Swift転職なら=>【LevTech】
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大

頭痛が減ったので共有です!

rebuild.fmを応援しています!

HOME > 最前面のUIViewControllerを取得する

最前面のUIViewControllerを取得する

アプリの一番最前面に張り付いているUIViewControllerを取得したかったので調べてみました。ObjectiveCのソースがありましたので、 Swiftに修正してみました。

参考:最前面のUIViewControllerを取得する
参考:最前面のViewControllerを探す!!!
参考:Get top most UIViewController

やってみた

staticクラスの関数にしている例ですが、keyWindowから取得してwhileで一番上のUIViewControllerを返します。


    static func getTopMostViewController()->UIViewController{
        var tc = UIApplication.sharedApplication().keyWindow?.rootViewController;
        while ((tc!.presentedViewController) != nil) {
            tc = tc!.presentedViewController;
        }
        return tc!;
    }

まとめ

特にありません

↓こんな記事もありますよ!

Webブラウザをチラ見するWebabit

WebabitはWebブラウザをチラ見する為のアプリです。Notification CenterのToday Widegetでブラウザチェックしたり、 AppleWatchから確認したりできる、なんともいえない「ふーん」なアプリです

NSURLSessionでバックグラウンドで通信処理

NSURLConnectionの進化版のような立ち位置に私は感じております。アプリがバックグラウンドになっても通信処理を続けてくれる優れものです。 以前まではどうやら音声や位置情報だけに限られていましたが、このクラスによって大きなデータをユーザに気持ちよくDLしてもらうことも可能にです。

UIImage

中年サラリーマンが画像をローカルやURLやあんな所からアクセスして表示するサンプルを説明しております。
このエントリーをはてなブックマークに追加
右側のFacebookのLikeをクリック頂けると記事更新の際に通知されますので宜しければご利用下さい!