【新サービス告知】いつでもどこでもイベントを開催できる。スマホのWebカメラを利用したVRイベントスペースサービス(Meetatcube.com)
Swift転職なら=>【LevTech】
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大

頭痛が減ったので共有です!

rebuild.fmを応援しています!

HOME > 外部ブラウザでURLを開く

外部ブラウザでURLを開く

アプリから外部ブラウザ(Safari)でURLを開く方法を記載します。内部的に利用する場合はWebViewを利用します。

参考:swiftでsafariを起動する
参考:Handoffを利用してSafariでウェブページを開く
参考:Swift Open Link in Safari
参考:UIWEBVIEW内のリンクをSAFARIで開く

Handoffの事はしりませんでした。

やってみた


import UIKit

class ViewController: UIViewController {
    
    override func viewDidLoad() {
        super.viewDidLoad()
        
        let url = NSURL(string: "http://swift-salaryman.com")
        if UIApplication.sharedApplication().canOpenURL(url!){
            UIApplication.sharedApplication().openURL(url!)
			
			//以下Swift3.0では以下に書き換えてください。
			//UIApplication.shared.open(url, options: [:], completionHandler: nil)
			
        }
    }
    
    override func didReceiveMemoryWarning() {
        super.didReceiveMemoryWarning()
    }
}

起動直後にswiftサラリーマンのサイトをSafariで開く処理です。

まとめ

よく使う処理だけに追加しました!

WebViewでURLを開く場合はこちらからどうぞ。UIWebView

↓こんな記事もありますよ!

新しくなったLawsonの無料WiFiを試してみた

ネットでローソン無料Wifiを調べていたのですがネットを接続するにはアプリが必要との誤情報が多かった(今まではアプリが必要だった)ですが、2015年の6月からはアプリの必要ありません。 Wifiで接続して登録すればPCからでも利用できました。手順を記載してまいります。

RSSリーダで利用するAPIを検証してみる

ニュースアプリの様なRSSを表示させたいのですがXMLを処理するAPIが数点存在するようです。 Swiftにあったものを見つけ出せたらと思います。

UITableViewCellをプログラムで動的に作成する

UITableViewをStoryboardで作成する方法は結構ありますが、プログラムだけで作成するサンプルが少なかったので共有します。
このエントリーをはてなブックマークに追加
右側のFacebookのLikeをクリック頂けると記事更新の際に通知されますので宜しければご利用下さい!