Swift転職なら=>【LevTech】
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大

頭痛が減ったので共有です!

rebuild.fmを応援しています!

HOME > GameCenterのGKScoreのLeaderboardでスコア確認

GameCenterのGKScoreのLeaderboardでスコア確認

GKScoreにてスコアが送信されたデータスコアをLeaderboardで確認する方法を説明します。

スクリーンショット:リーダーボードのサンプル画像

サンプル構文


//GameCenterのサーバに送信されたスコアを確認するコードです

var localPlayer = GKLocalPlayer();
localPlayer.loadDefaultLeaderboardIdentifierWithCompletionHandler({ (leaderboardIdentifier : String!, error : NSError!) -> Void in
if error != nil {
    println(error.localizedDescription);
} else {
    let gameCenterController:GKGameCenterViewController = GKGameCenterViewController();
    gameCenterController.gameCenterDelegate = viewControllerWithGameCenterDelegate;//このViewControllerにはGameCenterControllerDelegateが実装されている必要があります
    gameCenterController.viewState = GKGameCenterViewControllerState.Leaderboards;
    gameCenterController.leaderboardIdentifier = "123a4bcdef";//該当するLeaderboardのIDを指定します
    viewControllerWithGameCenterDelegate.presentViewController(gameCenterController, animated: true, completion: nil);
}
})

※注意①:上記実施前にはGKLocalPlayerにてログイン処理を行ってください。ログイン済前提の処理です。
※注意②:Deletegaを受け止めるViewControllerにはGameCenterControllerDelegateが実装されている必要があります。 Objective-Cと少し記載が違いますのでご注意ください。(以下参照)

//GameCenterControllerDelegateを実装したUIViewController

import UIKit
import GameKit
class viewControllerWithGameCenterDelegate: UIViewController,GKGameCenterControllerDelegate {
    override func viewDidLoad() {
    }
}
上記を単純に実装しただけでは表示されたLeaderBoardの表示が消えませんので、以下のようにDelegateを受け止めた親Viewがdissmissする処理を実行してください。

//利用方法

class viewControllerWithGameCenterDelegate: UIViewController,GKGameCenterControllerDelegate {
    override func viewDidLoad() {
    }
    func gameCenterViewControllerDidFinish(gameCenterViewController: GKGameCenterViewController!){
        //code to dismiss your gameCenterViewController
        gameCenterViewController.dismissViewControllerAnimated(true, completion: nil);
    }
}

↓こんな記事もありますよ!

CoreTextでTextViewの一文字の向きを変える(解決前)

TextViewの文字を縦書きにしたいなぁと考えている時にCoreTextとNSMutableAttributedStringの二つのどちらかなら実装できそう。CoreTextを利用してトライして無理ならAttributedStringをトライしてみます。

Pre特殊文字難民

記事を書いている時によくつまずくことがあります。preでコードを表示する際に、 カッコを使うと文章が消えてしまったり、ドルマークの変数が表示できなかったり。その度に検索して探しているのでサイトの中に入れてしまいます。 以前のバックスラッシュもそうですが、こういった特殊文字難民対策のページにしておきます。

Swiftがオープンソース化!!!(WWDC2015)

2:22:00からSwiftの話です!オープンソースを発表したタイミングは2:23:28のあたり。拍手喝采です。
このエントリーをはてなブックマークに追加
右側のFacebookのLikeをクリック頂けると記事更新の際に通知されますので宜しければご利用下さい!