Swift転職なら=>【LevTech】
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大

頭痛が減ったので共有です!

rebuild.fmを応援しています!

HOME > UIViewからUIImage

UIViewからUIImageを出力

 

Objective-Cではよく利用されていたかと思うのですが、Swiftでサンプルコードがなかったので以下追加しておきます。よろしければご利用ください.
参考:How to capture UIView to UIImage without loss of quality on retina display

getUIImageFromUIView


        //UIImageをUIViewから取得する変換関数
          func getUIImageFromUIView(myUIView:UIView) ->UIImage
          {
                UIGraphicsBeginImageContextWithOptions(myUIView.frame.size, true, 0);//必要なサイズ確保
                let context:CGContextRef = UIGraphicsGetCurrentContext();
                CGContextTranslateCTM(context, -myUIView.frame.origin.x, -myUIView.frame.origin.y);
                myUIView.layer.renderInContext(context);
                let renderedImage:UIImage = UIGraphicsGetImageFromCurrentImageContext();
                UIGraphicsEndImageContext();
                return renderedImage;
         }
        var myHogeView = getUIImageFromUIView(hoge_view);
        

↓こんな記事もありますよ!

Facebook SDKを試してみる(調査)

先日ひょんなところからFacebookSDKの事を教えていただき、興味が足裏からフツフツと湧き出てまいりましたので本日調査してみます。

UIActivityIndicatorView

iOSでローディングをする簡単な方法は標準のインディケータを表示する方法です。画面中央でぐるぐる回ります。

UITabBarItem

タブバーを利用した時にアイコンがデフォルトのものだけでは物足りなかったのでフリー素材でよさそうなサイトがあったので共有です。 500個も魅力的でオーソドックスで使いやすいアイコン盛りたくさん。
このエントリーをはてなブックマークに追加
右側のFacebookのLikeをクリック頂けると記事更新の際に通知されますので宜しければご利用下さい!