Swift転職なら=>【LevTech】
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大

頭痛が減ったので共有です!

rebuild.fmを応援しています!

HOME > NSTimer

NSTimer

NSTimerクラスはタイマー処理を利用して時間差で処理を実行するコーディングの方法を説明します。以下はJavascriptでの実装ですが、ひげが一秒毎に一本のびる意味の無い例です。

ひげが1本伸びた!

NSTimerのクラス階層

NSObject

NSTimer

参考Appleサイト(英語): Foundation Framework Reference NSTimer Class Reference

NSTimer例文


//タイマー例文(0.1秒毎にselfのonHigenobita関数を実行します)
var timer = NSTimer.scheduledTimerWithTimeInterval(0.1, target: self, selector: Selector("onHigenobita"), userInfo: nil, repeats: true);
func onHigenobita(){
    //ここが実行されます
    println("ひげ伸びた!");
}

ヒゲサンプル画像

↓こんな記事もありますよ!

2Dバーコードをスキャンする

なんと2Dバーコード読み込み機能はAVFoundationに実装されています。GitHubにbowstさんが公開しているシンプルなソースがあったので共有です

デバッグ時とリリース時に処理を変更する#ifdef DEBUG のやり方

DEBUG時だけ特定の動作をさせて、リリース時に排除したい、そんな時に利用する方法です。Swiftでは標準ではDEBUGとリリースの判断がつかないので、 コンパイル時に設定する必要があります

NSURLConnectionでHTTPやFTPアクセス

今回はiPhoneとサーバ間でHTTPやFTPプロトコル通信を行うNSURLConnectionの説明
このエントリーをはてなブックマークに追加
右側のFacebookのLikeをクリック頂けると記事更新の際に通知されますので宜しければご利用下さい!