Swift転職なら=>【LevTech】
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大

頭痛が減ったので共有です!

rebuild.fmを応援しています!

HOME > アクセスコントロール

fileprivateやopenという新しいアクセスコントロール

Swift3から色々かわります。宣言名長いなぁとの最初の印象でした。fileprivateやopen、新しい宣言です。どうやら ファイル内に限定されたfileprivate宣言。従来のprivate変数は関数内等の{}で囲まれた変数になるようです。

openはSwift2までのpublicと同じ挙動で、publicがサブクラスできなくなるクラスとなります。(つまりSwift2のFinalは サブクラスを制限する書式でしたので、Public Final => public, Public -> Open と変化しています。)

確かに今までは関数内の変数宣言もprivateでクラスで宣言されているのもprivateでしたので、差分を明確に するためかと思われます。

サンプル画像

open > public > internal > fileprivate > privte

  • open: symbol visible outside the current module(モジュールの外からでもアクセスできる+継承できる)
  • public: symbol visible outside the current module(モジュールの外からでもアクセスできる+継承できない)
  • internal: symbol visible within the current module(モジュールの中からのみアクセスできる)
  • fileprivate: symbol visible within the current file(宣言したファイル内だけアクセスできる)
  • private: symbol visible within the current declaration(宣言した定義の中だけアクセスできる)

参考:Scoped Access Level
参考:Swift 3.0 をいまから学ぶ Swift Evolution ウォッチング
参考:#22 Swift 3 Access Control (Xcode 8 Beta 6)
参考:What is the 'open' keyword in Swift?

やってみた

IBM Swift SandboxはSwift3.0ですので試してみました。privateとfileprivateの自分の認識が間違っていないのか試してみます。


private var test_private = 1
fileprivate var test_fileprivate = 2

func testFunction(){
    print(test_private);
    print(test_fileprivate);
}

testFunction()

サンプル画像

コンパイルエラーなく通った!? test_privateだけアクセスできないエラーがでるかとの予想だったのですが違うのか、、、つきましては、 私の認識が現時点では間違っていました。fileprivateのスコープとprivateのスコープはどう違うのだろうか、、、

まとめ

もう少しつっこんで再トライ。fileprivateの認識がずれているのがわかりました。

↓こんな記事もありますよ!

GはGoogle他のアルファベットを勝手に妄想してみる

さて昨日はGoogleが衝撃的な発表でAlphabetという親会社をつくって、Googleはアルファベットの中のGがGoogleとの 位置づけで今後展開していくとの事。ネーミングもですが、今後の期待を大きく感じる、またわかりやすく好印象だったのか株価も 大きく上がったとのことでした。さて、その他残りのアルファベットはどんな風になるのかなぁと勝手に歩きながら妄想してみました。

大阪都構想の橋下さんの鼻に誠意をもって顔認識処理で画鋲を刺す

先日大阪都構想でニュースがざわついておりましたが、 そこで自分が思っていたこと、なぜ鼻ピンしたのかを顔認識サンプルと誠意を込めて書き記してまいります。(※選挙ポスターに画鋲を刺す事や、そもそも「他人様」の画像を変更することがタブーな事を理解しつつの投稿です。問題がないかの問い合わせメールを送る予定です。画像はWikipediaからの引用です)

WatchKitでAppleWatch開発

AppleのティムクックCEOがAppleWatchの発売が2015年4月と発表しましたね!あと2ヶ月ですので、本日からWatchKitを重点的に記事を記載していってアプリを 同時に開発してけたらと思います。
このエントリーをはてなブックマークに追加
右側のFacebookのLikeをクリック頂けると記事更新の際に通知されますので宜しければご利用下さい!