Swift転職なら=>【LevTech】
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大

頭痛が減ったので共有です!

rebuild.fmを応援しています!

HOME > 最前面のUIViewControllerを取得する

最前面のUIViewControllerを取得する

アプリの一番最前面に張り付いているUIViewControllerを取得したかったので調べてみました。ObjectiveCのソースがありましたので、 Swiftに修正してみました。

参考:最前面のUIViewControllerを取得する
参考:最前面のViewControllerを探す!!!
参考:Get top most UIViewController

やってみた

staticクラスの関数にしている例ですが、keyWindowから取得してwhileで一番上のUIViewControllerを返します。


    static func getTopMostViewController()->UIViewController{
        var tc = UIApplication.sharedApplication().keyWindow?.rootViewController;
        while ((tc!.presentedViewController) != nil) {
            tc = tc!.presentedViewController;
        }
        return tc!;
    }

まとめ

特にありません

↓こんな記事もありますよ!

NSThreadでスレッド処理を行う

タイマー処理と同様に利用できるスレッドの処理です。NSTimerではヒゲがのびたサンプルでしたので眉毛の濃くなるサンプルにしてみます。ただ、どうやらThread処理は 推奨されておらず、dispatch_queueを使用するべきのようです。

SwiftでZipファイルの解凍や圧縮する方法

SwiftでZipの解凍・圧縮処理の解説です。標準ライブラリにZip2があるやら3rdパーティのSSArchiveのObjective-Cのライブラリを Swiftにブリッジして利用するのが良い等の記載がありましたので調査してみます。

UIButton

基本的なボタンを動的にコーディングだけで作成する説明をしています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
右側のFacebookのLikeをクリック頂けると記事更新の際に通知されますので宜しければご利用下さい!