Swift転職なら=>【LevTech】
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大

頭痛が減ったので共有です!

rebuild.fmを応援しています!

HOME > GameCenterのGKScoreのLeaderboardでスコア確認

GameCenterのGKScoreのLeaderboardでスコア確認

GKScoreにてスコアが送信されたデータスコアをLeaderboardで確認する方法を説明します。

スクリーンショット:リーダーボードのサンプル画像

サンプル構文


//GameCenterのサーバに送信されたスコアを確認するコードです

var localPlayer = GKLocalPlayer();
localPlayer.loadDefaultLeaderboardIdentifierWithCompletionHandler({ (leaderboardIdentifier : String!, error : NSError!) -> Void in
if error != nil {
    println(error.localizedDescription);
} else {
    let gameCenterController:GKGameCenterViewController = GKGameCenterViewController();
    gameCenterController.gameCenterDelegate = viewControllerWithGameCenterDelegate;//このViewControllerにはGameCenterControllerDelegateが実装されている必要があります
    gameCenterController.viewState = GKGameCenterViewControllerState.Leaderboards;
    gameCenterController.leaderboardIdentifier = "123a4bcdef";//該当するLeaderboardのIDを指定します
    viewControllerWithGameCenterDelegate.presentViewController(gameCenterController, animated: true, completion: nil);
}
})

※注意①:上記実施前にはGKLocalPlayerにてログイン処理を行ってください。ログイン済前提の処理です。
※注意②:Deletegaを受け止めるViewControllerにはGameCenterControllerDelegateが実装されている必要があります。 Objective-Cと少し記載が違いますのでご注意ください。(以下参照)

//GameCenterControllerDelegateを実装したUIViewController

import UIKit
import GameKit
class viewControllerWithGameCenterDelegate: UIViewController,GKGameCenterControllerDelegate {
    override func viewDidLoad() {
    }
}
上記を単純に実装しただけでは表示されたLeaderBoardの表示が消えませんので、以下のようにDelegateを受け止めた親Viewがdissmissする処理を実行してください。

//利用方法

class viewControllerWithGameCenterDelegate: UIViewController,GKGameCenterControllerDelegate {
    override func viewDidLoad() {
    }
    func gameCenterViewControllerDidFinish(gameCenterViewController: GKGameCenterViewController!){
        //code to dismiss your gameCenterViewController
        gameCenterViewController.dismissViewControllerAnimated(true, completion: nil);
    }
}

↓こんな記事もありますよ!

のんでいるくすり: 3.11震災時の体験から開発されたお薬アプリ。無料

今日は薬を便利にかつ守秘的にメモできるアプリのんでいる薬をご紹介します。 実はアプリレビューは初めて。 SwiftサラリーマンのFBページを経由して開発者でもあり薬剤師のBlueRoy(ブルーロワ・インク) Inc. のShige様とお知り合いになる事ができて、是非レビューさせて下さいと私からお願いした経緯で今回レビュー記事に繋がりました。 Shige様、快く了承頂き本当にありがとうございました!

Array

SwiftではArrayとNSArray両方利用することができます。記事を統合しました。

Facebook SDKを試してみる(ログイン)

さて、前回記事でSDKをダウンロードした状態ですので、プロジェクトに追加してみましょう。 SDKがインストールされたDirectoryへ移動します。必要なSDKはFBSDKCoreKit.fraweworkなので、何個かその他frameworkはありますが、 それだけをプロジェクトにドラッグしてみましょう。
このエントリーをはてなブックマークに追加
右側のFacebookのLikeをクリック頂けると記事更新の際に通知されますので宜しければご利用下さい!