Swift転職なら=>【LevTech】
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大

頭痛が減ったので共有です!

rebuild.fmを応援しています!

HOME > UIViewからUIImage

UIViewからUIImageを出力

 

Objective-Cではよく利用されていたかと思うのですが、Swiftでサンプルコードがなかったので以下追加しておきます。よろしければご利用ください.
参考:How to capture UIView to UIImage without loss of quality on retina display

getUIImageFromUIView


        //UIImageをUIViewから取得する変換関数
          func getUIImageFromUIView(myUIView:UIView) ->UIImage
          {
                UIGraphicsBeginImageContextWithOptions(myUIView.frame.size, true, 0);//必要なサイズ確保
                let context:CGContextRef = UIGraphicsGetCurrentContext();
                CGContextTranslateCTM(context, -myUIView.frame.origin.x, -myUIView.frame.origin.y);
                myUIView.layer.renderInContext(context);
                let renderedImage:UIImage = UIGraphicsGetImageFromCurrentImageContext();
                UIGraphicsEndImageContext();
                return renderedImage;
         }
        var myHogeView = getUIImageFromUIView(hoge_view);
        

↓こんな記事もありますよ!

Pintoを1年利用してほんとにプログラマーの背筋がピンとなった(P!nto)

猫背どうにかならないかな、、、、。プログラマーとしての職業上日中8割9割は画面と押し問答している私は、 熱中すればするほど画面に食い入り知らず知らずに前のめりの姿勢に。姿勢が悪い、、、、分かってるんだけど、やめられない。

NSThreadでスレッド処理を行う

タイマー処理と同様に利用できるスレッドの処理です。NSTimerではヒゲがのびたサンプルでしたので眉毛の濃くなるサンプルにしてみます。ただ、どうやらThread処理は 推奨されておらず、dispatch_queueを使用するべきのようです。

AppleWatchをNSFileCoordinatorとKeychainでデータ交換

前回の記事(ナターシャさんのサンプルデモを元に解説)の続きです。今記事はNSUserDefaultではなく、 NSFileCoordinatorとKeychain sharingを利用しての解説です。ナターシャさんのサンプルに関して前記事をご参照ください。
このエントリーをはてなブックマークに追加
右側のFacebookのLikeをクリック頂けると記事更新の際に通知されますので宜しければご利用下さい!