Swift転職なら=>【LevTech】
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大

頭痛が減ったので共有です!

rebuild.fmを応援しています!

HOME > Swift/基本構文

Swift/基本構文

忘れたときの為にサンプルを記載します

if構文


// if~else構文
if(a == b){
  // aとbが同じ
}else{
  // 違う
}

//Swiftは()括弧を省略することも可能

if a == b {
  // aとbが同じ
}else{
  // 違う
}

さっきの上の例と同じですが、少し違和感があるのは僕だけかな。。。


// 三項演算子例文
// aとbが同じなら「aとbは一緒です」違う時は「違うよ」を返します。
 let a = 1;
 let b = 1;
 var str:String = (a==b) ?" aとbは一緒です" : "違うよ";
 println(str);//aとbは一緒ですと出力
 ※?の前に空白がないとコンパイルエラーになるので注意が必要です。
 
参考:[Swift] 三項演算子のハマり所

for構文

for文は複数回ループ処理することができます


// for例文
// 例:iを0から99まで100回ループ
for(int i=0; i<100; i+){
  // 処理
}

for文には高速列挙という少し変わったループもあります


// 高速列挙例文
// 例:変数arrayに格納されているデータを変数strとしてとり出す処理
let strArr = ["a", "b", "c", "d", "e" ];
for  str in strArr{
      println(str);//a,b,c,d,eと一つずつ出力
};

Swift 3になってfor構文は変わりました。C言語スタイルのforはコンパイルエラーとなってしまいます。


for i in (0 ..< 100) {
    print("\(i)")
}

(0 ..< 100).forEach { print("\($0)") }

switch構文

switchは与えられた値から処理を選択する判定処理です。
判定はbreakで抜けない限り、caseの上から1つずつ判定していきますので注意が必要です。


// switch構文

var fruit = "apple";
switch fruit{
  case "apple":
    // 変数fruitがappleの場合の処理
  case "watermelon":
    // 変数fruitがwatermelonの場合の処理
  default:
    // 上記以外
}

while構文

whileは条件がYESの間繰り返し実行を続ける処理です。
便利ですが危険でもありますのでご利用にはご注意ください


// while構文
var n = 0
while n < 3 {
    println("value \(n)");//0,1,2 と出力される
    n++;
}

do-while構文

do-whileは基本的にwhile文と同じですが、while文が1回も実行されない可能性があるのに対し、do-while文は最低1回は必ず実行されるという違いがあります。


// do-while構文
var m = 10
do {
    println("value \(m)");//10が一回だけ出力される
    m++;
} while m < 1

↓こんな記事もありますよ!

NSNotificationCenterでコード間のイベントやりとり

AppDelegateのイベント(アプリがアクティブ)になるタイミングでViewControllerに通知する為にはどうすればいいのか?と 調査しているとこのクラスにたどり着きました。delegateを利用せずにイベントの通知をViewController間で簡単に実装できるので 使いやすいです!

SwiftData+SqliteのDBファイル保存+Libraryフォルダから読込

さて、私の目標は事前に作成したSqliteのDBファイルをSwiftDataで読み込むことですので、その一連の作業を以下説明してまいります。

UITableViewCellをプログラムで動的に作成する

UITableViewをStoryboardで作成する方法は結構ありますが、プログラムだけで作成するサンプルが少なかったので共有します。
このエントリーをはてなブックマークに追加
右側のFacebookのLikeをクリック頂けると記事更新の際に通知されますので宜しければご利用下さい!