Swift転職なら=>【LevTech】
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大

頭痛が減ったので共有です!

rebuild.fmを応援しています!

HOME > NSTimer

NSTimer

NSTimerクラスはタイマー処理を利用して時間差で処理を実行するコーディングの方法を説明します。以下はJavascriptでの実装ですが、ひげが一秒毎に一本のびる意味の無い例です。

ひげが1本伸びた!

NSTimerのクラス階層

NSObject

NSTimer

参考Appleサイト(英語): Foundation Framework Reference NSTimer Class Reference

NSTimer例文


//タイマー例文(0.1秒毎にselfのonHigenobita関数を実行します)
var timer = NSTimer.scheduledTimerWithTimeInterval(0.1, target: self, selector: Selector("onHigenobita"), userInfo: nil, repeats: true);
func onHigenobita(){
    //ここが実行されます
    println("ひげ伸びた!");
}

ヒゲサンプル画像

↓こんな記事もありますよ!

カスタムクラスを作成時いつも忘れる。継承クラス作成時のメモ

カスタムクラスを作成する時いつもUIViewを継承する際のrequired Initの箇所でハマってしまうので覚書です。

SwiftでZipファイルの解凍や圧縮する方法

SwiftでZipの解凍・圧縮処理の解説です。標準ライブラリにZip2があるやら3rdパーティのSSArchiveのObjective-Cのライブラリを Swiftにブリッジして利用するのが良い等の記載がありましたので調査してみます。

UIPageControlでペラペラめくるチュートリアル画面を作成する

UIPageControllでiOSアプリ初回起動時にのみ表示される, ペラペラめくるチュートリアル機能の説明です。プロジェクト作成時にPage-Basedを選ぶと作成することはできるのですが、既存のアプリに追加するには気がので、 既に作成したアプリに初回一回だけ表示するチュートリアルを解説します
このエントリーをはてなブックマークに追加
右側のFacebookのLikeをクリック頂けると記事更新の際に通知されますので宜しければご利用下さい!