Swift転職なら=>【LevTech】
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大

頭痛が減ったので共有です!

rebuild.fmを応援しています!

HOME > [NSObject : AnyObject]?' does not have a member named 'subscript'の対応

AnyObject does not have a member named 'subscript'の対応

配列が混じったオプショナル型のエラー対応方法。以下不備にハマったのでメモ。サンプルソースをコピーしているとよく発生するのでメモ。どうやらSwiftのバージョンアップでAPIの仕様が変わっているようで、オプショナル型に変わった場合等に必要と思われます。

参考: [NSObject : AnyObject]?' does not have a member named 'subscript' error in Xcode 6 beta 6


//2行目のitemがオプショナルなのでエラー。びっくりマークをつけても回避できない
var item : NSExtensionItem = self.extensionContext!.inputItems[0] as NSExtensionItem
var itemProvider : NSItemProvider = item.attachments[0] as NSItemProvider

以下のようにラップしてあげると解決します。


var item : NSExtensionItem = self.extensionContext!.inputItems[0] as NSExtensionItem
var attachments = item.attachments!;
var itemProvider : NSItemProvider = attachments[0] as NSItemProvider

今後もSwiftが成長していく中で多くなりそうなエラーです。

↓こんな記事もありますよ!

SQLiteを使いたい。ラッパーを検証してみる。(#2)

前回の記事でSQLiteのラッパのRMDB, SWiftData,SQLite.swiftの検証をトライしまいたが、時間の問題で頓挫してしまいましたので続きです。 。ある程度準備が完了しましたので、それぞれのサンプルを動かしてみてみようと思います。InsertとSelectとインストール感を比較してみます。

UINavigationController

TabBarとUITableViewControllerを利用して一つのUIViewControllerだけをクリックすると右にスライドするUINavigationControlerを 利用したサンプルを記載します。というのも、AppDelegate内でUINavigationをself.windowのrootviewcontrollerにセットする 方法は多々あったのですが、AppDelegate内を利用しないでNavigationを実装する方法がなくハマっていましたのでを以下記載します

AppleWatchのアプリ登録が開始されました、開発部分を少し翻訳

ItunesconnectにもAppleWatchのアイコン やスクリーンショットが登録できる画面が追加されています。あと24日、登録予定している人は審査を考えても後10日程度ではないでしょうか。 スタートダッシュに追いつくには今が頑張りどころなのかもしれません!
このエントリーをはてなブックマークに追加
右側のFacebookのLikeをクリック頂けると記事更新の際に通知されますので宜しければご利用下さい!