Swift転職なら=>【LevTech】
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大

頭痛が減ったので共有です!

rebuild.fmを応援しています!

HOME > ランダムな数値を作成

ランダムな数値(乱数)を作成

乱数作成なんて簡単そうだったのですが、エラーがたくさん出てハマってしまいましたのでメモです。UInt32型にしろやらInt型にしろやら警告されてしまいますので回避方法です 。以下はJavascriptのサンプルです。乱数でヒゲが伸びます。

ひげが1492本伸びた!


参考:SWIFTで配列をランダムに取り出す

乱数を作成してみた

以下は失敗する例。


//こんな感じだとエラー
var salarymanArr : [ String ] = ["Swift", "Manga"]
var randInt = arc4random_uniform(salarymanArr.count);

いけそうなんですが、salarymanArr.countがIntなのでUInt32に切り替えてくれとのエラー


//arc4random_uniformもUInt32で返す
var salarymanArr : [ String ] = ["Swift", "Manga"]
var randUInt32 = arc4random_uniform(UInt32(salarymanArr.count));

上記はUInt32で乱数を生成した例。


//Intで利用する場合は次のようにする。UInt32だったりIntだったり。。。
var salarymanArr : [ String ] = ["Swift", "Manga"]
var randUInt = Int(arc4random_uniform(UInt32(salarymanArr.count)));

こちらはIntで乱数を生成した例。

まとめ

ランダムの乱数分布(配列に適当なずれをつけて散らす方法)に関してはこちらからどうぞ!(ソース汚いので観覧注意!)

↓こんな記事もありますよ!

NSNotificationCenterでコード間のイベントやりとり

AppDelegateのイベント(アプリがアクティブ)になるタイミングでViewControllerに通知する為にはどうすればいいのか?と 調査しているとこのクラスにたどり着きました。delegateを利用せずにイベントの通知をViewController間で簡単に実装できるので 使いやすいです!

UITextViewでテキストを複数行表示する

UITextFieldは一行表示ですが、UITextFieldは複数行を表示することができます。

AppleWatchをNSFileCoordinatorとKeychainでデータ交換

前回の記事(ナターシャさんのサンプルデモを元に解説)の続きです。今記事はNSUserDefaultではなく、 NSFileCoordinatorとKeychain sharingを利用しての解説です。ナターシャさんのサンプルに関して前記事をご参照ください。
このエントリーをはてなブックマークに追加
右側のFacebookのLikeをクリック頂けると記事更新の際に通知されますので宜しければご利用下さい!