Swift転職なら=>【LevTech】
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大

頭痛が減ったので共有です!

rebuild.fmを応援しています!

HOME > GameCenterのGKScoreでスコア送信

GameCenterのGKScoreでスコア送信

ゲームセンターにログインしている状態でスコアをサーバへ送信します。先にLocalplayerでログインする必要がありますが、自分でサーバを運営しないでサーバを管理できるので便利
参考(英語):“A GKScore must specify a leaderboard.”
参考(日本語):“【ios7版】GameCenterのランキング表示、スコア送信を実装する”

サンプル構文


//GameCenterのサーバにスコアを送信する処理です
var score:GKScore = GKScore();
score.value = Int64(送信する値をここに入力);
score.leaderboardIdentifier = リーダボードのIDをここに入力;
var scoreArr:[GKScore] = [score];

GKScore.reportScores(scoreArr, withCompletionHandler:{(error:NSError!) -> Void in
    if( (error != nil)){
        println("reportScore NG");
    }else{
        println("reportScore OK");
    }
    
});

※注意①:上記実施前にはGKLocalPlayerにてログイン処理を行ってください。ログイン済前提の処理です。
※注意②:スコア送信は一人が何度更新しても上書き反映されず別の人がアップした時点で切り替わるようです。
参考(英語):GKScore doesn't reporting scores

GKScoreUtil例文

GKScoreUtil.swiftをダウンロードする。(ご自由にご利用ください)

import UIKit
import GameKit

struct GKScoreUtil {
    
    static func reportScores(value:Int, leaderboardid:String){
        var score:GKScore = GKScore();
        score.value = Int64(value);
        score.leaderboardIdentifier = leaderboardid;
        var scoreArr:[GKScore] = [score];
        GKScore.reportScores(scoreArr, withCompletionHandler:{(error:NSError!) -> Void in
            if( (error != nil)){
                println("reportScore NG");
            }else{
                println("reportScore OK");
            }
        });
        
    }
}

//利用方法
GKScoreUtil.reportScore(12345, leaderboardid: "585u4ffjp");

↓こんな記事もありますよ!

2Dバーコードをスキャンする

なんと2Dバーコード読み込み機能はAVFoundationに実装されています。GitHubにbowstさんが公開しているシンプルなソースがあったので共有です

カスタムクラスを作成時いつも忘れる。継承クラス作成時のメモ

カスタムクラスを作成する時いつもUIViewを継承する際のrequired Initの箇所でハマってしまうので覚書です。

UIPageControlでペラペラめくるチュートリアル画面を作成する

UIPageControllでiOSアプリ初回起動時にのみ表示される, ペラペラめくるチュートリアル機能の説明です。プロジェクト作成時にPage-Basedを選ぶと作成することはできるのですが、既存のアプリに追加するには気がので、 既に作成したアプリに初回一回だけ表示するチュートリアルを解説します
このエントリーをはてなブックマークに追加
右側のFacebookのLikeをクリック頂けると記事更新の際に通知されますので宜しければご利用下さい!