Swift転職なら=>【LevTech】
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大

頭痛が減ったので共有です!

rebuild.fmを応援しています!

HOME > lazyとは何か

lazyとは何か

変数の初期化の先頭にlazyと記載されているのに気づき調査してみました。怠ける?楽になる処理なのかなぁ〜ぐらいの認識でしたので理由を調べてみました。
参考:[iOS] 新言語SwiftがObjective-Cよりも良いところ

初期化のコストカット!

どうやら変数を初期化する際にlazyを先頭につけると、実際にその値が参照されるまでは生成されないようです。コストカットですね!例えば重いクラスなんかを生成する場合に、 lazyをつけておくことで負担を減らすようです。ただおそらくlazyを割り振った変数への初動は少なくとも遅くなるはずなので、臨機応変に利用するべきなのかもしれません。

例えば以下のようなSalarymanクラスがあるとします。プロパティstressには大きなCompanyBigStressクラスが入りますので、初期化は控えたいとの流れ。

class Salaryman {
    let hairstyle = "7:3分けの昭和スタイル"
    @lazy var stress = CompanyBigStress(); <- 初期化は参照されるまではされない。
}

let me = Salaryman();//<- この時点でhairstyleには値がセット!stressは何も入っていない

println(me.hairstyle);//<- まだstressは何も入っていない

me.stree.goCompany();//<- この時点で初めてstressにCompanyBigStressクラスが割り振られる

↓こんな記事もありますよ!

2Dバーコードをスキャンする

なんと2Dバーコード読み込み機能はAVFoundationに実装されています。GitHubにbowstさんが公開しているシンプルなソースがあったので共有です

NSURLSessionでバックグラウンドで通信処理

NSURLConnectionの進化版のような立ち位置に私は感じております。アプリがバックグラウンドになっても通信処理を続けてくれる優れものです。 以前まではどうやら音声や位置情報だけに限られていましたが、このクラスによって大きなデータをユーザに気持ちよくDLしてもらうことも可能にです。

WatchKitでタイマーアプリを作成する。

簡単なアプリを作成しながらAppleWatchを学んでいきます。前回の記事で大まかな動きは理解できましたので、 つぎはAppleWatchとアプリとの連携をタイマー機能を利用して検証していきます
このエントリーをはてなブックマークに追加
右側のFacebookのLikeをクリック頂けると記事更新の際に通知されますので宜しければご利用下さい!