Swift転職なら=>【LevTech】
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大

頭痛が減ったので共有です!

rebuild.fmを応援しています!

HOME > UIViewからUIImage

UIViewからUIImageを出力

 

Objective-Cではよく利用されていたかと思うのですが、Swiftでサンプルコードがなかったので以下追加しておきます。よろしければご利用ください.
参考:How to capture UIView to UIImage without loss of quality on retina display

getUIImageFromUIView


        //UIImageをUIViewから取得する変換関数
          func getUIImageFromUIView(myUIView:UIView) ->UIImage
          {
                UIGraphicsBeginImageContextWithOptions(myUIView.frame.size, true, 0);//必要なサイズ確保
                let context:CGContextRef = UIGraphicsGetCurrentContext();
                CGContextTranslateCTM(context, -myUIView.frame.origin.x, -myUIView.frame.origin.y);
                myUIView.layer.renderInContext(context);
                let renderedImage:UIImage = UIGraphicsGetImageFromCurrentImageContext();
                UIGraphicsEndImageContext();
                return renderedImage;
         }
        var myHogeView = getUIImageFromUIView(hoge_view);
        

↓こんな記事もありますよ!

関数引数の参照渡し Inout

Swiftで参照だけを渡す(呼び出し元の変数の値を変更する)にはどうしたらよいのかな〜と調査していると、関数引数に参照渡しする方法でindexinoutという言葉があることを知りました。紹介いたします

presentViewControllerで画面遷移下からビョーン

下からビョーンとUIViewControllerを出す方法を記載します。この処理も多用していたのですがこのHPになかったので追記しました。 Navigationと連動させた横へシャーと移動するスライドの関数(pop)とは違うので注意です。

RSSリーダで利用するAPIを検証してみる

ニュースアプリの様なRSSを表示させたいのですがXMLを処理するAPIが数点存在するようです。 Swiftにあったものを見つけ出せたらと思います。
このエントリーをはてなブックマークに追加
右側のFacebookのLikeをクリック頂けると記事更新の際に通知されますので宜しければご利用下さい!