Swift転職なら=>【LevTech】
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大

頭痛が減ったので共有です!

rebuild.fmを応援しています!

HOME > 画面サイズ取得

画面サイズ

画面サイズを取得します。

サンプル構文


//スクリーンの幅
let screenWidth = Int( UIScreen.mainScreen().bounds.size.width);

//スクリーンの高さ
let screenHeight = Int(UIScreen.mainScreen().bounds.size.height);

//CGRectで取得
let rect = UIScreen.mainScreen().bounds;

UIScreenUtil例文

UIScreenUtil.swiftをダウンロードする。(ご自由にご利用ください)

import UIKit

struct UIScreenUtil {
    static func bounds()->CGRect{
        return UIScreen.mainScreen().bounds;
    }
    static func screenWidth()->Int{
        return Int( UIScreen.mainScreen().bounds.size.width);
    }
    static func screenHeight()->Int{
        return Int(UIScreen.mainScreen().bounds.size.height);
    }
}

//利用方法
let width = UIScreenUtil.screenWidth();
let height = UIScreenUtil.screenHeight();
let rect = UIScreenUtil.bounds();

↓こんな記事もありますよ!

Facebook SDKを試してみる(ログイン)

さて、前回記事でSDKをダウンロードした状態ですので、プロジェクトに追加してみましょう。 SDKがインストールされたDirectoryへ移動します。必要なSDKはFBSDKCoreKit.fraweworkなので、何個かその他frameworkはありますが、 それだけをプロジェクトにドラッグしてみましょう。

SQLiteを使いたい。ラッパーを検証してみる。(#2)

前回の記事でSQLiteのラッパのRMDB, SWiftData,SQLite.swiftの検証をトライしまいたが、時間の問題で頓挫してしまいましたので続きです。 。ある程度準備が完了しましたので、それぞれのサンプルを動かしてみてみようと思います。InsertとSelectとインストール感を比較してみます。

UITextViewやらで縦書きができないか検証

「文字の縦書き」をやってみたいのですが、どうもUITextView等には設定が無いとのことです。 調べていると、本当にない?のかな。少し調査して作れそうなもんであればつくってみれたら、、、との気持ちで進めてみます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
右側のFacebookのLikeをクリック頂けると記事更新の際に通知されますので宜しければご利用下さい!