Swift転職なら=>【LevTech】
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大

頭痛が減ったので共有です!

rebuild.fmを応援しています!

HOME > 外部ブラウザでURLを開く

外部ブラウザでURLを開く

アプリから外部ブラウザ(Safari)でURLを開く方法を記載します。内部的に利用する場合はWebViewを利用します。

参考:swiftでsafariを起動する
参考:Handoffを利用してSafariでウェブページを開く
参考:Swift Open Link in Safari
参考:UIWEBVIEW内のリンクをSAFARIで開く

Handoffの事はしりませんでした。

やってみた


import UIKit

class ViewController: UIViewController {
    
    override func viewDidLoad() {
        super.viewDidLoad()
        
        let url = NSURL(string: "http://swift-salaryman.com")
        if UIApplication.sharedApplication().canOpenURL(url!){
            UIApplication.sharedApplication().openURL(url!)
			
			//以下Swift3.0では以下に書き換えてください。
			//UIApplication.shared.open(url, options: [:], completionHandler: nil)
			
        }
    }
    
    override func didReceiveMemoryWarning() {
        super.didReceiveMemoryWarning()
    }
}

起動直後にswiftサラリーマンのサイトをSafariで開く処理です。

まとめ

よく使う処理だけに追加しました!

WebViewでURLを開く場合はこちらからどうぞ。UIWebView

↓こんな記事もありますよ!

2Dバーコードをスキャンする

なんと2Dバーコード読み込み機能はAVFoundationに実装されています。GitHubにbowstさんが公開しているシンプルなソースがあったので共有です

SQLiteを使いたい。ラッパーを検証してみる。(#2)

前回の記事でSQLiteのラッパのRMDB, SWiftData,SQLite.swiftの検証をトライしまいたが、時間の問題で頓挫してしまいましたので続きです。 。ある程度準備が完了しましたので、それぞれのサンプルを動かしてみてみようと思います。InsertとSelectとインストール感を比較してみます。

ScrollViewで横スクロールしつつ2指でPinch Zoom

前回のScrollView記事ではスワイプするサンプルを記載しましたが、今回は横スクロールしつつ各ページでは二つ指によるズームの方法を検証します。
このエントリーをはてなブックマークに追加
右側のFacebookのLikeをクリック頂けると記事更新の際に通知されますので宜しければご利用下さい!