Swift転職なら=>【LevTech】
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大

頭痛が減ったので共有です!

rebuild.fmを応援しています!

HOME > 画面サイズ取得

画面サイズ

画面サイズを取得します。

サンプル構文


//スクリーンの幅
let screenWidth = Int( UIScreen.mainScreen().bounds.size.width);

//スクリーンの高さ
let screenHeight = Int(UIScreen.mainScreen().bounds.size.height);

//CGRectで取得
let rect = UIScreen.mainScreen().bounds;

UIScreenUtil例文

UIScreenUtil.swiftをダウンロードする。(ご自由にご利用ください)

import UIKit

struct UIScreenUtil {
    static func bounds()->CGRect{
        return UIScreen.mainScreen().bounds;
    }
    static func screenWidth()->Int{
        return Int( UIScreen.mainScreen().bounds.size.width);
    }
    static func screenHeight()->Int{
        return Int(UIScreen.mainScreen().bounds.size.height);
    }
}

//利用方法
let width = UIScreenUtil.screenWidth();
let height = UIScreenUtil.screenHeight();
let rect = UIScreenUtil.bounds();

↓こんな記事もありますよ!

CoreTextをイラストで理解してみる

上記がAppleのCoreText説明に記載されているイラスト図ですが正直よくわかりません。文章を三角や丸等の領域に表示したり、一行だけ表示したり、一文字だけ表示したり、 と様々な使い方ができるようです。

UIScrollViewでパラパラ画像切り替え

画像のパラパラ切り替えフォトギャラリーを作成できます。大きな画像の一部分だけを切り抜きしてマスク表示するクラスです。

WatchKitでタイマーアプリを作成する。

簡単なアプリを作成しながらAppleWatchを学んでいきます。前回の記事で大まかな動きは理解できましたので、 つぎはAppleWatchとアプリとの連携をタイマー機能を利用して検証していきます
このエントリーをはてなブックマークに追加
右側のFacebookのLikeをクリック頂けると記事更新の際に通知されますので宜しければご利用下さい!