Swift転職なら=>【LevTech】
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大

頭痛が減ったので共有です!

rebuild.fmを応援しています!

HOME > NSTimer

NSTimer

NSTimerクラスはタイマー処理を利用して時間差で処理を実行するコーディングの方法を説明します。以下はJavascriptでの実装ですが、ひげが一秒毎に一本のびる意味の無い例です。

ひげが1本伸びた!

NSTimerのクラス階層

NSObject

NSTimer

参考Appleサイト(英語): Foundation Framework Reference NSTimer Class Reference

NSTimer例文


//タイマー例文(0.1秒毎にselfのonHigenobita関数を実行します)
var timer = NSTimer.scheduledTimerWithTimeInterval(0.1, target: self, selector: Selector("onHigenobita"), userInfo: nil, repeats: true);
func onHigenobita(){
    //ここが実行されます
    println("ひげ伸びた!");
}

ヒゲサンプル画像

↓こんな記事もありますよ!

関数引数の参照渡し Inout

Swiftで参照だけを渡す(呼び出し元の変数の値を変更する)にはどうしたらよいのかな〜と調査していると、関数引数に参照渡しする方法でindexinoutという言葉があることを知りました。紹介いたします

Pintoを1年利用してほんとにプログラマーの背筋がピンとなった(P!nto)

猫背どうにかならないかな、、、、。プログラマーとしての職業上日中8割9割は画面と押し問答している私は、 熱中すればするほど画面に食い入り知らず知らずに前のめりの姿勢に。姿勢が悪い、、、、分かってるんだけど、やめられない。

presentViewControllerで画面遷移下からビョーン

下からビョーンとUIViewControllerを出す方法を記載します。この処理も多用していたのですがこのHPになかったので追記しました。 Navigationと連動させた横へシャーと移動するスライドの関数(pop)とは違うので注意です。
このエントリーをはてなブックマークに追加
右側のFacebookのLikeをクリック頂けると記事更新の際に通知されますので宜しければご利用下さい!