Swift転職なら=>【LevTech】
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大

頭痛が減ったので共有です!

rebuild.fmを応援しています!

HOME > RemotoNotifications

RemoteNotifications

動的にサーバからiPhone端末にPush通知を送る解説を行います。サーバ側スクリプトは phpを利用した方法で記述してまいります。
参考(英語):Remote Notifications

やってみる

以下のサイトにサンプルコードが公開されていましたので試してみます。
参考:[Swift] Push Notification

コンパイルもエラーないので、テスト実行すると、、、、

remote notifications are not supported in the simulator

と表示されてエミュレータでは動作しませんでした。どうやらiPhone本体から確認する必要がありそうです。 今手元にケーブルがありませんので、追って記載していきます。(2014/12/5 8:25)

iPhoneで実際に実行してみる

Appの有効な“aps-environment”エンタイトルメント文字列が見つかりません

端末で実行しましたが、上記のエラー表示。どうやら何か設定が事前に必要なようです。ここも調査して追記していきます。(2014/12/5 12:52)

端末に登録されているProvisioning ファイルにPushNotification関連の情報がないようです。

以下サイトを参照にしたのですが、どうやらProvisioninファイルが適していなかった模様


参考:Appの有効なaps-environmentエンタイトルメント文字列が見つかりません


後日補足

こちら色々試してリモート通知に成功しましたが、どうやらローカルノーティケーションをするためには 専用のサーバが必要=自作できないのであればサーバを提供しているサービスを利用する必要があります。 その中で私はGrowthpushを利用しました! 月間のある程度の回数までは無料で利用可能です。つまりあまり人気のないアプリであれば無料で通知できるサービスですので 試すのにはもってこいでした

Swiftへのインストール方法もこちらに記載していました。

Swiftプロジェクトへの導入方法

わからない時はSDKの以下ドキュメントを利用すれば大丈夫

APIリファレンス

まとめ

簡易運用しただけですが好きなタイミングに好きなメッセージをユーザに送信できるのは便利です!

↓こんな記事もありますよ!

デバッグ時とリリース時に処理を変更する#ifdef DEBUG のやり方

DEBUG時だけ特定の動作をさせて、リリース時に排除したい、そんな時に利用する方法です。Swiftでは標準ではDEBUGとリリースの判断がつかないので、 コンパイル時に設定する必要があります

NSURLSessionでバックグラウンドで通信処理

NSURLConnectionの進化版のような立ち位置に私は感じております。アプリがバックグラウンドになっても通信処理を続けてくれる優れものです。 以前まではどうやら音声や位置情報だけに限られていましたが、このクラスによって大きなデータをユーザに気持ちよくDLしてもらうことも可能にです。

SQLiteを使いたい。ラッパーを検証してみる。

SQLiteを使いたい。Objective-Cの時はMagical RecordでCoreDataを利用して問題なく使えたのですが、 今回はSQLite+Swiftでトライしてみたいと思います。ざっと調査すると、SwiftでSQLiteを使うのは、FMDB, SwiftData, SQLite.swiftが あるみたいです。この三つのラッパーから好みのものを選んでみるのが目標です。
このエントリーをはてなブックマークに追加
右側のFacebookのLikeをクリック頂けると記事更新の際に通知されますので宜しければご利用下さい!