Swift転職なら=>【LevTech】
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大

頭痛が減ったので共有です!

rebuild.fmを応援しています!

HOME > GameCenterのGKScoreのLeaderboardでスコア確認

GameCenterのGKScoreのLeaderboardでスコア確認

GKScoreにてスコアが送信されたデータスコアをLeaderboardで確認する方法を説明します。

スクリーンショット:リーダーボードのサンプル画像

サンプル構文


//GameCenterのサーバに送信されたスコアを確認するコードです

var localPlayer = GKLocalPlayer();
localPlayer.loadDefaultLeaderboardIdentifierWithCompletionHandler({ (leaderboardIdentifier : String!, error : NSError!) -> Void in
if error != nil {
    println(error.localizedDescription);
} else {
    let gameCenterController:GKGameCenterViewController = GKGameCenterViewController();
    gameCenterController.gameCenterDelegate = viewControllerWithGameCenterDelegate;//このViewControllerにはGameCenterControllerDelegateが実装されている必要があります
    gameCenterController.viewState = GKGameCenterViewControllerState.Leaderboards;
    gameCenterController.leaderboardIdentifier = "123a4bcdef";//該当するLeaderboardのIDを指定します
    viewControllerWithGameCenterDelegate.presentViewController(gameCenterController, animated: true, completion: nil);
}
})

※注意①:上記実施前にはGKLocalPlayerにてログイン処理を行ってください。ログイン済前提の処理です。
※注意②:Deletegaを受け止めるViewControllerにはGameCenterControllerDelegateが実装されている必要があります。 Objective-Cと少し記載が違いますのでご注意ください。(以下参照)

//GameCenterControllerDelegateを実装したUIViewController

import UIKit
import GameKit
class viewControllerWithGameCenterDelegate: UIViewController,GKGameCenterControllerDelegate {
    override func viewDidLoad() {
    }
}
上記を単純に実装しただけでは表示されたLeaderBoardの表示が消えませんので、以下のようにDelegateを受け止めた親Viewがdissmissする処理を実行してください。

//利用方法

class viewControllerWithGameCenterDelegate: UIViewController,GKGameCenterControllerDelegate {
    override func viewDidLoad() {
    }
    func gameCenterViewControllerDidFinish(gameCenterViewController: GKGameCenterViewController!){
        //code to dismiss your gameCenterViewController
        gameCenterViewController.dismissViewControllerAnimated(true, completion: nil);
    }
}

↓こんな記事もありますよ!

大阪都構想の橋下さんの鼻に誠意をもって顔認識処理で画鋲を刺す

先日大阪都構想でニュースがざわついておりましたが、 そこで自分が思っていたこと、なぜ鼻ピンしたのかを顔認識サンプルと誠意を込めて書き記してまいります。(※選挙ポスターに画鋲を刺す事や、そもそも「他人様」の画像を変更することがタブーな事を理解しつつの投稿です。問題がないかの問い合わせメールを送る予定です。画像はWikipediaからの引用です)

UIFontのフォント一覧をWebViewで表示させてそれをキャプチャ保存する

文字フォントがわかっても実際の文字がわかりませんので、 WebViewに出力させて、その結果を端末のPhotoアルバムに保存させる処理をつくってみました

URLエンコードとデコード

サーバとデータのやりとりをしているとURLエンコードしないと文字化けしちゃったりと問題がでる場合があります。 phpのurlencodeやurldecodeと連携させる場合等、Swift側でどうやってエンコードすれば良いかの方法を記載しております
このエントリーをはてなブックマークに追加
右側のFacebookのLikeをクリック頂けると記事更新の際に通知されますので宜しければご利用下さい!