Swift転職なら=>【LevTech】
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大

頭痛が減ったので共有です!

rebuild.fmを応援しています!

HOME > ログ出力

printlnでログ出力

XCodeで開発時にコンソールログに該当するログを出力します。
参考(英語): Printing

サンプル構文

print = ログ表示
println = ログ表示の後に改行

//printで出力
print("h");
print("o");
print("g");
print("e");

hogeと出力される


//printlnで出力
println("h");
println("o");
println("g");
println("e");

h
o
g
e
と出力される

//おまけ
let celsius = 30.0
println("今日の気温は摂氏\(celsius)度、華氏\(celsius * 1.8 + 32)度です。")
つきましてはprintlnの方が使いやすそうです。

↓こんな記事もありますよ!

デバッグ時とリリース時に処理を変更する#ifdef DEBUG のやり方

DEBUG時だけ特定の動作をさせて、リリース時に排除したい、そんな時に利用する方法です。Swiftでは標準ではDEBUGとリリースの判断がつかないので、 コンパイル時に設定する必要があります

NSFileManagerでAPP保存領域のデータ操作

ファイルやディレクトリ作成はなんとなく面倒くさいイメージがありましたが、この記事で少し自分の中で壁が低くなった気がします。 よろしければご利用くださいませ。

SQLiteを使いたい。ラッパーを検証してみる。

SQLiteを使いたい。Objective-Cの時はMagical RecordでCoreDataを利用して問題なく使えたのですが、 今回はSQLite+Swiftでトライしてみたいと思います。ざっと調査すると、SwiftでSQLiteを使うのは、FMDB, SwiftData, SQLite.swiftが あるみたいです。この三つのラッパーから好みのものを選んでみるのが目標です。
このエントリーをはてなブックマークに追加
右側のFacebookのLikeをクリック頂けると記事更新の際に通知されますので宜しければご利用下さい!