Swift転職なら=>【LevTech】
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大

頭痛が減ったので共有です!

rebuild.fmを応援しています!

HOME > WebViewのuseragentを切り替える

WebViewのuseragentを切り替える

忘れないようにメモ。UIWebViewからウェブ上のサイトにアクセスした際、モバイルのUseragentがヘッダに含まれず通常のPC表示されます。 モバイル表示される為の簡単なNSUserDefaultsを利用した方法。二行でOK。ヘッダーを直接変更する方法もあるようですが、これだと簡単です。

参考:Does UIWebView send the same User-Agent in the Request Headers as mobile Safari?


//UserAgentをモバイルに設定する  
NSUserDefaults.standardUserDefaults().setObject("User-Agent: Mozilla/5.0 (iPad; U; CPU OS 4_3_2 like Mac OS X; en-us) AppleWebKit/533.17.9 (KHTML, like Gecko) Version/5.0.2 Mobile/8H7 Safari", forKey:"UserAgent");
NSUserDefaults.standardUserDefaults().synchronize();
                        

↓こんな記事もありますよ!

Facebook SDKを試してみる(ログイン)

さて、前回記事でSDKをダウンロードした状態ですので、プロジェクトに追加してみましょう。 SDKがインストールされたDirectoryへ移動します。必要なSDKはFBSDKCoreKit.fraweworkなので、何個かその他frameworkはありますが、 それだけをプロジェクトにドラッグしてみましょう。

デバッグ時とリリース時に処理を変更する#ifdef DEBUG のやり方

DEBUG時だけ特定の動作をさせて、リリース時に排除したい、そんな時に利用する方法です。Swiftでは標準ではDEBUGとリリースの判断がつかないので、 コンパイル時に設定する必要があります

NSURLSessionでバックグラウンドで通信処理

NSURLConnectionの進化版のような立ち位置に私は感じております。アプリがバックグラウンドになっても通信処理を続けてくれる優れものです。 以前まではどうやら音声や位置情報だけに限られていましたが、このクラスによって大きなデータをユーザに気持ちよくDLしてもらうことも可能にです。
このエントリーをはてなブックマークに追加
右側のFacebookのLikeをクリック頂けると記事更新の際に通知されますので宜しければご利用下さい!