Swift転職なら=>【LevTech】
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大

頭痛が減ったので共有です!

rebuild.fmを応援しています!

HOME > 文字列分割に関して

文字列分割に関して(phpのsplit的な)

仕事ではPHPを利用しているのでSwiftでsplit的な文字列を分割する際にいつも迷っていましたので記事にしました。 もう数多く出回っている処理ですが、改めて整理として記載します。ただ、どうやらSwift 2 からsplitが拡張されて新しい分割方法もあるようなので、 それも確認してみます。

参考:【Swift】文字列→特定の文字で区切って配列にする方法(RubyやJSのsplit的な)。
参考:Swiftで文字列の分割と連結 (split & join)
参考:[Swift] 文字列の分割
参考:Swift: Split a String into an array

やってみた

よく使うsplitに近い方法(componentsSeparatedByString)


var hoge: String = "Swift-Salaryman";
var hogeArr = hoge.componentsSeparatedByString("-");
print (hogeArr[0])// Swift
print (hogeArr[1])// Salaryman

サンプル画像



こんな方法も(componentsSeparatedByCharactersInSet)



let separators = NSCharacterSet(charactersInString: "-")
var hoge: String = "Swift-Salaryman";
var hogeArr = hoge.componentsSeparatedByCharactersInSet(separators)
print (hogeArr[0])// Swift
print (hogeArr[1])// Salaryman

サンプル画像



Swift 2+XCode7.0ならこんな方法も



let hoge = "Swift-Salaryman"
let hogeArr = hoge.characters.split{$0 == "-"}.map(String.init)
print (hogeArr[0])// Swift
print (hogeArr[1])// Salaryman

サンプル画像

まとめ

一番楽なのはcomponentsSeparatedByStringが書く文字数が少ないので嬉しいですが、メソッドの名称を短くしてほしいです。

↓こんな記事もありますよ!

CoreTextでTextViewの一文字の向きを変える(解決前)

TextViewの文字を縦書きにしたいなぁと考えている時にCoreTextとNSMutableAttributedStringの二つのどちらかなら実装できそう。CoreTextを利用してトライして無理ならAttributedStringをトライしてみます。

NSURLSessionでバックグラウンドで通信処理

NSURLConnectionの進化版のような立ち位置に私は感じております。アプリがバックグラウンドになっても通信処理を続けてくれる優れものです。 以前まではどうやら音声や位置情報だけに限られていましたが、このクラスによって大きなデータをユーザに気持ちよくDLしてもらうことも可能にです。

WatchKitでウォッチに簡単なラベルを表示してみる

前回の記事ではWatchKitのサンプルの画面キャプチャを紹介しましたので、今回は実際にプロジェクトの作成から簡単なラベルを表示する、 簡単な最初の第一歩までを説明します。AppleWatchの細かい説明は後にしてひとまず動作させてみます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
右側のFacebookのLikeをクリック頂けると記事更新の際に通知されますので宜しければご利用下さい!