Swift転職なら=>【LevTech】
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大

頭痛が減ったので共有です!

rebuild.fmを応援しています!

HOME > lazyとは何か

lazyとは何か

変数の初期化の先頭にlazyと記載されているのに気づき調査してみました。怠ける?楽になる処理なのかなぁ〜ぐらいの認識でしたので理由を調べてみました。
参考:[iOS] 新言語SwiftがObjective-Cよりも良いところ

初期化のコストカット!

どうやら変数を初期化する際にlazyを先頭につけると、実際にその値が参照されるまでは生成されないようです。コストカットですね!例えば重いクラスなんかを生成する場合に、 lazyをつけておくことで負担を減らすようです。ただおそらくlazyを割り振った変数への初動は少なくとも遅くなるはずなので、臨機応変に利用するべきなのかもしれません。

例えば以下のようなSalarymanクラスがあるとします。プロパティstressには大きなCompanyBigStressクラスが入りますので、初期化は控えたいとの流れ。

class Salaryman {
    let hairstyle = "7:3分けの昭和スタイル"
    @lazy var stress = CompanyBigStress(); <- 初期化は参照されるまではされない。
}

let me = Salaryman();//<- この時点でhairstyleには値がセット!stressは何も入っていない

println(me.hairstyle);//<- まだstressは何も入っていない

me.stree.goCompany();//<- この時点で初めてstressにCompanyBigStressクラスが割り振られる

↓こんな記事もありますよ!

カスタムクラスを作成時いつも忘れる。継承クラス作成時のメモ

カスタムクラスを作成する時いつもUIViewを継承する際のrequired Initの箇所でハマってしまうので覚書です。

SQLiteを使いたい。ラッパーを検証してみる。

SQLiteを使いたい。Objective-Cの時はMagical RecordでCoreDataを利用して問題なく使えたのですが、 今回はSQLite+Swiftでトライしてみたいと思います。ざっと調査すると、SwiftでSQLiteを使うのは、FMDB, SwiftData, SQLite.swiftが あるみたいです。この三つのラッパーから好みのものを選んでみるのが目標です。

UINavigationController

TabBarとUITableViewControllerを利用して一つのUIViewControllerだけをクリックすると右にスライドするUINavigationControlerを 利用したサンプルを記載します。というのも、AppDelegate内でUINavigationをself.windowのrootviewcontrollerにセットする 方法は多々あったのですが、AppDelegate内を利用しないでNavigationを実装する方法がなくハマっていましたのでを以下記載します
このエントリーをはてなブックマークに追加
右側のFacebookのLikeをクリック頂けると記事更新の際に通知されますので宜しければご利用下さい!