Swift転職なら=>【LevTech】
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大

頭痛が減ったので共有です!

rebuild.fmを応援しています!

HOME > URLエンコードとデコード

URLエンコードとデコード

サーバとデータのやりとりをしているとURLエンコードしないと文字化けしちゃったりと問題がでる場合があります。 phpのurlencodeやurldecodeと連携させる場合等、Swift側でどうやってエンコードすれば良いかの方法を記載しております。

参考:文字列を URLエンコード・URLデコードする
参考:SwiftでURLエンコードする
参考:Objective-c iPhone percent encode a string?

やってみた

エンコード


     let testString = "Swiftサラリーマンですよ! テストです。";
     let encodedString = testString.stringByAddingPercentEncodingWithAllowedCharacters(NSCharacterSet.URLQueryAllowedCharacterSet())

     

デコード


     let testString = ""Swift%E3%82%B5%E3%83%A9%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%81%A7%E3%81%99%E3%82%88%EF%BC%81%E3%80%80%E3%83%86%E3%82%B9%E3%83%88%E3%81%A7%E3%81%99%E3%80%82"";
     let decodedString = testString!.stringByRemovingPercentEncoding;
     


     let testString = "Swiftサラリーマンですよ! テストです。";
        
     let encodedString = testString.stringByAddingPercentEncodingWithAllowedCharacters(NSCharacterSet.URLQueryAllowedCharacterSet())
     let decodedString = encodedString!.stringByRemovingPercentEncoding;
        
     println("\(encodedString) -> \(decodedString)");
     

上記を実行すると以下になります


Optional("Swift%E3%82%B5%E3%83%A9%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%
83%9E%E3%83%B3%E3%81%A7%E3%81%99%E3%82%88%EF%BC%81%E3%80
%80%E3%83%86%E3%82%B9%E3%83%88%E3%81%A7%E3%
81%99%E3%80%82") -> Optional("Swiftサラリーマンですよ! テストです。")

エンコードすると日本語が意味不明な文字列になります。

カスタマイズ

encodeを二回かけて2回decodeするとどうなるのかやってみました。


        let testString = "Swiftサラリーマンですよ! テストです。";
        
        let encodedString = testString.stringByAddingPercentEncodingWithAllowedCharacters(NSCharacterSet.URLQueryAllowedCharacterSet())
        let encodedString2 = encodedString!.stringByAddingPercentEncodingWithAllowedCharacters(NSCharacterSet.URLQueryAllowedCharacterSet())
        let decodedString = encodedString2!.stringByRemovingPercentEncoding;
        let decodedString2 = decodedString!.stringByRemovingPercentEncoding;
        
        println("\(encodedString) -> \(encodedString2) -> \(decodedString) -> \(decodedString2) ");
     

これを実行してみます


Optional("Swift%E3%82%B5%E3%83%A9%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%
83%9E%E3%83%B3%E3%81%A7%E3%81%99%E3%82%88%EF%BC%81%E3%
80%80%E3%83%86%E3%82%B9%E3%83%88%E3%81%A7%E3%81%99%E
3%80%82") -> 
Optional("Swift%25E3%2582%25B5%25E3%2583%25A9%25E3%258
3%25AA%25E3%2583%25BC%25E3%2583%259E%25E3%2583%25B3%25
E3%2581%25A7%25E3%2581%2599%25E3%2582%2588%25EF%25BC%
2581%25E3%2580%2580%25E3%2583%2586%25E3%2582%25B9%25E3
%2583%2588%25E3%2581%25A7%25E3%2581%2599%25E
3%2580%2582") -> 
Optional("Swift%E3%82%B5%E3%83%A9%E3%83%AA%E3%83%BC%E3
%83%9E%E3%83%B3%E3%81%A7%E3%81%99%E3%82%88%EF%BC%81%E
3%80%80%E3%83%86%E3%82%B9%E3%83%88%E3%81%A7%E3%81%99%
E3%80%82") -> Optional("Swiftサラリーマンですよ! テストです。") 

二回encodeして、二回デコードしたらちゃんと戻りました。当たり前なのかもですが、ちょっとびっくりしました!

まとめ

iOS7以前は違う処理になりますので、その場合は上記の参考リンクをご参照ください。

↓こんな記事もありますよ!

デバッグ時とリリース時に処理を変更する#ifdef DEBUG のやり方

DEBUG時だけ特定の動作をさせて、リリース時に排除したい、そんな時に利用する方法です。Swiftでは標準ではDEBUGとリリースの判断がつかないので、 コンパイル時に設定する必要があります

LawsonのWifiが6月1日からPCでも利用可能?+Wifi通信状態確認

店員さんに 聞くと「いままではアプリ経由でスマホだけだったんですが、パソコンでもいけるみたいですね〜」とあまり興味がない感じで 答えをいただいたのですが、僕の中ではショッキング。嬉しさで内心ソワソワしておりました。

AppleWatchとiPhone連携をナターシャさんのデモを参考に調査

先日Swiftサラリーマンに関してTwitterでつぶやいてくださっていたまっちょさん に教えていただいたAppleWatchアプリ作成に関する海外のWatchKitのナターシャさんの記事(Architecting Your App for the Apple Watch)を教えていただきました、 動画やプレゼンもあり英語でしたがサンプルコードも付いていて分かりやすかったです!
このエントリーをはてなブックマークに追加
右側のFacebookのLikeをクリック頂けると記事更新の際に通知されますので宜しければご利用下さい!