Swift転職なら=>【LevTech】
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大

頭痛が減ったので共有です!

rebuild.fmを応援しています!

HOME > アプリから電話をかける

アプリから電話をかける

Objective-Cではサンプルがありましたが日本語では無かったので共有です!


参考:自作アプリから電話発信する
参考:How to use openURL for a phone call with swift

やってみた


UIApplication.sharedApplication().openURL(NSURL(string: "tel://0000000000")!)

これだけです。※シュミレーター上では無反応なので注意です!

カスタマイズ

便利な電話番号がのっているサイトを検索してみました。

サンプル画像

無料電話案内

地域にそった公共施設等の電話番号を収集できるようです。地元を調べてみましたが、、、何もない、、、どうやら NTT西日本が管理する電話番号データベースから作成されたDBのようですが、登録している地域のみ番号が乗っているのかと思われます。 このあたりの情報とリンクさせて簡単に出張先の主要施設に電話できるアプリなんかがあっても良さそうです

まとめ

プログラムが一行だけの記事になってしまいました。

↓こんな記事もありますよ!

Array

SwiftではArrayとNSArray両方利用することができます。記事を統合しました。

UIStepper

さて今回は基本のコンポーネントの一つStepper(メモリを少しずつ+とーで上下させるコントロール)を説明します。 単純なコントロールですのが、初期設定で、+と-が表示される優れものです。ただ、単調な為に記事にするのが面白くないので、 何度も申し訳ありませんが「ヒゲ」にフォーカスして、ヒゲを剃るStepper(ヒゲの量を調整する)を作成して説明してみます。

AppleWatchのアプリ登録が開始されました、開発部分を少し翻訳

ItunesconnectにもAppleWatchのアイコン やスクリーンショットが登録できる画面が追加されています。あと24日、登録予定している人は審査を考えても後10日程度ではないでしょうか。 スタートダッシュに追いつくには今が頑張りどころなのかもしれません!
このエントリーをはてなブックマークに追加
右側のFacebookのLikeをクリック頂けると記事更新の際に通知されますので宜しければご利用下さい!