Swift転職なら=>【LevTech】
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大

頭痛が減ったので共有です!

rebuild.fmを応援しています!

HOME > presentViewControllerで画面遷移下からビョーン

presentViewControllerで画面遷移下からビョーン

下からビョーンとUIViewControllerを出す方法を記載します。この処理も多用していたのですがこのHPになかったので追記しました。 Navigationと連動させた横へシャーと移動するスライドの関数(pop)とは違うので注意です。

サンプル画像サンプル画像

参考:徒然Swiftメモ(画面遷移編)
参考:[iOS8] Swiftでdelegateを使ったモーダル間の値渡し

やってみた


        let v:HogehogeViewController = HogehogeViewController();
        self.presentViewController(v, animated: true, completion: nil)
        

これだけでHogehogeViewControllerクラスが作成されたターゲット(上の例ならselfの上に表示されます)注意するのは、 viewDidLoad等に追加してしまうとまだself作成が完了していないのでエラーになることです。デフォルトでは下からビョーンとアニメーションされますが、 これを停止することや、別のアニメーションに切り替えることも可能です。

カスタマイズ

ビョーンと出てくるアニメーションは複数あります。


        let v:HogehogeViewController = HogehogeViewController();
       v.modalTransitionStyle = UIModalTransitionStyle.FlipHorizontal
        self.presentViewController(v, animated: true, completion: nil)
        
CoverVertical サンプル画像
FlipHorizontal サンプル画像
CrossDissolve サンプル画像
PartialCurl サンプル画像

まとめ

アニメーションの違いのgifの精度が悪すぎて変化がわかりませんね、、、、ナビゲーション時のpopは別記事にて対応いたします。

↓こんな記事もありますよ!

GはGoogle他のアルファベットを勝手に妄想してみる

さて昨日はGoogleが衝撃的な発表でAlphabetという親会社をつくって、Googleはアルファベットの中のGがGoogleとの 位置づけで今後展開していくとの事。ネーミングもですが、今後の期待を大きく感じる、またわかりやすく好印象だったのか株価も 大きく上がったとのことでした。さて、その他残りのアルファベットはどんな風になるのかなぁと勝手に歩きながら妄想してみました。

アイコン一括作成サービス紹介

アプリのアイコンを作るのは手間で面倒くさい。と、思いながらPhotoshopで一つ一つサイズを変えて作っていたのですが、 簡単につくれるサービスやっぱりありました。Macのスクリプトだったり、Webサービスだったりと揃っていましたので共有します。

ScrollViewで横スクロールしつつ2指でPinch Zoom

前回のScrollView記事ではスワイプするサンプルを記載しましたが、今回は横スクロールしつつ各ページでは二つ指によるズームの方法を検証します。
このエントリーをはてなブックマークに追加
右側のFacebookのLikeをクリック頂けると記事更新の際に通知されますので宜しければご利用下さい!