Swift転職なら=>【LevTech】
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大

頭痛が減ったので共有です!

rebuild.fmを応援しています!

HOME > NSTimer

NSTimer

NSTimerクラスはタイマー処理を利用して時間差で処理を実行するコーディングの方法を説明します。以下はJavascriptでの実装ですが、ひげが一秒毎に一本のびる意味の無い例です。

ひげが1本伸びた!

NSTimerのクラス階層

NSObject

NSTimer

参考Appleサイト(英語): Foundation Framework Reference NSTimer Class Reference

NSTimer例文


//タイマー例文(0.1秒毎にselfのonHigenobita関数を実行します)
var timer = NSTimer.scheduledTimerWithTimeInterval(0.1, target: self, selector: Selector("onHigenobita"), userInfo: nil, repeats: true);
func onHigenobita(){
    //ここが実行されます
    println("ひげ伸びた!");
}

ヒゲサンプル画像

↓こんな記事もありますよ!

CLLocationManagerで現在位置を取得

あっさりしたシンプルなサンプルがなかったので省略型です。

LawsonのWifiが6月1日からPCでも利用可能?+Wifi通信状態確認

店員さんに 聞くと「いままではアプリ経由でスマホだけだったんですが、パソコンでもいけるみたいですね〜」とあまり興味がない感じで 答えをいただいたのですが、僕の中ではショッキング。嬉しさで内心ソワソワしておりました。

SQLiteを使いたい。ラッパーを検証してみる。(#2)

前回の記事でSQLiteのラッパのRMDB, SWiftData,SQLite.swiftの検証をトライしまいたが、時間の問題で頓挫してしまいましたので続きです。 。ある程度準備が完了しましたので、それぞれのサンプルを動かしてみてみようと思います。InsertとSelectとインストール感を比較してみます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
右側のFacebookのLikeをクリック頂けると記事更新の際に通知されますので宜しければご利用下さい!