Swift転職なら=>【LevTech】
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大

頭痛が減ったので共有です!

rebuild.fmを応援しています!

HOME > CocoaPods

CocoaPodsとは何なのか?

先日このCocoaPodsなるものを利用する機会があり触っていたのですが、インストールしてさて利用しよう! としたらコンパイルエラーでハマった箇所がありましたので共有してまいります。このPodsがなんなのか?依存している ファイルやモジュールを自動で設定してくれる優れものです(わざわざ新規アプリ作成時にframeworkなんかをimport する手間を省いたりもできる)。githubなんかでよく使われているようです。

サンプル画像 サンプル画像

例えば、podを実行した後では右図の様に依存しているframeworkをプロジェクトに追加することが可能です。

参考:iOSライブラリ管理ツール「CocoaPods」の使用方法
参考:[Swift]Cocoapods導入手順
参考:Adding Pods to an Xcode project
参考:iOSライブラリ管理の神ツール「CocoaPods」のインストールと使い方
参考:CocoaPodsによる、外部ライブラリの利用と作成

やってみた

上のリンクにもありますが、情報はは十分出回っているのでCocoaPods自体をインストールすることはスムーズにいくのではと思われます。Ruby経由で podコマンドをMacのターミナルで使えるようにして、podfilesという基礎ファイルがある場所まで移動して、podコマンドを実行するとプロジェクトに 自動で依存関係を解決した環境を組み立ててくれます。ただし、、、podを利用して新しく生成されたプロジェクトファイルxcworkspaceを実行しなくてはいけません! (podコマンド実行時に 英語で表示されてはいるのですがスルーしがちかと思われます。ここでハマりました。)

サンプル画像

↑大事です

まとめ

自分でPodを作成したりも可能なようですので柔軟にご利用できそうです。そこまで深追いできていないのですが、 podの便利さは感じました。xcworkspaceを利用するのだけをどうか覚えておいてください!

↓こんな記事もありますよ!

NSURLSessionでバックグラウンドで通信処理

NSURLConnectionの進化版のような立ち位置に私は感じております。アプリがバックグラウンドになっても通信処理を続けてくれる優れものです。 以前まではどうやら音声や位置情報だけに限られていましたが、このクラスによって大きなデータをユーザに気持ちよくDLしてもらうことも可能にです。

presentViewControllerで画面遷移下からビョーン

下からビョーンとUIViewControllerを出す方法を記載します。この処理も多用していたのですがこのHPになかったので追記しました。 Navigationと連動させた横へシャーと移動するスライドの関数(pop)とは違うので注意です。

WatchKitでウォッチに簡単なラベルを表示してみる

前回の記事ではWatchKitのサンプルの画面キャプチャを紹介しましたので、今回は実際にプロジェクトの作成から簡単なラベルを表示する、 簡単な最初の第一歩までを説明します。AppleWatchの細かい説明は後にしてひとまず動作させてみます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
右側のFacebookのLikeをクリック頂けると記事更新の際に通知されますので宜しければご利用下さい!