、開発部分を少し翻訳

ItunesconnectにもAppleWatchのアイコン やスクリーンショットが登録できる画面が追加されています。あと24日、登録予定している人は審査を考えても後10日程度ではないでしょうか。 スタートダッシュに追いつくには今が頑張りどころなのかもしれません!
このエントリーをはてなブックマークに追加
右側のFacebookのLikeをクリック頂けると記事更新の際に通知されますので宜しければご利用下さい!