Swift転職なら=>【LevTech】
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大

頭痛が減ったので共有です!

rebuild.fmを応援しています!

HOME > 外部ブラウザでURLを開く

外部ブラウザでURLを開く

アプリから外部ブラウザ(Safari)でURLを開く方法を記載します。内部的に利用する場合はWebViewを利用します。

参考:swiftでsafariを起動する
参考:Handoffを利用してSafariでウェブページを開く
参考:Swift Open Link in Safari
参考:UIWEBVIEW内のリンクをSAFARIで開く

Handoffの事はしりませんでした。

やってみた


import UIKit

class ViewController: UIViewController {
    
    override func viewDidLoad() {
        super.viewDidLoad()
        
        let url = NSURL(string: "http://swift-salaryman.com")
        if UIApplication.sharedApplication().canOpenURL(url!){
            UIApplication.sharedApplication().openURL(url!)
			
			//以下Swift3.0では以下に書き換えてください。
			//UIApplication.shared.open(url, options: [:], completionHandler: nil)
			
        }
    }
    
    override func didReceiveMemoryWarning() {
        super.didReceiveMemoryWarning()
    }
}

起動直後にswiftサラリーマンのサイトをSafariで開く処理です。

まとめ

よく使う処理だけに追加しました!

WebViewでURLを開く場合はこちらからどうぞ。UIWebView

↓こんな記事もありますよ!

アプリから電話をかける

Objective-Cではサンプルがありましたが日本語では無かったので共有です!

UIScrollViewでパラパラ画像切り替え

画像のパラパラ切り替えフォトギャラリーを作成できます。大きな画像の一部分だけを切り抜きしてマスク表示するクラスです。

UIWebView

アプリの中にWebビューを作成して外部ネットワークやローカルのhtmlやcssやjsファイルと連携する方法の説明です。
このエントリーをはてなブックマークに追加
右側のFacebookのLikeをクリック頂けると記事更新の際に通知されますので宜しければご利用下さい!