Swift転職なら=>【LevTech】
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大

頭痛が減ったので共有です!

rebuild.fmを応援しています!

HOME > [NSObject : AnyObject]?' does not have a member named 'subscript'の対応

AnyObject does not have a member named 'subscript'の対応

配列が混じったオプショナル型のエラー対応方法。以下不備にハマったのでメモ。サンプルソースをコピーしているとよく発生するのでメモ。どうやらSwiftのバージョンアップでAPIの仕様が変わっているようで、オプショナル型に変わった場合等に必要と思われます。

参考: [NSObject : AnyObject]?' does not have a member named 'subscript' error in Xcode 6 beta 6


//2行目のitemがオプショナルなのでエラー。びっくりマークをつけても回避できない
var item : NSExtensionItem = self.extensionContext!.inputItems[0] as NSExtensionItem
var itemProvider : NSItemProvider = item.attachments[0] as NSItemProvider

以下のようにラップしてあげると解決します。


var item : NSExtensionItem = self.extensionContext!.inputItems[0] as NSExtensionItem
var attachments = item.attachments!;
var itemProvider : NSItemProvider = attachments[0] as NSItemProvider

今後もSwiftが成長していく中で多くなりそうなエラーです。

↓こんな記事もありますよ!

GはGoogle他のアルファベットを勝手に妄想してみる

さて昨日はGoogleが衝撃的な発表でAlphabetという親会社をつくって、Googleはアルファベットの中のGがGoogleとの 位置づけで今後展開していくとの事。ネーミングもですが、今後の期待を大きく感じる、またわかりやすく好印象だったのか株価も 大きく上がったとのことでした。さて、その他残りのアルファベットはどんな風になるのかなぁと勝手に歩きながら妄想してみました。

CoreTextをイラストで理解してみる

上記がAppleのCoreText説明に記載されているイラスト図ですが正直よくわかりません。文章を三角や丸等の領域に表示したり、一行だけ表示したり、一文字だけ表示したり、 と様々な使い方ができるようです。

UIFontのフォント一覧をWebViewで表示させてそれをキャプチャ保存する

文字フォントがわかっても実際の文字がわかりませんので、 WebViewに出力させて、その結果を端末のPhotoアルバムに保存させる処理をつくってみました
このエントリーをはてなブックマークに追加
右側のFacebookのLikeをクリック頂けると記事更新の際に通知されますので宜しければご利用下さい!