Swift転職なら=>【LevTech】
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大

頭痛が減ったので共有です!

rebuild.fmを応援しています!

HOME > UIViewからUIImage

UIViewからUIImageを出力

 

Objective-Cではよく利用されていたかと思うのですが、Swiftでサンプルコードがなかったので以下追加しておきます。よろしければご利用ください.
参考:How to capture UIView to UIImage without loss of quality on retina display

getUIImageFromUIView


        //UIImageをUIViewから取得する変換関数
          func getUIImageFromUIView(myUIView:UIView) ->UIImage
          {
                UIGraphicsBeginImageContextWithOptions(myUIView.frame.size, true, 0);//必要なサイズ確保
                let context:CGContextRef = UIGraphicsGetCurrentContext();
                CGContextTranslateCTM(context, -myUIView.frame.origin.x, -myUIView.frame.origin.y);
                myUIView.layer.renderInContext(context);
                let renderedImage:UIImage = UIGraphicsGetImageFromCurrentImageContext();
                UIGraphicsEndImageContext();
                return renderedImage;
         }
        var myHogeView = getUIImageFromUIView(hoge_view);
        

↓こんな記事もありますよ!

Facebook SDKを試してみる(ログイン)

さて、前回記事でSDKをダウンロードした状態ですので、プロジェクトに追加してみましょう。 SDKがインストールされたDirectoryへ移動します。必要なSDKはFBSDKCoreKit.fraweworkなので、何個かその他frameworkはありますが、 それだけをプロジェクトにドラッグしてみましょう。

Typealiasをどうやって活用するのか

Typealiasって言葉、なんだややこしく見て見ないふりをしていましたが、 先日別の記事を書いた際にTypealiasの記述がありましたので、あらためて確認してみようと思います。まずaliasですが、 Macでショートカットを作成した時に記載される「エイリアス」です。ショートカットのようなものですので、 Typeのショートカット的な感覚で調査進めてまいります。

WWDC2015で面白い発表があるのかワクワクしてみる。

OS9の発表だったり、 iPadでアプリを分割して複数表示できたり、Apple Payがカナダに対応したり(それはどうでもいいですかね、、、)、 盛りだくさん。Appleファンには たまらない色んな新情報が色々でてきていますのでその中で私がきになる情報をフォーカスして少し調査してみます。 Swift関連もあるようですので共有してまいります。
このエントリーをはてなブックマークに追加
右側のFacebookのLikeをクリック頂けると記事更新の際に通知されますので宜しければご利用下さい!