Swift転職なら=>【LevTech】
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大

頭痛が減ったので共有です!

rebuild.fmを応援しています!

HOME > NSNumber

NSNumber

NSNumberクラス。Objective-Cでは多用しましたが、SwiftではIntをよく使います

NSNumberのクラス階層

NSObject

NSValue

NSNumber

参考Appleサイト(英語): Foundation Framework Reference NSNumber Class Reference

NSNumber例文


//NSNumber生成
var hoge :NSNumber = NSNumber();
hoge = 1234567890;

コンソール表示:
hoge    __NSCFNumber *  Int64(1234567890)   0xb000000499602d23

var hoge :NSNumber = NSNumber();
hoge = 0.1234567890;

コンソール表示:
hoge    __NSCFNumber *  Double(0.123457)    0x00007fa733c35120

私の環境ではNSNumberを宣言して整数を入力すると、Int64としてデータが保存されていました。
小数点をいれるとDoubleとしてデータが保存されていました。NSFCNumberクラスがNSNumberの実体?なのでしょうか。

↓こんな記事もありますよ!

LawsonのWifiが6月1日からPCでも利用可能?+Wifi通信状態確認

店員さんに 聞くと「いままではアプリ経由でスマホだけだったんですが、パソコンでもいけるみたいですね〜」とあまり興味がない感じで 答えをいただいたのですが、僕の中ではショッキング。嬉しさで内心ソワソワしておりました。

String

StringとNSStringどちらを利用することもできますが、、、

アップルWatchから親アプリケーションへデータ送信

前回の記事では実機上で親アプリケーションからAppleWatchにイベントを送るのができなかった。 Notificationでできるはずなのですが、動作してくれなかった、、、、、。今回はいったん逆の時計から親アプリへのデータ送信の方法サンプルサイト をQiita様の中の記事でみつけましたので検証してみます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
右側のFacebookのLikeをクリック頂けると記事更新の際に通知されますので宜しければご利用下さい!