Swift転職なら=>【LevTech】
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大

頭痛が減ったので共有です!

rebuild.fmを応援しています!

HOME > NSNumber

NSNumber

NSNumberクラス。Objective-Cでは多用しましたが、SwiftではIntをよく使います

NSNumberのクラス階層

NSObject

NSValue

NSNumber

参考Appleサイト(英語): Foundation Framework Reference NSNumber Class Reference

NSNumber例文


//NSNumber生成
var hoge :NSNumber = NSNumber();
hoge = 1234567890;

コンソール表示:
hoge    __NSCFNumber *  Int64(1234567890)   0xb000000499602d23

var hoge :NSNumber = NSNumber();
hoge = 0.1234567890;

コンソール表示:
hoge    __NSCFNumber *  Double(0.123457)    0x00007fa733c35120

私の環境ではNSNumberを宣言して整数を入力すると、Int64としてデータが保存されていました。
小数点をいれるとDoubleとしてデータが保存されていました。NSFCNumberクラスがNSNumberの実体?なのでしょうか。

↓こんな記事もありますよ!

新しくなったLawsonの無料WiFiを試してみた

ネットでローソン無料Wifiを調べていたのですがネットを接続するにはアプリが必要との誤情報が多かった(今まではアプリが必要だった)ですが、2015年の6月からはアプリの必要ありません。 Wifiで接続して登録すればPCからでも利用できました。手順を記載してまいります。

UIToolBar

画面の端っこに追加できるツールバーコントロール。アプリにピリッとアクセントを付けます。機能を追加したい時に便利です

AppleWatchをNSFileCoordinatorとKeychainでデータ交換

前回の記事(ナターシャさんのサンプルデモを元に解説)の続きです。今記事はNSUserDefaultではなく、 NSFileCoordinatorとKeychain sharingを利用しての解説です。ナターシャさんのサンプルに関して前記事をご参照ください。
このエントリーをはてなブックマークに追加
右側のFacebookのLikeをクリック頂けると記事更新の際に通知されますので宜しければご利用下さい!