Swift転職なら=>【LevTech】
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大

頭痛が減ったので共有です!

rebuild.fmを応援しています!

HOME > pre特殊文字難民

Pre特殊文字難民

記事を書いている時によくつまずくことがあります。preでコードを表示する際に、 カッコを使うと文章が消えてしまったり、ドルマークの変数が表示できなかったり。その度に検索して探しているのでサイトの中に入れてしまいます。 以前のバックスラッシュもそうですが、こういった特殊文字難民対策のページにしておきます。

< や > は特殊文字として認識されますので やで記述します。


参考:★HTMLタグリファレンス
参考:HTMLのpreタグの中身の特殊文字を自動変換する
参考:pre整形済みテキスト

やってみた


$value = 10;
if ($value > 5 && $value < 10) {
    print "5-10の間です";
}

これをpreで表現したい場合は以下


\$value = 10;
if (\$value &gt; 5 && \$value &lt; 10) {
    print "5-10の間です";
}

まとめ

これで少し時間節約かな、、、そもそも変換の関数とかをつくったら良いのかもしれませんが、、、、

↓こんな記事もありますよ!

GはGoogle他のアルファベットを勝手に妄想してみる

さて昨日はGoogleが衝撃的な発表でAlphabetという親会社をつくって、Googleはアルファベットの中のGがGoogleとの 位置づけで今後展開していくとの事。ネーミングもですが、今後の期待を大きく感じる、またわかりやすく好印象だったのか株価も 大きく上がったとのことでした。さて、その他残りのアルファベットはどんな風になるのかなぁと勝手に歩きながら妄想してみました。

Pintoを1年利用してほんとにプログラマーの背筋がピンとなった(P!nto)

猫背どうにかならないかな、、、、。プログラマーとしての職業上日中8割9割は画面と押し問答している私は、 熱中すればするほど画面に食い入り知らず知らずに前のめりの姿勢に。姿勢が悪い、、、、分かってるんだけど、やめられない。

UIStepper

さて今回は基本のコンポーネントの一つStepper(メモリを少しずつ+とーで上下させるコントロール)を説明します。 単純なコントロールですのが、初期設定で、+と-が表示される優れものです。ただ、単調な為に記事にするのが面白くないので、 何度も申し訳ありませんが「ヒゲ」にフォーカスして、ヒゲを剃るStepper(ヒゲの量を調整する)を作成して説明してみます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
右側のFacebookのLikeをクリック頂けると記事更新の際に通知されますので宜しければご利用下さい!