Swift転職なら=>【LevTech】
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大

頭痛が減ったので共有です!

rebuild.fmを応援しています!

HOME > WebViewのuseragentを切り替える

WebViewのuseragentを切り替える

忘れないようにメモ。UIWebViewからウェブ上のサイトにアクセスした際、モバイルのUseragentがヘッダに含まれず通常のPC表示されます。 モバイル表示される為の簡単なNSUserDefaultsを利用した方法。二行でOK。ヘッダーを直接変更する方法もあるようですが、これだと簡単です。

参考:Does UIWebView send the same User-Agent in the Request Headers as mobile Safari?


//UserAgentをモバイルに設定する  
NSUserDefaults.standardUserDefaults().setObject("User-Agent: Mozilla/5.0 (iPad; U; CPU OS 4_3_2 like Mac OS X; en-us) AppleWebKit/533.17.9 (KHTML, like Gecko) Version/5.0.2 Mobile/8H7 Safari", forKey:"UserAgent");
NSUserDefaults.standardUserDefaults().synchronize();
                        

↓こんな記事もありますよ!

Array

SwiftではArrayとNSArray両方利用することができます。記事を統合しました。

UIImage

中年サラリーマンが画像をローカルやURLやあんな所からアクセスして表示するサンプルを説明しております。

WatchKitでタイマーアプリを作成する。

簡単なアプリを作成しながらAppleWatchを学んでいきます。前回の記事で大まかな動きは理解できましたので、 つぎはAppleWatchとアプリとの連携をタイマー機能を利用して検証していきます
このエントリーをはてなブックマークに追加
右側のFacebookのLikeをクリック頂けると記事更新の際に通知されますので宜しければご利用下さい!