Swift転職なら=>【LevTech】
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大

頭痛が減ったので共有です!

rebuild.fmを応援しています!

HOME > 文字列分割に関して

文字列分割に関して(phpのsplit的な)

仕事ではPHPを利用しているのでSwiftでsplit的な文字列を分割する際にいつも迷っていましたので記事にしました。 もう数多く出回っている処理ですが、改めて整理として記載します。ただ、どうやらSwift 2 からsplitが拡張されて新しい分割方法もあるようなので、 それも確認してみます。

参考:【Swift】文字列→特定の文字で区切って配列にする方法(RubyやJSのsplit的な)。
参考:Swiftで文字列の分割と連結 (split & join)
参考:[Swift] 文字列の分割
参考:Swift: Split a String into an array

やってみた

よく使うsplitに近い方法(componentsSeparatedByString)


var hoge: String = "Swift-Salaryman";
var hogeArr = hoge.componentsSeparatedByString("-");
print (hogeArr[0])// Swift
print (hogeArr[1])// Salaryman

サンプル画像



こんな方法も(componentsSeparatedByCharactersInSet)



let separators = NSCharacterSet(charactersInString: "-")
var hoge: String = "Swift-Salaryman";
var hogeArr = hoge.componentsSeparatedByCharactersInSet(separators)
print (hogeArr[0])// Swift
print (hogeArr[1])// Salaryman

サンプル画像



Swift 2+XCode7.0ならこんな方法も



let hoge = "Swift-Salaryman"
let hogeArr = hoge.characters.split{$0 == "-"}.map(String.init)
print (hogeArr[0])// Swift
print (hogeArr[1])// Salaryman

サンプル画像

まとめ

一番楽なのはcomponentsSeparatedByStringが書く文字数が少ないので嬉しいですが、メソッドの名称を短くしてほしいです。

↓こんな記事もありますよ!

新しくなったLawsonの無料WiFiを試してみた

ネットでローソン無料Wifiを調べていたのですがネットを接続するにはアプリが必要との誤情報が多かった(今まではアプリが必要だった)ですが、2015年の6月からはアプリの必要ありません。 Wifiで接続して登録すればPCからでも利用できました。手順を記載してまいります。

AppleWatchとiPhone連携をナターシャさんのデモを参考に調査

先日Swiftサラリーマンに関してTwitterでつぶやいてくださっていたまっちょさん に教えていただいたAppleWatchアプリ作成に関する海外のWatchKitのナターシャさんの記事(Architecting Your App for the Apple Watch)を教えていただきました、 動画やプレゼンもあり英語でしたがサンプルコードも付いていて分かりやすかったです!

WWDC2015で面白い発表があるのかワクワクしてみる。

OS9の発表だったり、 iPadでアプリを分割して複数表示できたり、Apple Payがカナダに対応したり(それはどうでもいいですかね、、、)、 盛りだくさん。Appleファンには たまらない色んな新情報が色々でてきていますのでその中で私がきになる情報をフォーカスして少し調査してみます。 Swift関連もあるようですので共有してまいります。
このエントリーをはてなブックマークに追加
右側のFacebookのLikeをクリック頂けると記事更新の際に通知されますので宜しければご利用下さい!