Swift転職なら=>【LevTech】
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大

頭痛が減ったので共有です!

rebuild.fmを応援しています!

HOME > ランダムな数値を作成

ランダムな数値(乱数)を作成

乱数作成なんて簡単そうだったのですが、エラーがたくさん出てハマってしまいましたのでメモです。UInt32型にしろやらInt型にしろやら警告されてしまいますので回避方法です 。以下はJavascriptのサンプルです。乱数でヒゲが伸びます。

ひげが1492本伸びた!


参考:SWIFTで配列をランダムに取り出す

乱数を作成してみた

以下は失敗する例。


//こんな感じだとエラー
var salarymanArr : [ String ] = ["Swift", "Manga"]
var randInt = arc4random_uniform(salarymanArr.count);

いけそうなんですが、salarymanArr.countがIntなのでUInt32に切り替えてくれとのエラー


//arc4random_uniformもUInt32で返す
var salarymanArr : [ String ] = ["Swift", "Manga"]
var randUInt32 = arc4random_uniform(UInt32(salarymanArr.count));

上記はUInt32で乱数を生成した例。


//Intで利用する場合は次のようにする。UInt32だったりIntだったり。。。
var salarymanArr : [ String ] = ["Swift", "Manga"]
var randUInt = Int(arc4random_uniform(UInt32(salarymanArr.count)));

こちらはIntで乱数を生成した例。

まとめ

ランダムの乱数分布(配列に適当なずれをつけて散らす方法)に関してはこちらからどうぞ!(ソース汚いので観覧注意!)

↓こんな記事もありますよ!

CLLocationManagerで現在位置を取得

あっさりしたシンプルなサンプルがなかったので省略型です。

外部ブラウザでURLを開く

アプリから外部ブラウザ(Safari)でURLを開く方法を記載します。内部的に利用する場合はWebViewを利用します。

SqliteのDBファイル保存+レビュー却下

2回既にレビューを通過していたアプリが、バイナリレビューで却下されてしまいました。理由は、2.23 Details On launch and content download, your app stores 26.48MB on the user's iCloud, which does not comply with the iOS Data Storage となっていてiCouldに保存される量にしては多いから管理してください、といった旨の内容でした。別に却下理由に難癖つけるつもりではないのですが、最初のレビュー時にいってほしい。。。
このエントリーをはてなブックマークに追加
右側のFacebookのLikeをクリック頂けると記事更新の際に通知されますので宜しければご利用下さい!