Swift転職なら=>【LevTech】
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大

頭痛が減ったので共有です!

rebuild.fmを応援しています!

HOME > 処理速度取得

処理速度取得

処理の実行速度を判明します。swift開発時に文字列連結が遅いことが疑問になって調べる際に作成しました。どうやらObjective-Cに比べて文字列連結などは簡単になったのですが、処理速度が恐ろしく遅くなっているようです。

まだまだ改善中のようですが、単純な文字列連結だとObjective-Cに比べて13倍も遅いようです。 私も実際遅いこと実感して調べていましたので、まだまだ多くの人が同じ境遇なのかと思います。ベータ版の際よりは速くなっているので今後に期待です!(2014/9/30)

参考:(英語)OBJECTIVE-C VS SWIFT – FACEOFF 2.0

サンプル構文


//速度取得開始
let startTime = self.currentTime();
... ここに速度を確認したい処理
//速度取得完了
let interval =  ((CFAbsoluteTimeGetCurrent() as Double) * 1000.0) - startTime;
println("PrcoessSpeed: \(interval)ms");

ProcessSpeedCheckUtil例文

ProcessSpeedCheck.swiftをダウンロードする。(ご自由にご利用ください)

import Foundation

struct ProcessSpeedCheckUtil {
    
    static var total = 0;
    static var startTime:Double = 0;
    static var interval:Double = 0;
    
    static func start(name:String = ""){
        startTime = 0;
        startTime = self.currentTime();
        println("ProcessSpeedCheck started <\(name)>");

    }
    static func end(){
        interval = currentTime() - startTime;
        println("ProcessSpeedCheck ended \(interval)ms");
    }
    
    static func currentTime() -> Double {
        return ((CFAbsoluteTimeGetCurrent() as Double) * 1000.0);
    }
}

//利用方法
ProcessSpeedCheckUtil.start("Process 1");
... ここに速度を確認したい処理
ProcessSpeedCheckUtil.start("end");

//以下の様に出力されます。
ProcessSpeedCheck started : Process 1
ProcessSpeedCheck ended : 1.23456789  <- 処理速度

↓こんな記事もありますよ!

大阪都構想の橋下さんの鼻に誠意をもって顔認識処理で画鋲を刺す

先日大阪都構想でニュースがざわついておりましたが、 そこで自分が思っていたこと、なぜ鼻ピンしたのかを顔認識サンプルと誠意を込めて書き記してまいります。(※選挙ポスターに画鋲を刺す事や、そもそも「他人様」の画像を変更することがタブーな事を理解しつつの投稿です。問題がないかの問い合わせメールを送る予定です。画像はWikipediaからの引用です)

Pre特殊文字難民

記事を書いている時によくつまずくことがあります。preでコードを表示する際に、 カッコを使うと文章が消えてしまったり、ドルマークの変数が表示できなかったり。その度に検索して探しているのでサイトの中に入れてしまいます。 以前のバックスラッシュもそうですが、こういった特殊文字難民対策のページにしておきます。

WWDC2015で面白い発表があるのかワクワクしてみる。

OS9の発表だったり、 iPadでアプリを分割して複数表示できたり、Apple Payがカナダに対応したり(それはどうでもいいですかね、、、)、 盛りだくさん。Appleファンには たまらない色んな新情報が色々でてきていますのでその中で私がきになる情報をフォーカスして少し調査してみます。 Swift関連もあるようですので共有してまいります。
このエントリーをはてなブックマークに追加
右側のFacebookのLikeをクリック頂けると記事更新の際に通知されますので宜しければご利用下さい!