Swift転職なら=>【LevTech】
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大

頭痛が減ったので共有です!

rebuild.fmを応援しています!

HOME > 画面サイズ取得

画面サイズ

画面サイズを取得します。

サンプル構文


//スクリーンの幅
let screenWidth = Int( UIScreen.mainScreen().bounds.size.width);

//スクリーンの高さ
let screenHeight = Int(UIScreen.mainScreen().bounds.size.height);

//CGRectで取得
let rect = UIScreen.mainScreen().bounds;

UIScreenUtil例文

UIScreenUtil.swiftをダウンロードする。(ご自由にご利用ください)

import UIKit

struct UIScreenUtil {
    static func bounds()->CGRect{
        return UIScreen.mainScreen().bounds;
    }
    static func screenWidth()->Int{
        return Int( UIScreen.mainScreen().bounds.size.width);
    }
    static func screenHeight()->Int{
        return Int(UIScreen.mainScreen().bounds.size.height);
    }
}

//利用方法
let width = UIScreenUtil.screenWidth();
let height = UIScreenUtil.screenHeight();
let rect = UIScreenUtil.bounds();

↓こんな記事もありますよ!

2Dバーコードをスキャンする

なんと2Dバーコード読み込み機能はAVFoundationに実装されています。GitHubにbowstさんが公開しているシンプルなソースがあったので共有です

String

StringとNSStringどちらを利用することもできますが、、、

Typealiasをどうやって活用するのか

Typealiasって言葉、なんだややこしく見て見ないふりをしていましたが、 先日別の記事を書いた際にTypealiasの記述がありましたので、あらためて確認してみようと思います。まずaliasですが、 Macでショートカットを作成した時に記載される「エイリアス」です。ショートカットのようなものですので、 Typeのショートカット的な感覚で調査進めてまいります。
このエントリーをはてなブックマークに追加
右側のFacebookのLikeをクリック頂けると記事更新の際に通知されますので宜しければご利用下さい!