Swift転職なら=>【LevTech】
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大

頭痛が減ったので共有です!

rebuild.fmを応援しています!

HOME > アクセスコントロール

fileprivateやopenという新しいアクセスコントロール

Swift3から色々かわります。宣言名長いなぁとの最初の印象でした。fileprivateやopen、新しい宣言です。どうやら ファイル内に限定されたfileprivate宣言。従来のprivate変数は関数内等の{}で囲まれた変数になるようです。

openはSwift2までのpublicと同じ挙動で、publicがサブクラスできなくなるクラスとなります。(つまりSwift2のFinalは サブクラスを制限する書式でしたので、Public Final => public, Public -> Open と変化しています。)

確かに今までは関数内の変数宣言もprivateでクラスで宣言されているのもprivateでしたので、差分を明確に するためかと思われます。

サンプル画像

open > public > internal > fileprivate > privte

  • open: symbol visible outside the current module(モジュールの外からでもアクセスできる+継承できる)
  • public: symbol visible outside the current module(モジュールの外からでもアクセスできる+継承できない)
  • internal: symbol visible within the current module(モジュールの中からのみアクセスできる)
  • fileprivate: symbol visible within the current file(宣言したファイル内だけアクセスできる)
  • private: symbol visible within the current declaration(宣言した定義の中だけアクセスできる)

参考:Scoped Access Level
参考:Swift 3.0 をいまから学ぶ Swift Evolution ウォッチング
参考:#22 Swift 3 Access Control (Xcode 8 Beta 6)
参考:What is the 'open' keyword in Swift?

やってみた

IBM Swift SandboxはSwift3.0ですので試してみました。privateとfileprivateの自分の認識が間違っていないのか試してみます。


private var test_private = 1
fileprivate var test_fileprivate = 2

func testFunction(){
    print(test_private);
    print(test_fileprivate);
}

testFunction()

サンプル画像

コンパイルエラーなく通った!? test_privateだけアクセスできないエラーがでるかとの予想だったのですが違うのか、、、つきましては、 私の認識が現時点では間違っていました。fileprivateのスコープとprivateのスコープはどう違うのだろうか、、、

まとめ

もう少しつっこんで再トライ。fileprivateの認識がずれているのがわかりました。

↓こんな記事もありますよ!

CoreTextをイラストで理解してみる

上記がAppleのCoreText説明に記載されているイラスト図ですが正直よくわかりません。文章を三角や丸等の領域に表示したり、一行だけ表示したり、一文字だけ表示したり、 と様々な使い方ができるようです。

UITextViewやらで縦書きができないか検証

「文字の縦書き」をやってみたいのですが、どうもUITextView等には設定が無いとのことです。 調べていると、本当にない?のかな。少し調査して作れそうなもんであればつくってみれたら、、、との気持ちで進めてみます。

UITabBarItem

タブバーを利用した時にアイコンがデフォルトのものだけでは物足りなかったのでフリー素材でよさそうなサイトがあったので共有です。 500個も魅力的でオーソドックスで使いやすいアイコン盛りたくさん。
このエントリーをはてなブックマークに追加
右側のFacebookのLikeをクリック頂けると記事更新の際に通知されますので宜しければご利用下さい!