Swift転職なら=>【LevTech】
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大

頭痛が減ったので共有です!

rebuild.fmを応援しています!

HOME > pre特殊文字難民

Pre特殊文字難民

記事を書いている時によくつまずくことがあります。preでコードを表示する際に、 カッコを使うと文章が消えてしまったり、ドルマークの変数が表示できなかったり。その度に検索して探しているのでサイトの中に入れてしまいます。 以前のバックスラッシュもそうですが、こういった特殊文字難民対策のページにしておきます。

< や > は特殊文字として認識されますので やで記述します。


参考:★HTMLタグリファレンス
参考:HTMLのpreタグの中身の特殊文字を自動変換する
参考:pre整形済みテキスト

やってみた


$value = 10;
if ($value > 5 && $value < 10) {
    print "5-10の間です";
}

これをpreで表現したい場合は以下


\$value = 10;
if (\$value &gt; 5 && \$value &lt; 10) {
    print "5-10の間です";
}

まとめ

これで少し時間節約かな、、、そもそも変換の関数とかをつくったら良いのかもしれませんが、、、、

↓こんな記事もありますよ!

UIImage

中年サラリーマンが画像をローカルやURLやあんな所からアクセスして表示するサンプルを説明しております。

メモリの動きとポインタ

Swiftとポインターはあまり縁がないのかなと思っていたのですが、開発を進めていると 時々このUnsafePointerの名前を見ることがあります。本日はこのPointerが何を表しているかを調査してみます。

URLエンコードとデコード

サーバとデータのやりとりをしているとURLエンコードしないと文字化けしちゃったりと問題がでる場合があります。 phpのurlencodeやurldecodeと連携させる場合等、Swift側でどうやってエンコードすれば良いかの方法を記載しております
このエントリーをはてなブックマークに追加
右側のFacebookのLikeをクリック頂けると記事更新の際に通知されますので宜しければご利用下さい!