Swift転職なら=>【LevTech】
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大

頭痛が減ったので共有です!

rebuild.fmを応援しています!

HOME > Layerでチャット機能をアプリに簡単に追加してみる

Layerでチャット機能をアプリに簡単に追加してみる

このサービスですが簡単にアプリにチャットを追加できるサービスで先日からDisrupt SF 2013で優勝したとの事でTechCrunchなんやらで話題にあがっていました。 まだβ版で開発もこの秋から開始されるとのことですので注目しています。数行のコードを追加するだけでLINEやSNSの様なコミュニケーションが簡単に自分のアプリに つけられるようです、掲示板の様になったりできるのかな、ユーザさんの交流の場になりえますのでとても興味があります。

ひとまずβ版を取得。本格稼働されれば検証してみたいと思います!

サンプル画像

ログインすると早速iOSやAndroidのSDKがダウンロードできて、以下のような管理画面も確認可能です。すでに利用できるのかな? Apple Watchにも対応していっている様なので幅広く利用できるのかもしれません!

サンプル画像

サンプル画像

また実際実装してみて追記していけたらと思います

参考:Layer
参考:Getting start with layer
参考:どんなアプリ/Webアプリケーションにも簡単にコミュニケーション機能を持たせられるLayerが$14.5M(シリーズA)を調達
参考:Layer、iOSやAndroidアプリに電話機能やメッセージ機能を簡単に付けれるAPI

まとめ

このサービス、日本語大丈夫なのかな、、、それも検証してみよう。

↓こんな記事もありますよ!

Facebook SDKを試してみる(ログイン)

さて、前回記事でSDKをダウンロードした状態ですので、プロジェクトに追加してみましょう。 SDKがインストールされたDirectoryへ移動します。必要なSDKはFBSDKCoreKit.fraweworkなので、何個かその他frameworkはありますが、 それだけをプロジェクトにドラッグしてみましょう。

WatchKitでAppleWatch開発

AppleのティムクックCEOがAppleWatchの発売が2015年4月と発表しましたね!あと2ヶ月ですので、本日からWatchKitを重点的に記事を記載していってアプリを 同時に開発してけたらと思います。

WatchKitでタイマーアプリを作成する。

簡単なアプリを作成しながらAppleWatchを学んでいきます。前回の記事で大まかな動きは理解できましたので、 つぎはAppleWatchとアプリとの連携をタイマー機能を利用して検証していきます
このエントリーをはてなブックマークに追加
右側のFacebookのLikeをクリック頂けると記事更新の際に通知されますので宜しければご利用下さい!