Swift転職なら=>【LevTech】
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大

頭痛が減ったので共有です!

rebuild.fmを応援しています!

HOME > pre特殊文字難民

Pre特殊文字難民

記事を書いている時によくつまずくことがあります。preでコードを表示する際に、 カッコを使うと文章が消えてしまったり、ドルマークの変数が表示できなかったり。その度に検索して探しているのでサイトの中に入れてしまいます。 以前のバックスラッシュもそうですが、こういった特殊文字難民対策のページにしておきます。

< や > は特殊文字として認識されますので やで記述します。


参考:★HTMLタグリファレンス
参考:HTMLのpreタグの中身の特殊文字を自動変換する
参考:pre整形済みテキスト

やってみた


$value = 10;
if ($value > 5 && $value < 10) {
    print "5-10の間です";
}

これをpreで表現したい場合は以下


\$value = 10;
if (\$value &gt; 5 && \$value &lt; 10) {
    print "5-10の間です";
}

まとめ

これで少し時間節約かな、、、そもそも変換の関数とかをつくったら良いのかもしれませんが、、、、

↓こんな記事もありますよ!

String

StringとNSStringどちらを利用することもできますが、、、

Typealiasをどうやって活用するのか

Typealiasって言葉、なんだややこしく見て見ないふりをしていましたが、 先日別の記事を書いた際にTypealiasの記述がありましたので、あらためて確認してみようと思います。まずaliasですが、 Macでショートカットを作成した時に記載される「エイリアス」です。ショートカットのようなものですので、 Typeのショートカット的な感覚で調査進めてまいります。

UIFontのフォント一覧をWebViewで表示させてそれをキャプチャ保存する

文字フォントがわかっても実際の文字がわかりませんので、 WebViewに出力させて、その結果を端末のPhotoアルバムに保存させる処理をつくってみました
このエントリーをはてなブックマークに追加
右側のFacebookのLikeをクリック頂けると記事更新の際に通知されますので宜しければご利用下さい!