Swift転職なら=>【LevTech】
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大

頭痛が減ったので共有です!

rebuild.fmを応援しています!

HOME > 画面サイズ取得

画面サイズ

画面サイズを取得します。

サンプル構文


//スクリーンの幅
let screenWidth = Int( UIScreen.mainScreen().bounds.size.width);

//スクリーンの高さ
let screenHeight = Int(UIScreen.mainScreen().bounds.size.height);

//CGRectで取得
let rect = UIScreen.mainScreen().bounds;

UIScreenUtil例文

UIScreenUtil.swiftをダウンロードする。(ご自由にご利用ください)

import UIKit

struct UIScreenUtil {
    static func bounds()->CGRect{
        return UIScreen.mainScreen().bounds;
    }
    static func screenWidth()->Int{
        return Int( UIScreen.mainScreen().bounds.size.width);
    }
    static func screenHeight()->Int{
        return Int(UIScreen.mainScreen().bounds.size.height);
    }
}

//利用方法
let width = UIScreenUtil.screenWidth();
let height = UIScreenUtil.screenHeight();
let rect = UIScreenUtil.bounds();

↓こんな記事もありますよ!

presentViewControllerで画面遷移下からビョーン

下からビョーンとUIViewControllerを出す方法を記載します。この処理も多用していたのですがこのHPになかったので追記しました。 Navigationと連動させた横へシャーと移動するスライドの関数(pop)とは違うので注意です。

UINavigationController

TabBarとUITableViewControllerを利用して一つのUIViewControllerだけをクリックすると右にスライドするUINavigationControlerを 利用したサンプルを記載します。というのも、AppDelegate内でUINavigationをself.windowのrootviewcontrollerにセットする 方法は多々あったのですが、AppDelegate内を利用しないでNavigationを実装する方法がなくハマっていましたのでを以下記載します

ScrollViewで横スクロールしつつ2指でPinch Zoom

前回のScrollView記事ではスワイプするサンプルを記載しましたが、今回は横スクロールしつつ各ページでは二つ指によるズームの方法を検証します。
このエントリーをはてなブックマークに追加
右側のFacebookのLikeをクリック頂けると記事更新の際に通知されますので宜しければご利用下さい!